私の関わりのある法人

スクリーンショット 2015-01-19 0.09.07.png

スクリーンショット 2015-01-19 0.16.04.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2016年12月03日

ハルさんの思春期Q&A 自閉症・発達障害の人との暮らし お悩み50選 (神戸新聞記事)



神戸新聞 2016年12月3日 朝刊
「くらし」欄

(写真はクリックすると大きくなります)

ハルヤンネ記事.jpg


以下、記事のテキストと、連絡先のつけ加え、リンク貼りなどします。

見出し
篠山の支援会社「おめめどう」が冊子
代表・奥平さんの経験伝える
発達障害ある子の保護者へ
思春期の接し方ズバリ回答


リード
 発達障害のある子どもの思春期、どう接したらいい?
 発達障害のある人を支援する篠山市の会社「おめめどう」が、子育ての悩みに答える冊子
「ハルさんの思春期Q&A自閉症・発達障害の人との暮らし お悩み50選」
を出版した。
(中島摩子)


本文
 自閉症の入らとのコミュニケーションがスムーズになるよう工夫したメモ帳などを販売するおめめどう代表の奥平綾子さん(53)は、次男(24)が3歳のときに自閉症と診断された。

「自閉症児の思春期は荒れると聞いていたが、器物破損や家庭内暴力など実際に嵐の渦に巻き込まれた」

という奥平さん。年間1千件もの悩み相談を受ける今、自身の経験などを伝える冊子の編集を企画した。
 冊子では、奥平さんのもとに寄せられた相談から

〈ビデオ、パソコン、ゲームばかりしています〉

〈同じことを何十回も確認してきます〉 

〈学校でのトラブルを家に帰ってから爆発させます〉

など、50を選び、接し方を詳しく記した。

〈男女の距離感をどう教えていいか悩んでいる〉

というものや、お小遺いの悩みも取り上げた。

 奥平さんはまず
「障害があっても、思春期は思春期。定型発達(健常児)と同じ年齢にやってくる。親の指示は聞きたくないと思っているときもあることを忘れないで」
とし、
「本人がスケジュールを立てるのが基本。自分で考え、判断させて」
「家の中でT人になれる場所を作って」
などとアドバイス。
 そして、最も重要なことに
「親子が距離をとる」
を挙げ、
「障害があると、つい手伝う、先回りする、後始末をするなどしてしまうが、それでは本人は余計にいらだってしまう。『良かれと思って』をやめて、待ちましょう」
と説く。
 奥平さんは思春期の子どもがいて悩んでいる人に、
「『自分だけじゃない』と思ってもらえたら。学童期の子どもがいる人は、今後の予備知識にしてほしい」
と話している。

 A5判、50ページ。756円(送料別)

おめめどう
TEL   079-594-4667
FAX 079-594-4667

ネットショップの当該ページ



posted by kingstone at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | おめめどう・視覚支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

自閉症・発達障害の人への非常時の支援と工夫(伝える・尋ねる) 特に震災時のために




熊本で、震災が続いています。

2011年の3月、東北大震災の時に、おめめどうのハルヤンネさんがブログに書いたものをまとめ、冊子にしたり、無料公開データにしたものをお知らせします。

私が Togetter でまとめたもの。



おめめどうの無料公開データ。
PDFで、A4で39ページあります。



冊子にしたもの。
現在はおめめどうのネットショップから購入できます。
324円です。(別途送料はかかります)
なお、やはり一番読みやすいのは冊子です。




冊子にしたものを読まれた方からの感想。




カンカンさんがつぶやいたものを私がまとめた Togetter。




日本発達障害連盟
各冊子、PDFでダウンロードできます。


これは内山登紀夫さんが作成担当。PDF。
posted by kingstone at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | おめめどう・視覚支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

おめめどう トータルセミナー in 姫路



チラシを送ってくれたので、そこからテキストで。
(PDFはアップできた時)


2016トータルセミナーin姫路

自閉症・発達障害児者の支援を学ぶ
〜子どもの育ちをトータルに考える・年齢と性別の尊重〜

 自閉症・発達障害の人たちの支援の考え方や、見てわかるグッズを使ったコミュニュケーションサポートの方法を学んでみませんか。午前の参加、午後の参加、通しの参加が選べます。お昼のグッズ販売はどなたでも参加頂けます。ただし、幼児期から成人期までのトータルの暮らしのことを考えるには、通しの参加をおすすめします。

●日時:2016年4月10日(日) 

午前開場   9:30
講義 午前 10:00〜12:15(幼児期・学童期) プラス特別講義15分
販売タイム 12:15〜13:30(午前の方も午後の方もフリーで参加できます)
講義 午後 13:30〜15:30(思春期・成人期)

●会場:姫路市自治福祉会館 第4会議室
〒670-0955 兵庫県姫路市安田三丁目1番地 TEL:079-288-0130  

●講師:奥平綾子@ハルヤンネ(株式会社 おめめどう代表取締役)
   大西俊介@syun(株式会社 おめめどう オブザーバー
           兵庫県立福祉のまちづくり研究所特別研究員)

●対象:自閉症・発達障害児・者に関わっている方
   (スケジュールや視覚的支援、
    筆談コミュニケーションに関心のある方なら、
    どなたでも方もどうぞ)

●講義内容:具体的・視覚的・肯定的なサポート方法
      幼児期(構造化の説明と絵カードの作り方)
      学童期(年齢による子どもの育ちと対応)
      思春期(思春期特有の困難さと基本的な考え)
      青年期(成人として何を大事にするか)  
      コミュニュケーションサポートの方法
      子供達を仲間外れにしない
      障害者・子どもの自立・人権のお話…など
      Q&A、関連書籍、グッズの紹介などもあります。

●定員 40名 

●参加費 午前午後通しでお申込をお願い致します。4000円
     どうしても、午前のみ午後のみをご希望の方は、各2500円になります
     * お昼食は、各自ご用意下さい(ごみはお持ち帰りください)

●お申し込み方法:
     お名前、
     〒、
     ご住所、
     TEL&FAX
     かかわっておられるお子様の年齢(学年)、
     肩書き(所属)
     ご明記の上、fax、メール、ネットショップからお申し込み下さい

     *午前のみ午後のみの場合は、備考欄にお書き下さい
      一週間前に振り込み用紙をお送りいたします。

 株式会社 おめめどう
      〒669-2223
      兵庫県篠山市味間奥190-8
      TEL&FAX 079-594-4667
      E-mail  haruyanne@omemedo.tanba-sasayama.com

●主催:株式会社 おめめどう

posted by kingstone at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | おめめどう・視覚支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月19日

放課後等デイサービスでコミュメモを購入

 私の行ってる、(株)ソワサポートで、放課後等デイサービスの事業所が3つに増えました。

 「私ではない人」からコミュメモを揃えて欲しいとのことで、3事業所分購入しました。で、先程、下の写真のように各事業所に配布できるようにしました。

P1060998.JPG

 購入した物を並べると、こんな物。

P1070001.JPG

 2015年巻物カレンダーのセット(中)曜日あり
 2014年の12月用に、巻物カレンダー1枚。
 おはなしビッグ
 おはなしメモ
 おはなしツイン
 ○×メモ
 どうしてメモ(おにぎりメモ)
 四コマメモ


 おめめどうのコミュメモについて詳しい方には「あれれ?」と思う点があるかもしれません。

 「みとおしメモ」「みとおしビッグ」が無い・・・
 これは、ソワサポートでは、既に「全体」「学習時(こべつ)」「自立課題学習時(お仕事)」のそれぞれ用のスケジュールがあるからです。

 「えらぶメモ」が無い・・・
 これはね・・・おめめどうさんが発送荷物に入れ損ねた(笑)
 早急に送ってもらえるように連絡しました。

 
 今までは、それぞれ1セット購入してもらい、みなさんにも紹介し、私も臨機応変に使って来ました。「巻物カレンダー」は「買い物活動」の時の日付の見通しをもってもらうために壁に常時貼ってます。

「買い物活動」(ガイドヘルプの仕方も)

 またこんな時もありました。

巻カレ1年手帳って一番安い巻カレやった(月日の見通しをつける)

わかる環境を作ってちゃんと伝えてそして判断してもらう

 しかしコミュメモは、例えば

土曜デイ活動「音楽遊び」での取り組み

とか、また、私が「これはちょっと正規の物の助けを借りようか」と思うような困難な場面で使うくらい。

 で、私自身はたいていの場合は、印刷失敗の裏紙でお子さん達とやりとりできてしまうのです。これはジレンマで、他のスタッフのみなさんは、なかなかすっすとは書けない、しかし私はどんな紙でもたいていの場合はOKになってしまうから、みなさんに使用しているところを見て頂けない・・・

 ここらへん、ほんと難しくってね。よく「こんな物なくてもやりとりできる」と豪語する人がいます。たいていそんな方は、書いてのやりとりをしてくれません。やっぱり商品としてのグッズを使って、ちゃんとやりとりできる経験を積んだ方がいいのです。

 で、しかし困難な場面では私でもコミュメモの助けを借りるんだしね。一般のスタッフさんは、絶対に普段から使ったほうがいいんだよね・・・

 今回、購入して下さったので、またスタッフさん(新しいスタッフさんがどんどん増えてきてる)に使い方をお教えし、また使いやすいような入れ物の工夫をして、使い易い環境も整えるつもりです。


 なお、こんな解説もついてました。
 これはわかりやすくていいですね。

P1070002.JPG

posted by kingstone at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | おめめどう・視覚支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

自閉症・発達障害児との暮らしで困ったことへの対応 7つのヒント! in神戸

 おめめどうの

「自閉症・発達障害児との暮らしで困ったことへの対応 7つのヒント! in神戸」

の案内。

●日 時:8月24日(日) 13:30〜16:00(受付13:00〜)

●場 所:神戸市産業振興センター 803
    神戸市中央区東川崎町1丁目8番4号 (神戸ハーバーランド内)

●講 師:奥平綾子(株式会社 おめめどう 代表取締役)
    
●参加費:2000円 (振込用紙をお送りいたします。前納ください)

● 定 員:20名(定員になりましたら、締め切ります)

● 対 象:自閉症・発達障害の子どもの支援に携わっている方や
      そのご家族、その他、関心のある方はどなたでも

●内 容:自閉症・発達障害の幼児期・学童期のお子さんの暮らし
     で起こる困ったことを七つのパターンに分けて、対応
     方法をお伝えいたします。もちろん、スケジュール、
     視覚的な手がかり、構造化、選択活動、見えるコム、
     覚えておくといいことが満載の内容です。
     *Q&Aとおめめどうのグッズの販売もあります

●お申し込み方法:お名前、〒、ご住所、TEL&FAX
     かかわっておられるお子様の年齢(学年)肩書き(所属)
     をご明記くださり、下記fax番号までのfax、メールか
     ネットショップからお申し込み下さい。

TEL&FAX079-594-4667

E-mail haruyanne@omemedo.tanba-sasayama.com

ネットショップはこちら

● 主催 (株)おめめどう (ネット検索は「おめめどう」)
     669-2223 兵庫県篠山市味間奥190-8

(画像はクリックすると大きくなります)
20140714174758740_0001.jpg

posted by kingstone at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | おめめどう・視覚支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スクリーンショット 2015-01-19 0.09.07.png