私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2020年11月20日

画面解像度について



動画編集をいろいろやってきましたが、画面解像度とか適当にやっているだけで、よくわかっていませんでした。

ちょっと基礎から勉強し直してみようと思いました


によると

  • 144p→ 256×144 のピクセルで表示される動画
  • 240p→ 427×240
  • 360p→ 640×360
  • 480p→ 720×480(DVDと同等な画面解像度)
  • 720p→ 1280×720(ハイビジョン画質 = HD)
  • 1080p→ 1920×1080(フルハイビジョン画質 = フルHD)
  • 1440p→ 2560×1440
  • 2160p→ 3840×2160(4K)

へっ?「720P」と「1280×720」って同じことなのか・・・

「1080pのフルハイビジョン動画が1GBだったとします。」
「720pにする場合は、画面の面積が2/3となりますから、667MBになります。」

なるほど、1080 とか 720 とかは「面積」に対応し、
1280×720は縦横のピクセル数?
あれ?720P などの数字は縦のピクセル数と同じ。
なら、2/3×2/3 で 4/9 にならないか???


なお「P」は「プログレッシブ」で、最近は「P」しか見ませんが、これに対する「i」というのもあり、「インターレース」のことだそうです。なんか走査線を半分にして2回で全部を描画する、ってやつですね。




私は iMovie では、動画を 540P で書き出しています。
たまたま設定にあった、やってみたら十分に中身が見分けられる、という理由です。

DVD を作る時は少しでも画質が良くなるように、と 720P とかで書き出し、それを DVD に焼いていたのですが、無意味だったのかな?

現在のパソコンでは画面解像度が 1920×1080 くらいのが多いから、それよりも高い解像度である必要はないのでしょうね。


posted by kingstone at 09:42| Comment(0) | 動画編集 動画配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月09日

YouTube でハンディカムを使っての実況放送



 毎年、全国高専ラグビー大会の試合動画を YouTube にアップしてきました。

 もともと「全国大会」なのに、テレビで取り上げられることは、まったくといっていいほど無い状態なので、なんとかみなさんに見て頂けたら、と。

 でも録画しておいて、夜になってやっとアップできる。

 これ、なんとか実況放送できないか、と考えてきました。

 昨年は GoPro HERO 7 BLACK を利用して編集用とは別に小さな画像で送ってみました。



 しかし、あまりにも小さい。

 また迫力にも欠ける・・・

 また私は Facebook でしか配信できない。

 YouTube で実況配信するには1000人のチャンネル登録者が必要になった、と聞いていて Facebook でしか配信できないのは、より閉じた環境になるので嫌だな、と思っていました。

 ところが先日参加させてもらった、明石市と一般財団法人明石コミュニティ創造協会のやってる「おとなの夜活」


で、「パソコンから配信するならチャンネル登録者が1000人いなくてもOK」

という話を聞き、以前にもハンディカムを使っての実況放送は


で、一応できていたので、もう一度やってみることにしました。

 ただし、この時は、ハンディカムのモニタで見ている映像が、配信そして YouTube 上では左上に縮こまっている状態でした。

 また当時とは、随分設定とかが変わっているはずです。

 そこで役に立ったのは、このページでした。


 で、前の方を読みながら設定していったら、配信できました。

 しかし、やはり「映像が、配信そして YouTube 上では左上に縮こまっている」状態。

 これは OBS の解像度設定が 1920×1080 になっているからではないか。
 1280×720 にしたらうまくいくのではないか、と考えて、OBS の解像度に関わる所を全部 1280×720 にしたらバッチリでした。

 でも、後で「OBS使ってYoutube Live配信の手順まとめてみた」を読んでみたら、ちゃんと書いてありました(汗)

 今日、試しの撮影に行って来ました。

 モバイルルータを使いましたが、この程度に配信できました。



 これなら迫力ある映像が送れるかな?

 得点などはやはり後で編集する時につけるしか、ありませんが。

 やってみてわかったのは、もうバッテリーがどんどん減っていく、ということ。

 モバイルバッテリーや、ポータブルバッテリーが使えるかどうかも試してみる必要がありそうです。

 こういう操作、設定は、とにかく本番に向けて何度もやってみて、体に染み込ませていくのが一番だと思っています。

 本番に向けて、何度かやっていこうと思います。

posted by kingstone at 19:08| Comment(0) | 動画編集 動画配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

「ビデオ会議の品質をあげる方法」への参加



 明石市と一般財団法人明石コミュニティ創造協会のやってる


「ビデオ会議の品質をあげる方法」に参加して来ました。

講師は森邦和さん


 明石市民広場でこんな感じでやってました。
IMG_0899.jpeg

 で、今回知れて良かった特筆大書は

YouTube Live をするのにチャンネル登録者1000人は必要無い

という情報です。

 なんかスマートフォンとかで配信する時にはチャンネル登録者1000人のしばりがあるそうなのですが、PCから配信するならその必要は無い、と。

 そうかあ・・・

 Webカメラによる定点カメラ、たぶんチャンネル登録1000人なくても、できてるのが不思議だなあ、と思ってました。

 謎が解けました。

 よーーし、来年お正月に全国高専ラグビーが開催されるなら、ビデオカメラで撮影しながらの同時配信ができるように頑張ってみよう、という気になりました。

posted by kingstone at 22:09| Comment(0) | 動画編集 動画配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

iMovie で静止画像を静止した形で使う



 iMovie で動画を編集する時に、デフォルトで、時間とともに静止画がズームインされる、というのに悩んでいました。

 単にアイキャッチするだけなら、それでもいいので今まで対策はしてきませんでした。

 しかし、読む資料として画像を使いたい時、きちんと静止していてほしいです。

 どうしたらいいのかな、と思って検索してみると、この記事が見つかりました。


 ただし、これは 2014-05-28 (水) に書かれた記事。

 iMovie も Ver.9 です。

 私のは Ver.10.1.14

 そのままやればいいわけではなかったです。

 しかし、iMovie の「iMovie」→「環境設定」

※画像はクリックすると大きくなります。

スクリーンショット 2020-05-10 21.44.05.png


ででてくる小さなウィンドウに「写真の配置」という項目があって「Ken Burns」になっている。これを「合わせる」に変更すればできました。
スクリーンショット 2020-05-10 21.44.56.png


 できました、と言っても、編集画面ではそのままズームインしてしまうのですが、「ファイル」→「共有」→「ファイル」でムービーを書き出せば、ちゃんと静止した動画になっていました。

「合わせる」に変更して書き出した動画。

 あれれ?
 Ken Burns 効果の動画を書き出し(この時点では静止画がズームインしていく)、その一部をムービーに書き出すと、なぜか静止画がちゃんと静止して映ってしまう・・・

 まっ、いっかあ。







posted by kingstone at 00:30| Comment(0) | 動画編集 動画配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

Mac の iMovie で、縦長動画を書き出す方法とは?


 iPhone で動画を撮影すると、つい縦長方向で撮影されてしまうことがあります。

 鬱陶しい・・・

 それを横長にする方法、ネットにありました。

posted by kingstone at 00:39| Comment(0) | 動画編集 動画配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする