私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年02月23日

YouTube動画に曲をつける

 私がYouTubeにアップしている動画は、基本的に「撮ったときそのままの音」です。

 でも、動画によっては、無料で曲がつけられないのかな、と考えました。
 きっとあるはず・・・と。

 で、YouTube自体にそういう機能があるんじゃないかな、と。
 こんなエントリを発見

YouTube の AudioSwap 機能を使って無料で動画に音楽をつける

 でも、これ、2011-11-14のエントリで相当仕様が変わってそう。

 でもとりあえず、自分の動画編集の場面に入ってみました。

 そしたら「♪音声」というボタンがあったので、クリックしたら、右側に曲の一覧が出て来ました。

スクリーンショット 2015-02-23 22.31.41.png

 それを順番にクリックしたら、上から2曲目の「Left U Into Otis McDonald」という曲が画面に合いそう。
 で、それを動画の最初から流し(途中から流すと途中からになるみたい)最後までいきました。
 そして「保存」ボタンをクリック。
 で、結構時間がかかりましたが、できたのがこちら。


posted by kingstone at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画編集 動画配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

クリップ雲台 UN-5617

 児童発達支援や放課後等デイサービスで、職員研修のため、また親御さんに説明するため、動画を撮影することがあります。しかし、三脚を置くことがいろいろな事情で困難な時もあります。撮影の人手をかけられないことは多いです。そこで、使えるかなあ、と「クリップ雲台」を購入してみました。

 ずっと探していたのですが、キーワードである「クリップ」という言葉が浮かんでこず、探し当てられていませんでしたが、ふとこの間、浮かんできたもんで、検索、購入することができました。

スクリーンショット 2014-08-15 15.20.33.png




 雲台部分は結構きゃしゃに見えます。

 どの程度の荷重に耐えられるかが心配だったのですが、私が昔使っていた、おもいきり重たい SONY ハンディカム DCR-TRV7 をつけてみました。

 こんな感じで固定できてました。

P8154015.JPG

P8154014.JPG

 今のデジタルビデオカメラはもっともっと軽いので楽勝で使えるんじゃないかな。

posted by kingstone at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画編集 動画配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

エアリア 美男子の捕獲術(ビデオキャプチャー)

 最近、ビデオカメラで撮った動画を編集することが多く、過去のビデオ映像をパソコンで使える動画にする、なんてことは全然やってませんでした。

 そっか、ビデオキャプチャーという言葉があったんですね。なんだか懐かしいです。

 でこんなのを購入しました。



 ありゃあ。
 今検索したら、同系統でMacを考えに入れなければ、もっと安いのがあったんだ・・・
 会社の説明ページはこちら。

エアリア 美男子の捕獲術 Win&Mac HYBRID

 私は妻の Windows 7 のマシンで使うので Mac 用である必要は無かったんだけど・・・
 Mac OS(OS X)では10.8までの対応は書かれていますが、10.9 Marvericks への対応は書かれていないので、試行錯誤は疲れるのでやめておいて、Windows で使うことにしました。

 やってみるとWindowsで.mpgファイルができました。
 しかしその動画がMacのQuickTimePlayerでは最初の画面は出てくるけれど再生できませんでした。
 そこで、HandBreakで.mp4ファイルにしてみると、再生できました。
 これでいろいろ利用が広がります。

posted by kingstone at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画編集 動画配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

iMovieのプロジェクトウィンドウとイベントウィンドウの変更

 現在、iMovieをバリバリ使っていますが、iMacではムービー作成(編集)時に、プロジェクトウィンドウが下(モニタ画面が無い分こちらの方が幅が広い)で、イベントウィンドウが上になっていました。ところがMacBook Air では逆。

 で、幅が広い方にイベントを置き、狭いプロジェクトウィンドウにドラッグアンドドロップする方が、私の現在の使い方では便利です。しかしいったいどこを触ればいいのかわかりませんでした。

 Ver.9ではどこかのボタンをクリックすればできたような覚えがあるのですが・・・

 結局サポートに電話してたら、メニューバーの「ウィンドウ」→「プロジェクトとイベントの入れ替え」でできました。

 ボタンは無くなったのかな?

posted by kingstone at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画編集 動画配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

再びiMovie 10.0.2 の問題点とそれへの対応

iMovie 10.0.2 の問題点

を書いてからも、とにかく仕事上必要だからiMovieを使い続け、大量のムービーを作ってます。またわからない点をサポートの方にも伺ってみました。それらを記録しておきます。

 でもね、私の聞きそこ間違いがあるかもしれないから、文責は私だし、ここに書かれていることにサポートの方は責任ないし、また「このエントリで読んで見たとおりにならないぞ」みたいなことがあっても、それは自己責任でお願いします。(とか書いておかないと・・・ってのは何か変かなあ・・・ネットの世界って本来そんなもんだと思うけど・・・)

まず「iMovie 10.0.2 の問題点」で指摘した通り、ムービーの読み込みや、ビデオカメラからの読み込みは基本的にすごく速くなっています。そしてまた読み込みが完了していなくても、とりあえずいろいろな作業ができたりします。(9までは作業が完了するまでは、別の作業はひょっとしたら可能だったかもしれないけど、現実には私の環境では無理だった)ただ、どの時点でビデオカメラを外してもいいのか、というのがわかりにくかったので、サポートにお聞きしたら、「読み込みが完了しました」という通知センターからの通知みたいな(そのものかも)のが出たらOKだって。(ただし、もちろん「外部メディア」のイジェクト操作はしてから外して下さいね)

 また「ムービー」フォルダの中にある「iMovie ライブラリ」というのが、Ver.9までの「イベント」にあたるみたい。で、私はムービー書き出しが終わったら、iMovieを終了させた後、ゴミ箱に入れたあと「ゴミ箱を空にする」をしてます。それで問題ないみたい。

 また「ムービー」フォルダの中にある「iMovie Theater」ってのはできたムービーを取っておいたり、多くのMacやiOSマシンで共有するため(?)のものなのかもしれませんが、私には必要ありません。だからこれもiMovieを終了させた後、削除。Ver.9では「プロジェクト」にあたるものと他の機能をくっつけたものかな。

で、ここが肝心なのですが、例えばMacBook Air でビデオカメラから動画を読み込んだ後、「ムービー」フォルダの中にある「iMovie ライブラリ」をiMacの「ムービー」フォルダに入れれば、その動画をiMacで編集できます。

現在、4GのMacBook Air では3分くらいのムービーしか書き出せません。なんか5分くらいのができたみたいですが、それ、ぎりぎりかもしれない。7分のは毎回「アプリケーションメモリ不足です」で失敗しました。(Ver.9だと、MacBook Air で1時間のムービーでも平気で書き出してましたけど)かなり時間がたってから、こうなるのでめちゃ精神衛生に悪い・・・

でも、8G積んでるiMacだとCPUはCorei 3 なんで時間はかかりますが、7分でも書き出せてます。

なお、じゃあ16G積めばもっと楽勝かと言うと・・・それは「わからない」とサポートの方もおっしゃってました。iMovieがどうメモリを使用するか、いまいちわからないみたい。

またムービーを書き出し終わって「成功しました」という「通知」が来ても、CPUはフル稼働してて、他の仕事がやりにくいので、私は一端再起動してます。その時「バックグラウンドでのタスクを中止します」という表示がかなり後でも出ます。ということは、こちらが「必要としていない」仕事を延々とやっているみたい。そのあたりは改めて欲しいなあ・・・私はムービーを書き出したいだけなんだから・・・

なお、昨夜、ムービーを書き出させてそのままにして寝ましたが、起きてから(7分のムービだからiMacでも30分くらいで書き出せてるだろうし、その後5時間くらいはたってると思う)iMovieを終了させた時は「バックグラウンドでのタスクを中止します」は出ませんでした。さすがに終わってたみたい。

これは「キャッシュ」とかも関係してるみたい。確かにアクティビィティモニタを見ていると「キャッシュ」のところで大きくメモリが使われています。

なお、MacBook Air ではiMovieでの作業中に画面が暗く(というか消える)ことがありますが、これは省エネをしているだけで、作業はちゃんと続いているそう。

なお、私が困っている問題に、「タイトル(字幕)」を入れようとすると、選んだタイトルの1枠には1行しか入らない、という問題がありました。Ver.9では字数が増えれば2行3行連続してくれたし、改行を入れても行が増えたのですが・・・Ver.10では改行を入れると1行の文が選択状態になるだけで、下の行にはいけません。ですから複数行に分けて書きたい場合は、テキストを入れる枠そのものが複数あるタイトルを選ぶ必要があります。

このあたりは多くの人から指摘される問題になってるみたいで、開発に言ってる最中とのことでした。まあ私も対応されたマイナーアップデートをされることを祈りつつ、現状で使っていきます。

ラベル:iMovie
posted by kingstone at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画編集 動画配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする