私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2018年01月07日

2018年01月06日のつぶやき


















































































































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

Node-RED を使ってみる



 今まで、Node-RED 関連ではこんなことをやって来ました。





 で、今日は自分でノードをあれこれさわってフローを作って動かしてみようと思いました。

 この本を見ながら、あれこれやってみました。



 ターミナルから「node-red」というコマンドを打ち込んで、そこで出てきた URL を Chrome の検索窓の入れて出てくるのがこの画面。

スクリーンショット 2018-01-06 14.45.39.png

 左サイドバーみたいなところを「パレット」と呼びます。
 そこに並んでる付箋みたいなのが「ノード」
 真ん中が「ワークスペース」
 右サイドバーみたいなところが「ノード情報ウィンドウ」と「デバッグ・ウィンドウ」がタブで切り替わるようになっています。


 で、この「ノード」を「ワークスペース」にドラッグアンドドロップし、それぞれのノードの端っこ同士をドラッグしてつないでいき、処理のひとかたまり「フロー」を作ります。

 一番上の「ノード」は「inject」

注入する、注射する、(…に)導入する、織り込む、(…に)さしはさむ

 要するに「入力」ってことでいいのかな?

 なお、これを調べてて


というものがあるのを知った。こわ・・・

 で、このノードをワークスペースにドラッグアンドドロップすると、最初は名前が「timestamp」になる。
 もともとタイムスタンプを取得する機能がデフォルトになってる。
 このノードをダブルクリックすると、こんなウィンドウが開いて、何を入力するか変えることができる。

スクリーンショット 2018-01-06 14.46.56.png

 ここは、最初のタイムスタンプを選ぶ。

 で、この小ウィンドウを操作した場合は右上の赤い「完了」ボタンをクリックすること。

 出力の「debug」と書かれたノードをワークスペースにドラッグアンドドロップすると「payloard」という名前に変わる。
 これはデバッグ・ウィンドウにペイロード(荷物)としておろされる、出力される、という意味かな。

@乗客・貨物などの有料荷重。
A航空機やミサイルの有効搭載量,搭載物。
Bロケットの打ち上げの性能を示す指標の一。所定の高度に打ち上げることのできる人工衛星の重量。
C人件費。

 で、入力ノードの左端のボタンをクリックすると・・・

スクリーンショット 2018-01-06 14.50.25.png

というふうにデバッグ・ウィンドウに「1515217795096」という数字が出てきてて、これで正解らしいのですが、なんのこっちゃ?

データはJSONという形式で流れていく。
JSONって「ジェイソン」と読むんだろうか?

JSON (JavaScript Object Notation)は、軽量のデータ交換フォーマットです。 人間にとって読み書きが容易で、マシンにとっても簡単にパースや生成を行なえる形式です。 JavaScriptプログラミング言語 (ECMA-262標準第3版 1999年12月)の一部をベースに作られています。

とのこと。

 しかし・・・あとノードを変えていろいろやってみたのですが、うまくいかないこともあったり、何より、


の知識が必要みたい・・・

 うーーむーー

 ノードを組み合わせればOK、という話では無いのだな・・・



posted by kingstone at 22:08| Comment(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生、運か努力か (Eテレ オイコノミア)




 先日放映された「人生、運か努力か」は、以前の放映の再放送で、このホームページでは番組紹介がありませんでした。

 冒頭、こんな会話が。

又吉「私の運を良くできるんですか」
先生「個人のはできないのです。集団だとできるかもしれません」

みたいな会話がされてました。

 個人の運命は変えられないけれど、集団に対しては個人差はありながら運のいい人を多くする(統計としてみれば出てくる)ようにはできるかも、ということですね。

 つまり「政策」とかには使える、と。


 で、ゲストが古坂大魔王(ピコ太郎のプロデューサー)。
 うってつけの人物かも。
 とにかくピコ太郎のYouTube動画が、ジャスティン・ビーバーのTwitterのつぶやきで大ヒットする、という「運」に恵まれた人、って感じだから。

 でも、その要因を挙げていくと、(テレビでフリップになってた以外も入ってるけど)

努力 昔、賞をとった時、飲み会や車に使わずAV機材を揃えた。
努力 ずっとお笑いを続けた(20年前のコントが映ってたけど、既に音楽に合わせて振りをつける芸をやってた)
努力 動画を作ろうと思い立って様々な動画を見て研究した
努力 お金が無いので身内でスタッフを固めて動画作成
運  中高生に受けた
運  8月で、話題がちょうど切れた時期でマスコミにも取り上げられた
運  ジャスティン・ビーバーがつぶやいた

 で、大爆発と・・・

 つまり結局、努力も運もなんだよね・・・


 で、次の話題が、
「人は選択する時に、他の人も選んだ、と知ると安心して選択できる」(他の人が選んでいないとなかなか選ばない)という実験だったのはどう「努力」と「運」に関係するんだっけな?

 例えばダウロードしようと思う曲の、過去のダウンロード数がわかっている仕組みだと、たくさんの人がダウンロードした曲がよりダウンロードされやすくなる。

 まあ、これは「みんなはどんなものが好きなんだろう」「これが好きなのか、じゃあ一度聞いてみよう」という心理はよくわかる。


 次は、「本人が本人の成功の要因を運と考えるか、努力と考えるかで、税収や寄付が変わってくる」という話と実験。

 成功した人が、自分の成功は努力の結果と考えると、税収や寄付額は少なくなる。
 成功した人が、自分の成功は運の結果と考えると、税収や寄付額は多くなる。

というもの。実際に街角でインタビューしてサンプル数は24で「努力派」12人、「運派」12人と分けて「10万円もらったらいくら寄付しますか」と質問したら、個人差はめちゃくちゃある(努力派でもたくさん寄付したり、運派でもしぶちんだったり)けれど、全体の平均では明らかに「運派」の方が多かった。

 で、税収が低くなり、寄付額が少なくなると、富の再分配がしにくくなるわな。

 最後に先生が

「『今までの成功は運のおかげ。それを続けるのは努力』と考えるのが一番経済的には良い」

という意味のことを言ってはってなるほどな、と思った。

posted by kingstone at 21:24| Comment(0) | お金・暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

物語フィンランドの歴史 石野裕子著





物語フィンランドの歴史
北欧先進国「バルト海の乙女」の800年
石野裕子著
2017年10月25日発行

 なんで800年かというと「地域的まとまり」ができてきたのが、「スウェーデン統治時代」と言われる13世紀頃からだから。

 でもこの本を通読しての一番大きな感想は、
「強い国に囲まれた小国はたいへんだ・・・」
というもの。

 第二次大戦後の「フィンランド化」という言葉は、私なども日本での言論を読む限り、ソ連の属国とされている、というイメージだったけれど、この本を読むと「ソ連より」の政策を現実主義としてとりながらも、独立した国としての自国を守ろうというものすごい努力だったんだな、とわかる。

 先史時代、4万年前のネアンデルタール人の遺跡が見つかってるって。
 寒いところでも人間は移住していくんだなあ・・・でも豊かな地を追い出されたのかもしれないけれど。

 なお十字軍の遠征って北欧に対しても行われたのね。

 スウェーデン統治時代はスウェーデン語が公用語となり、官僚、エリートはスウェーデン語を使った。(フィンランド語は下々の言葉だった)



1495 「古き怒りの時代」
    モスクワ大公国が攻めてきた
1700 「大北方戦争」
    スウェーデン軍対反スウェーデン連合との戦い
1713 「大いなる怒りの時代」
     大北方戦争のドサクサにロシアが攻めてきた
(何か「風の谷のナウシカ」に出てきそうな名前)

1809 ロシア統治始まる。
 ロシア統治時代のほとんどは、統制はゆるく(それによって、離れていくことを防ぎ、スウェーデンへの守りとしたかった)、自治がかなり許されていた。

1835 口承叙事詩「カレワラ」が編集される。(決定版は1849年版)

1871 ドイツが統一を果たし、ロシアは警戒を始める。
1880年代 本格的なロシア化が始まる。自治権の制限。
1917年3月 ロシア帝政崩壊
      ケレンスキー内閣ができる。
   10月 レーニンのボルシェヴィキ政権ができる。
   12月 フィンランド独立宣言
1918年1月 フィンランド内戦勃発
      「白衛隊」隊「赤衛隊」
      「白衛隊」の勝利に帰すが、
       内戦時、その後の虐殺などがあり、
      「触れてはいけないもの」となる。
      
1930年代からスウェーデンでは「国民の家」(北欧型福祉)の概念ができた。
フィンランドではそこまで定着した考えではなかった。しかし

1921 義務教育法(あれ?これは日本のほうが早いな)
1922 「ネウヴォラ」が始まる。
    妊娠期を含む子どもを持つ家庭を対象とする支援制度。
    相談ができる育児支援の保健師が駐在する拠点。
    地方自治体まで広がったのは第二次大戦後。
1926 職業上の平等に関する法律(男女平等)
1937 女性の炭鉱労働禁止。
    出産給付金支給。
    年金の支給。

1923 「純正フィンランド性」運動が内戦でバラバラになった国をまとめようと始まる。
1930年代に、フィンランド語を第一言語にする動きが強まった。

1939年12月 冬戦争勃発
 ドイツを信じないソ連から領土交換をもちかけられ、断った結果。すごく善戦したが負けた。
 それが元でドイツと組もうとし(バルバロッサ作戦への参加など)・・・そのドイツが結局負けて、エライ目にあう。運が悪いと言うか・・・

 冷戦時代、それこそ悪口として(ソ連に迎合しているとして)フィンランド化という言葉が使われたけれど、結局、なんやかやとねばってワルシャワ条約機構には入らずに済ませている。

「ムーミン」の作者、トーベ・ヤンソンはスウェーデン語を母語とするフィンランド人。だから「ムーミン」はスウェーデン語で書かれている。フィンランドでのマイノリティとしての思いがあって、あの深みが出たのか。


1995 EU加盟

 なお、2014年のノキアの携帯部門をマイクロソフトに売却したノキアショックにより、政府をあげてのベンチャー企業の応援をし、2016年から小学校でのプログラミング授業を始めているとのこと。

 現在、力をもってきているのは「真のフィンランド人」党という保守で今の世界のポピュリズム政党に分類される党だと。



posted by kingstone at 00:09| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日のつぶやき
















































































































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする