私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年11月09日

「ドッグトレーナーとは、対人援助職である」という hit1678 さんのポスター発表

犬とのいい関係を作ることを目指す飼い主さんやトレーナーさんへ(6日土曜日の学会)

 でポスター発表された hit1678 さんの発表のあれこれの様子がこちらにあります。

学会発表をしてきましたよー

 中にある

「ドッグトレーナー」という職業が持つ機能とは ―リーダー論への批判を通して― (PDFファイルです)

 で、当日使用したポスターを見ることができます。こういうファイルを作って大学へ持って行き
「A0版で印刷してね」って言えば印刷してくれるらしいですね。すごい時代や。

 内容は私などはいつもTwitterで読ませて頂いていることなのですが、質問に来られた人から

「なるほど、対“犬”援助ではなくて、対“人”援助なんですね」
「これはとても面白いテーマですね」
「すごくわかりやすく、もっともな主張ですね」

などのご感想が出たとか。

 hit1678 さんの主張としては

 1. ドッグトレーナーとは、対人援助職である
 2. 対人援助職であるトレーナーが、「リーダー論」なんか言っちゃいかん

となるそうですが、これって特別支援教育担当者にもあてはまるよなあ。

1.お子さんのあれこれを考えるのだけど、結局保護者の支援(援助)もするのだ。

 もう脅したりするのは最低!ってことですね。「入学までには○○ができてなければ」とか。

2.にあたるのは・・・「治る論」かなあ??まじ「リーダー論」も一部ではあったりする。

 もう「治る」「治らない」なんてどっちゃでもいいんだけど。「リーダー論」ってのは「従うようにしておかなければならない」ってやつね。そういうのもあったなあ。

 自閉症に関してはもうTEACCHだとかおめめどうだとかあるんだから。


 ほんま犬のトレーナーさんと特別支援教育担当者にも、いろいろ共通項があるもんです。







posted by kingstone at 09:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 犬とのよい生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

犬とのいい関係を作ることを目指す飼い主さんやトレーナーさんへ(6日土曜日の学会)

 犬のトレーナーさん、hit1678さんが「対人援助学会」というところでポスター発表するそうです。

 題名は「ドッグトレーナーは、対人援助職である」とか。

 いつもTwitterで拝見するご意見から察するに、「飼い主(オーナー)さんは犬といい関係を作りたい」でもうまくいかなくて困っている飼い主さんがいる。犬のトレーナーさんは、そこであれこれして「飼い主さんと犬とがいい関係」になるようにしてあげる。それは飼い主さんがどう犬とつきあったらいいかを、具体的に教えてあげることでできる。それって飼い主さんという人に対する援助なのだよ、というあたりかな。

 もちろんトレーナーさん自身が犬とあれこれする場合もあるでしょうが。

 私が時々 hit1678 さんを紹介するのは何故か、というとこんなことをやった、というのを教えてもらったから。(私の記憶で書くので間違いや思いこみもあるかもしれません)


 無駄吠えで困っている飼い主さんがいた。(無駄吠えそのものにはいろいろな理由があるとは思います。それらへの対応については hit1678 さんはぬかりなくやっておられたと想像します)そこで、hit1678 さんは「犬が吠えるのを無視する」という方法を飼い主さんに伝えます。

 むつかしげな言葉で言うと「消去」とか「意図的無視」とかいう方法です。

 この方法はなかなかいい方法なのですが、この方法を取ったとき、例えばこの場合だと「吠える」ということがかえって増えることがあります。で、そこは飼い主さんが「我慢」しないといけないのですが、実のところこれはなかなかむつかしい。飼い主さん自身もこのままでいいのか不安になるし、ご近所の目(耳)もものすごく気になる。

 そこで hit1678 さんが取った行動は、飼い主さんにどうなるかの見通しを伝えるとともに、同じことをプリントにし、「もし吠え声が増えて気になったら、私(hit1678 さん)に連絡して下さい」と書いて、連絡先も明示したとか。(「対応をまた考えますから」というのも入っていたのかな?)そしてご近所に配ったそうです。

 で、ワンちゃんの無駄吠えが無くなった、ということです。一時的に吠えは増えたようですが、hit1678 さんへの連絡は一件も無かったとか。

 ひょっとしたら、ご近所の人でも気になった方はいらしたかもしれないけれど、プリントを読んで安心できていたのじゃないかな。


 このあたりの話は、私が今まで知っている応用行動分析家や犬のしつけ(この言葉はあまり使いたくありませんが。人間界では「しつけ」と言って「虐待」をしてしまう方もいらっしゃいますので)を語る方からお聞きすることはありませんでした。すごく新鮮でした。

 そこらあたりの話をうかがえるのじゃないかと思います。


 なおポスター発表というのは模造紙くらいの大きさの場所に自分の発表したいことを掲示し、発表者がその前に立ち、見に来た人の質問に答えてくれる、というものです。わからないことをすぐに聞けるのでたいへんいいものです。

 「学会」という名前にびびられる方もいるかもしれません。何かむつかしげな・・・しかも「対人援助学会」だし・・・

 でも「そういうものに素人だ」と思われる飼い主さんやトレーナーさんでも参加していいのだと思います。お金は少しかかるけど。(当日売りで非会員さんの参加費は3,000円)でももし「犬との関係に困っている飼い主」さんや、「飼い主さんとの関係に困っているトレーナー」さんだと、直に質問できるし、すごくお得だとは思います。

 私が学会というものに参加したのは「特殊教育学会」。で行ってみたら恥ずかしながら「特別支援教育」というものに携わってそれまで10年たっていたのですが、わからない言葉がばんばん飛び交っていました。しかし「本物」は、私のたぶん非常にレベルの低い質問にも丁寧に答えて下さいました。(で、振り返ってみるに「偽物」は答えられないし、「偽物」もたくさんいたような気がします)

 とにかく何か「困っている」なら行ってみてはいかがでしょう。


 もちろん「対人援助学会」は、犬関係の話題は hit16778 さんだけかもしれないし、別に犬には興味無いけど、「対人援助(それは障害児・者援助やそれに関わる人への援助も含みます)」に興味ある人にとってもいいものでしょう。あと応用行動分析とかに興味ある人にもいいかもしれない。

 お勧めします。


 以下具体的情報。

第2回対人援助学会大会

日 程 : 2010年11月6日(土)10:30−17:50
      ポスターセッションは 10:50−12:20

会場は立命館大学、敬学館2F ポスターセッション 【教室261・262号室】

参加費 : 当日申込 会員 2,500円 非会員 3,000円 


 なお学会運営に深く関わっておられ「学会を100倍利用する方法:「対人援助者」が学会・学会誌で発表する意味」というワークショップをされる望月昭 氏は私が「ぞくぞくするぜい」と書いた「応用行動分析学入門」という本で私が「ぞくぞく」した部分を書かれた方です。

 hit1678 さんは望月昭氏からも学ばれています。

過去の記事245(応用行動分析学入門(ぞくぞくするぜい)1)

応用行動分析学入門―障害児者のコミュニケーション行動の実現を目指す/山本 淳一

¥3,780
Amazon.co.jp

ドッグトレーナー、大学へ行く。
posted by kingstone at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 犬とのよい生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

東京の犬の飼い主さん向け講座 困ってる方や初めて飼い始めた方むけ

 Twitterでいろいろやりとりさせて頂いている犬のトレーナーさん、hit1678さんが講師の講座で、東京方面のもの。

12月!!関東にて飼主様向け行動分析学セミナー開催っ!!


 これまた「犬といい感じになるための講座」でしょう。
 対象は「困ってる方や初めて飼い始めた方むけ」とのことです。

・日時:平成22年12月7日(火)
    第一部:10:00〜12:00
    第二部:13:30〜15:30

・会場:東京23区内(10月末頃決定予定)

 あれれれ、まだ決まってないんや・・・

・費用:第一部 3,000円
    第二部 3,000円
    2部通し 5,000円

 東京方面の方はどうぞ。

posted by kingstone at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬とのよい生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬と“いい感じ”になっていく方法の講座

 Twitterでいろいろやりとりさせて頂いている犬のトレーナーさん、hit1678さんが講師の講座が開催されます。(参加者が20名を切ると開催されないみたいですが)

飼主様向け行動分析学セミナー『かいぬし塾』開講っ!!

 行動分析だ、なんじゃ、かんじゃ、むつかしげな言葉も並んでいますが、要するに

「犬と“いい感じ”になっていく方法の講座」

です。

・日時:平成22年11月28日(日) 13:00〜16:00

で続いていくみたいですね。

・会場:サムティフェイム新大阪
http://www.fame.hey.ne.jp/access/index.html
 新大阪駅の近所ですね。

・費用:3,500円/回

 お近くでワンコといい感じになりたい方は是非。

posted by kingstone at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬とのよい生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

夏休み 愛犬のしつけ集中セミナー

 このブログを見に来られる方にはあまり関係ないかもしれませんが・・・

ある行動を減らしたい場合(応用行動分析の言葉で考える)

で私とやりとりしたhit1678さんが、夏休みの1日、集中セミナーを開かれるそうです。

夏休み 愛犬のしつけ集中セミナー の、お知らせ

来る8月22日、新大阪にて「飼い主さん向け行動分析学セミナー」を開催する予定です。
去年はBIG DOGさんにお世話になって開催しましたが、今年はDLC-PROさん 主催です。

午前と午後の2部制で、内容は以下の通りです。


第1部(10:00〜12:00)

「行動分析学がどんな学問なのか?」を、犬のしつけに関するQ&Aを通してお伝えします。
「叱る」という対応は正しいのか?
「性別や犬種によって、対応を変える」は正しいのか?
「犬のリーダーになる必要はない」は本当か?
「オヤツを使うこと」は、アリかナシか?
これらの疑問に、『行動の科学』である「行動分析学」はどう答えるのか?


第2部(13:30〜15:30)

代表的な問題行動である、
@「攻撃的な噛み癖」
A「他犬・他人への吠え癖」
への対処を、行動原理に基づいてお伝えします。


上記以外にも、質疑応答とか、お越しくださった方のためになるような内容にしようと考えています。
来て損はさせませんので、是非起こしくださいませー。

−−−−−−−−−−−−−−−
 詳しい連絡先は上記ページに飛んで頂ければわかります。

 で「行動分析」って普通やたらむつかしい言葉を使うじゃないですか。

 だから「むつかしい言葉を覚えないといけないの?」と質問したところ、

「そんな必要はまったくありまっせん! 」

との力強い言葉が返ってきました。

 先日、散歩中に他犬に吠えてしまう犬への対処法をうかがったところ、たいへん具体的な回答を頂きました。

 変な言い方ですが、すごく「心」を大切に「犬人関係」を大切にするやり方を教えて頂けると思います。(本人さんは「心ってなんだ?そんなもん見えへんやんかあ」「関係?そんなことを言うからしつけできないの」と言われるかもしれませんが(笑)

 ここらへんTEACCHが「人間関係は最後に考える」と言うので、誤解されやすいあたりと似てるなあ、と思います。


posted by kingstone at 08:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 犬とのよい生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする