私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2019年11月04日

国境を超えたスクラム 山川徹著




「Number ラグビー日本代表超入門」の中で、リーチ・マイケル主将は、インタビューで

「日本代表に外国出身選手が多いのはなぜでしょう」

という問いに

「それが今の日本だからです」

と即答したそう。

「僕が15年前に日本(の札幌山の手高校)に来た時にはそんなことはなかった。まだ外国人は珍しかった」

 今ではたくさんの外国人が街にいる。

「だから、ラグビー日本代表の姿は日本の現実だし、未来の姿を先取りしている。ダイバーシティ(多様性)の大切さを社会にアピールできる存在なんです」

 そうやろなあ。


 このワールドカップ中に「見ろ。日本も必勝の精神があれば勝てる」などという Twitter のツイートを見かけましたが、外国出身選手の物理的な体の大きさ速さ、そして100日以上合宿できる資金、良いHCを外国から呼べる資金、など物量があってのことだ、ということを認識した上でないといかんよなあ、と思います。


「国境を超えたスクラム」より

 1984年にホポイ(トンガ。当時大東文化大4年)がラグビー日本代表になり、1985年にノフォムリ(トンガ。当時東京三洋)が日本代表になった。

 当時の日比野監督によると「一切反対は無かった」

 ホポイやノフォムリは、「体育会の文化」に風穴を開けた。

 ノフォリムの言葉「年上の人間が下仕事をするべきなんだ」(今の帝京大学みたいですね)

 1985 大東大に留学生としてラトゥとナモアが入ってくる。

大東大ラグビー大学選手権優勝  1968※,1985※,1999

しかし「とびぬけて強い助っ人」と本人も周囲も見るようなチームは強くならない。
プレイヤー全員に役割のあるチームが強い。

ラトゥとノホムリが出てます。
「ラグビーテストマッチ 日本 vs スコットランド 平成元年5月28日」


1993 仙台育英高校にニュージーランドからの留学生、ブレデン・ニールソンがやってくる。

 当時一緒にプレーした人によると、「特に体が大きいわけでない」「特に足が速いわけではない」にもかかわたず、ボールを持つとするすると抜いていくことの驚いたと。

 これを嚆矢として、高校生留学生は増えて行ったが「助っ人で強くしようとしている」「勝利主義」など批判的に見る人が多かった。審判が厳しくとるとか。

 しかし少しずつ日本全体で留学生が増えていく。

 その中でも「助っ人」という感じではなく「仲間」「チーム」になったところが強くなる。意外に留学生のいるチームはいいところまで行っても花園優勝はできていない。

 ニールソンは力を見れば高校日本代表に選ばれておかしくなかったが、「高校日本代表に外国人はふさわしくないのではないか」という声があり選ばれなかった。(1984年の日本代表ではそんなことなかったのにね。確かに高校あたりのほうが保守的な感じはするな)

 またその後も仙台育英や埼工大深谷にしか留学生がいない時代が続き、彼らに明らかに厳しい笛が吹かれた、と。それは「勝利至上主義で、きたない」みたいな意識がレフェリーにもあったのではないか。

 あと、トンガやニュージランドからの留学生と違うのは、今いろいろ関係が悪化している韓国の方だろうな。(例 キム・チョルオン(近鉄)、具智元(グ・ジォン。現日本代表))

 しかしお二人とも韓国でも仲間はみんな応援してくれている、と。

 なお、在日の方だと呉英吉(オ・ヨンギル)さんは大阪朝鮮高校を長年指導されていたが、なかなか花園の予選にも出してもらえなかった。

「1992年に大阪朝高が高体連に加盟することになったのですが、大阪の他校の先生方が率先して協力してくれました。「大阪朝高の生徒らも、同じように日本で生まれて頑張ってるんだから、一緒にやったらええやんけ」と。定期券も初めて学割になったんです。」

 私がネタキリから初めて遠出(ってたいしたことないですけど)したのは、2011年「大阪朝鮮VS黄金世代選抜」を関西学院大学グランドに見に行った時です。

 この試合、正月の花園で大阪朝鮮高校は優勝候補だったのにも関わらず、権裕人(コン・ユイン=3年)選手が試合中脳震盪を起こし後の試合に出られなくなり、準決勝で桐蔭学園(松島幸太郎君がいた)に負けてしまったのですね。

 そこで呉監督がいろいろな学校に声をかけ賛同を得て開催したものです。

 楽しい試合でした。

 なお、松島幸太郎選手にも声はかかっていたのですが、当日は来れなかったですね。期待してたんだけどな。





プロ化について

 日比野さんは、アマチュア精神を大事にしたい派で、最初のW杯後の日本代表監督になった時、外国の方から「日本は未だにアマチュアリズムにこだわっているのか」と笑われた経験がある。

 日本がプロに門戸を開くオープン化に舵を切ったのは1995年の歴史的敗北(NZに17-145と。1試合最多失点の大会記録)をしたため。アマチュアリズムに固執したために、世界との差が大きく開いてしまった。

 しかし、プロということではなくても、当時、バブルの余韻のあった時代、各国の経済格差から例えばニュージランド選手が日本の会社で年収700万円で契約、というのは合理性もあった。

 しかし、Jリーグを作ったサッカーと比べてみても、「観客数の減少」「競技人口の減少」「競技力の減少」が起きていた。

 まあ、だから2019年夏に放映された「ノーサイドゲーム」の中の観客減少対策や、プロ化の論争は25年ほど前の話やね。


posted by kingstone at 05:57| Comment(0) | ラグビー・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

2019年ラグビーワールドカップ、会場に持ち込んではいけない物



先日、2019ラグビーワールドカップの入場チケットが送られて来ました。

スクリーンショット 2019-08-14 11.47.14.png

この中にあった「公式観戦案内」の中に、
「ご入場および警備に関して」という項目があり、

「試合会場では以下の物品の持ち込みが禁止にされています」

とあり、以下の物がダメだって。

「あらゆる種類の武器、飲食物(酒類、ノンアルコール飲料、弁当等も含めて、持ち込み禁止)、缶、ビン、ペットボトル、ステンレスボトル、長傘、大きな手荷物、自撮り棒、ドローン、発煙筒、通信機器(トランシーバー、ワイヤレスマイク、WiFi(無線LAN)ルーターなどの電波を放出する物)等」

 へえ。
 でも、カメラはいいんだよね?
 書いてないよね?
 撮影はどうなんだろう?
 もちろん、試合中は撮影せず、しっかり目で見ようと思っていますが。


posted by kingstone at 11:56| Comment(0) | ラグビー・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

2017年04月06日

ラグビーをひもとく 李淳馹著




ラグビーをひもとく 李淳馹著
ー反則でも笛を吹かない理由

 もう、いろいろなことが納得できた本でした。
 著者李淳馹(リ・スンイル)さんはフリーライターで、関東ラグビーフットボール協会公認レフリー。


 まずラグビー校で、ラグビー発祥時の「エリス少年伝説」について。
 よく聞く、サッカーの試合中に思わず手を使ってボールを持ち、得点してしまってラグビーが生まれた、というやつね。これは著者は、ちょっと違う、と言われます。

 サッカー協会(フットボール・アソシエーション(FA))ができたのは1863年。
 エリスがボールを持って走ったのは1823年。
 ラグビー・フットボール・ユニオン(RFU)ができたのは1871年。
 実のところ、エリス少年がやっていたのはあくまでも「フットボール」であって「サッカー」ではなかった、と。

 なるほど、昔「サルが進化して人間になった」というような話だったけど、それは間違いで「共通の祖先から一方はサルに、一方は人間に進化した」というのが正しいみたいなもんだな。


 で、その「フットボール」というのは祭りにおける「群衆(Mob)フットボール」であり、数百人が村全体を押し合いへしあいして得点するものだった。まあ「教会・墓地など」には入っていけないというようなルールはあったとのこと。



 野球などはアンパイア(審判者)。これは白黒つけることが仕事。
 しかしラグビーはレフリー(仲裁者)。これはゲームを楽しく継続させることが仕事。
 だから、反則があったとしても、反則された方に有利になれば笛を吹かずゲームを継続させる。

 レフリーの金言。

「いいレフリーは、反則をポケットにしまうことができる」

 たぶんラグビーのレフリーにしか無い行為、プリベント。
 これは「予防する、防ぐ」の意味で、反則させないために声をかけること。例えば

「リリース・ザ・ボール(抱えているボールを離して)」
「ハンズ・オフ(ボールから手を離して)」
「ロールアウェイ(倒れている人はどいて)」
「ステイ・バック(オフサイドしないように後ろに下がって)」

 なるほど、そのまま同じことをやっていたら反則になるよ、だからこうしなさいよ、と予防的に声をかけているわけだ。確かに「反則を見つけて取り締まる」というイメージではないよな。

 ルールよりゲーム。
 ラグビーにもルールはあるのだが、基本は「Law(ロー、法律)」であり、慣習法である。お互いに納得できれば、そしてレフリーが認めれば「流す」
(なお、ヨーロッパ大陸は「成文法」であり、イギリスは「慣習法」とかいうのは習ったな。だからイギリス発祥のラグビーは「慣習法」的なんだろう)


 そうそう。
 ゴールラインを越えて敵陣にボールを手で持って置く(グランディング)することを「トライ」と言うけれど、なぜ「トライ」というのかな、と思っていました。解答がこの本にありました。
 昔はコンバージョンでキックしてゴールしたものだけが得点になっていたそうです。
 だからコンバージョンのキックをトライできるので「トライ」
 だから得点はボールをグランディングした時点では入らない。
 それが、3点になり、4点になり、現在は5点になっています。
 また6点にしようか、という案もあるそう。

 これも、いろいろ「楽しめる」ようにルールが改定されてきてるわけですね。


 後書きに書かれていること、ほんまやなあ、と思いました。


 息子があるとき、「大きくなったらジャパンに入って、オールブラックスを倒すんだ」という壮大な夢を語った。オールブラックスとは言わずと知れた世界最強のニュージーランド代表である。しかし小学校低学年の息子のこと、父親としても「それはすごいな、がんばれ」と笑って答えた。
 そのおよそ半年後、ワールドカップが開かれジャパンが南アフリカに勝利した。そのたった1勝で、「大きくなったらジャパンに入って、オールブラックスを倒す」という息子の一言は、違う意味のものになったのだと思う。
 いくら親ばかとは言え、それは息子個人のことを言っているのではない。ジャパンが南アフリカに勝利する前、日本中のラグビー関係者にとって「ジャパンがオールブラックスに勝つ」ということは、絶対に不可能とは言えないまでも、少年が「宇宙飛行士になって火星に立ってみたい」というほど壮大な夢だったと思う。だが、ジャパンが南アフリカに勝ったその後では、「宇宙飛行士になって、地球を宇宙から見てみたい」というレベルの夢に変わったのではないだろうか。宇宙飛行士となることは決して簡単なことではないが、努力と幸運の末には実現できる夢であるし、その夢をかなえた日本人は現実にいる。

 2015年9月19日、著者は泣いてはったそうです。


posted by kingstone at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ラグビー・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

『自分たちのプレースタイルで戦うんだ』と自信を持つ(エディー・ジョーンズ)




 この本からはこれが最後になります。


「日本代表が成功するためには、選手たちが『自分たちのプレースタイルで戦うんだ』と自信を持つことです。ラグビーではフレキシブルに対応することが求められますが、ボールを保持するスタイルが十分に通用する、そう信じることが大事でしょう。それを基にして、ジヤパンらしいオリジナリティあふれるラグビーを創造していかなければならない」


 ここで言う「ボールを保持するスタイル」というのは、


で紹介した

「パスとキックの比率。これが世界のラグビーを読み解くカギです。ワールドカップに参加する世界のチームであれば、4回バスをしたら、1回はキック、というのが一般的な比率です。ところが、ジャパンの場合は違います」
「11対1。パスが11回に対して、キックが1回。これがジャパンに最も適した比率だというのが私の結論です。世界の常識に照らし合わせたら、これは尋常ではありません。しかし、この数字がジャパンには合っている」

ですね。

 この本は、2015年ワールドカップ以前の2015年8月30日に出版されています。

 で、もちろん、その他のハードワークとあいまって、このスタイルで、9月20日、南アフリカに劇的な勝利をあげるわけです。

 しかも、最後のペナルティーでキックを指示したエディー・ジョーンズコーチに対して、キャプテン、リーチ・マイケルはスクラムを選んで・・・

 何かこのあたりは、


の中の

「みなの反対は君の最大の勝利じゃないか」

というセリフを思い出させます。まあ、「みな」じゃなくキャプテンの判断ですが・・・


 さて、ラグビー日本代表のヘッドコーチはエディーさんからジェイミー・ジョセフさんに変わりました。
 先日のサンデー・スポーツでは「キックを有効に使う(つまり保持は少なくなるんだろうな)」とおっしゃってました。
 どんなふうに変わるんだろうか。






posted by kingstone at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする