私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2018年09月10日

2018年09月09日のつぶやき












































































































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

NHKテキスト 薔薇の名前(ウンベルト・エーコ) 100分de名著




 元の本に挑む勇気はありませんが・・・

 なぜエーコが「薔薇の名前」を書いたのか。

「理論化できないことは物語らなければならない」

 う〜む。
 なんかええ言葉やな。


ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインが「論理哲学論考」で書いてるという

「語りえぬことには沈黙しなければならない」

もかっこいいけど。

 なんとなく、徹底行動主義とか科学は後者、私みたいなええかげんな(いやエーコさんはええかげんではないと思うけど)のは前者かな、って気もする。ってか最近の流れで言えば「ナラティブ派」か。

 もともとの話は1327年11月末にアヴィニョン教皇庁(当時フランス国王が無理矢理作った)使節団とフランチェスコ会使節団(ローマ教皇派。でもフランチェスコ会も会則遵守の厳格主義派と妥協派に分裂し、厳格主義派は異端とされてたと・・・)の会談が数日後に予定されていて、主人公ウィリアムが調停役を努めるためにやってきたのだが、そこで連続殺人事件が起こった、という話について書かれた手稿を現代の人が見つけた、という構造になっている。

 なお

 しかしウィリアム(映画ではショーン・コネリー)はフランチェスコ会の修道士で、連れの若者アドソはベネディクト会の見習い修道士。
 2つの会派の人が一緒に行動するとかもあるねんな。

 映画は1986年の作品。





posted by kingstone at 23:39| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日のつぶやき












































































































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

2018年09月07日のつぶやき




































































































































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

2018年09月06日のつぶやき


























































































































































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする