私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2024年01月11日

「発達障害児者支援における専門的指導技法の適用と課題」霜田浩信他を読む



「発達障害児者支援における専門的指導技法の適用と課題」
 霜田浩信・井澤信三(2023)『発達障害研究』Vol.45, 3, ,183

 今回の『発達障害研究』第45巻第3号は表記のテーマの特集。

 これは巻頭言にあたる文書です。

 これを編集した意図が

本特集によって 、特に若い実践者が、専門的指導技法を学ぶ機会となり、現場において、専門的指導技法のみが一人歩きするのではなく、理論的な背景や適用上の課題を理解したうえで適切に適用されることを願いたい.

 ということで取り上げられているものが

応用行動分析学,TEACCHプログラム, 認知行動療法,運動療法,心理療法, 作業療法, AAC, ペアレントトレーニング, ビジョントレーニング等多岐にわたる.

 ということで、ある意味、めちゃめちゃ野心的なテーマというか・・・

 なお、

本企画における「発達障害 」とは知的障害を含む発達障害として位置づける。

 とのことです。

 まず第1感として「同列に並べられるのか?」というのがあるけれど、これらのような名前のついた本や学会(カンファレンス)などいっぱいあり、その中で特に「若い実践者(特に教師)」が「何を学べばいいのか」がわからないまま右往左往し、結局何も身につかない、ということもありがちなので、頭の中に「ふ〜〜ん、こんなもんなのかあ」とだいたいのイメージを作り、学ぶとっかかりとして重要な仕事なのだろうな、と思いました。でまた最近の潮流もわかるし。

 しかし1例を上げると応用行動分析学(ABA)は、ここにある全てのものの背後にある、と言ってもいいし、また AAC は、はたまた他の全てのところで使い得るし・・・

 そのあたりの入れ子構造はあるのを承知で、ややこしいことに取り組もうとされているんだろうな。

 あと「専門的指導技法」って、そんなのあるのかな?というのも思う。例えば応用行動分析と言った時は、「行動の原理」を解き明かすというのがまずあって、そのうえでいろいろな課題解決に使う技法みたいなのがあり、例えば PECS といえば本当に「専門的技法」の色が濃いけれど、広範な範囲の応用行動分析を見てみると「専門的技法」というのがそぐわない場合も多いよなあ・・・とか。(しかしそれぞれの分野で「専門的技法が無い」というのも言い難い?)

 さて、読んで行こう。











posted by kingstone at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月18日

「働くから学びへ LEARNプログラムで見えてきたこと」ATAC2023



「働くから学びへ LEARNプログラムで見えてきたこと」
中邑賢龍・赤松裕美 , ATAC2023 , F-4(「働く・学ぶ」カテゴリ 4)

このページに


世の中「子どもは学び、大人は働く」という常識で(先進国は?)動いている。

だから児童労働は禁じられている。しかし・・・

というところから話は始まります。

そういや、私が中学生の時には新聞配達していた友達いたな。

また今話題のヤング・ケアラー問題についても、ネガティブな面だけが強調されているけれど、ひとつひとつのやってることは褒められることだよね、と中邑先生。

それに対し赤松先生が「ちょっと今日は体調悪いから」って休めないからねえ・・・とツッコミ。

そうやな。またお金も出ないし・・・

このあたり、私は妻のことを思い返していました。ちょっとくらい体調悪くても、私や子どもたちのために家事やってくれてたもんな・・・最近は私も少しはやるようになったけど、体調の悪い時なんて「こんな時でもやってくれてたんやなあ」と思います。

あと、支援級のお子さんで、不登校で親御さんの店で働いていたお子さんを見て、その支援級の先生が「あんなの子どもの生活じゃないわ」と憤然と言っておられたのを聞きながら、「いやあ、あなたの支援級に行くよりもよほど充実してたかもしれんやん」と思ったのも思い出しました。

で、不登校になってるお子さんとか、まあいろいろ事情のある方たちに、まずアルバイトをしてもらおう、というプロジェクトです。

これでいいのが、

・外出する機会となる
・意欲を高めるチャンスとなる
・苦手を見立てる場となる(いろいろな苦手がわかる)
・働くことのたいへんさと、喜びを知ることができる

とかいうあたりかな。
こちらに実際にプログラムをやっている時の動画がいっぱいあります。

面白かったエピソード。

◯りんごの収穫で、働いた時給分りんごがもらえることになった。子どもたちは大きな袋を持ってきた。実際にもらえたのは 3個/1時間だった。

◯大学生サポーターもたくさんやってきた作業。
大学生「何を子どもたちに指導・サポートすればいいですか?」
中邑「楽しく収穫してください」
大「いえ。子どもたちに何をすればいいか」
中「何もしなくていいです。楽しく収穫してください」
参加していたある子。「そんなことしない」と周囲を走り回っていたが、昼食の少し前に自分から作業を始めた。昼食休憩で食べ終わるとすぐに大学生さんに「早く続きの作業をしようよ」

なんか、わかります。

ほんと、「学ぶ←→働く」をもっと自由に行き来できるといいのかもしれない。

なお、あの有名なニトリの似鳥社長さんとも協力してあれこれやっておられます。


posted by kingstone at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「働くとは?超短時間雇用という考え方から考える」ATAC2023



「働くとは?超短時間雇用という考え方から考える」
近藤武夫 , ATAC2023 , F-3(「働く・学ぶ」カテゴリ 3)

 近藤武夫さんは、東大先端研の教授です。

 この講義は公開のホームページを使ってプレゼンされました。
この超短時間雇用モデルという言葉は、私の頭の隅には入ってたのだけど、あとで理由がわかりました。

障害者雇用促進法で決められているのは


※20時間以上30時間以下の短時間勤務の精神障害者、身体障害者、知的障害者は1人を0.5人としてカウントします。20時間以上30時間以下の短時間勤務で重度身体障害、重度知的障害のある人を雇用した場合は1人当たり1人としてカウントします。

ということで、20時間未満は「雇用」と認められていなかったんですね。

ということは週5日出て、1日4時間以上、ということになります。

で、障害のある方の場合、いろんな障害がありますから、結構これがしんどい場合がある・・・

そこで超短時間労働も障害者雇用として認めていこう、というものです。すでに7自治体が地域実装してはる。早くから実装した順に

1.川崎市
2.神戸市
3.渋谷区
4.港区
5.岐阜市
6.いわき市
7.品川区

これらのところでは自治体にセンターを置いている。

で、各自治体で実装されてきた経過が面白いというか、やっぱりな、というものでした。

川崎市は、障害福祉課の方がオープンキャンパスの時に来られて、話しているうちにこれだ、と思い努力して実装された。

神戸市は、やはりオープンキャンパスの時に、車椅子に乗った市会議員さんがやってきて話しているうちにこれだ、と思い、神戸に帰ってから近藤先生に「ちょっと来てください」と話があった。行ってみると、障害福祉課の方とかずらずら並んでいるところでプレゼンする場が設けられていた。

2つとも「何とかしなきゃ」と思っておられる方が、外に情報を求めて、ヒントを得て周囲と(近藤先生とも)協力して実現した、ということですね。

ちなみに市会議員さんを検索してみたらこの方でした。

そして神戸市の場合、B型との併用も認めている。
これがすごい。

神戸市が早くから実装していたせいで、私、自立支援協議会に出席した時に、お話をうかがってたんだわ。

で、「超短時間雇用モデル」の冒頭の2枚の画像、私の事務所から歩いて5分のご近所さんです。

パン屋さんは マルイパン
寿司屋さんは 増田屋

そしてこちらに詳しいことが書いてありました。


なお、「超短時間雇用モデル」のところに

「1日15分、週1日からでも働ける雇用モデルと社会実装」

と書いていますが、今まで20時間以上で 0.5人、というしばりのあったところから、10時間以上で0.5人というところまで(これは全国的にかな)来た(ひょっとしたら2024年度からだったかな?)きたそうです。

 5時間、週2日か。
 4時間、週3日とかも。
 2時間、週5日とかも。

で、近藤先生のおっしゃっていた「始めるのに大事なところ」は

・まず本務(その会社の人がやりたいこと)とその他(誰がやってもいいこと)の切り分けをする。
(これ、「その他なんて無い」と思っていても、丁寧に見ていくと意外とあるものでした。実際に「無い」と言っていた経営者さんが、話し合っているうちに「こんなのもあるか」みたいな)

・その他の部分に特化する。
(ビジネスマナーやコミュニケーションスキルなどは端から期待しないでもらう。そして特化している部分で「ええ仕事しまっせ」と価値ある仕事と認めてもらう。障害理解とかは後回しでいい)

 マルイパンの場合だと、生地の整形に時間が取られる。しかしご主人はできるだけ接客に行きたい。で、整形の部分を任せられる人がいたらいいな、と。

・こちらは「御社を助けてあげますよ。それで御社の価値が上がりますよ」という態度で行く
(上から目線ということではなく、対等ということだろうな。会社も助かるし、働く人もプライドと責任感を持てるだろし)

・雇用率を上げるために時間を伸ばす、という方向に行かないように気をつける


なるほどなあ、です。




posted by kingstone at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「行動分析をどう教育に活かすか?」ATAC2023



「行動分析をどう教育に活かすか?」
肥後祥治 , ATAC2023 , E-2(「不登校・ゲーム依存・SNS」カテゴリ 2)

肥後先生はペアレント・トレーニング関連の論文をたくさん書いておられます。

用意された部屋が狭くてイスが足りなくてゴニョゴニョ(書いていいのかどうかわからない)しました。

事務局から「グループ・ワークやってください」との依頼があり、その過密状態の中でもやりました。

3つの架空ケースが用意され、グループで話し合ってそのうち1つを選び

・書かれていない中で必要な情報は何か
・ケースに対する方法

をまず話し合いました。

うちのグループは私以外は20〜30台という若手。しかし相当実践はつまれている方たち。で、2つ目の

「ある子が教室から出たり、困った行動をする」

ケースを選びました。
私にとっては他の2つより簡単に思えました。そこに書いてある情報だけでも様子が動画として頭に浮かびましたから。なので具体的な対応方法もとりあえずは頭に浮かびます。(もちろん、実地にやる場合は、想定内におさまらず、その状況に従って、こちらはやり方を変えていくわけですが)

機能:注目
対応:褒めるところ、肯定的に注目できるところに働きかける

と私は考えました。

で、さらに必要な情報として

・好きなもの、好きな活動

というのを私があげ、他の方が

・嫌いだったり、苦手だったりするものや活動

をあげはり、これはそうだな、と。さらに

・得意な教科、苦手な教科

まあ、それもそうか・・・ってか「何がわからないのか」を知ることは大事かな
さらに他の複数の方から

・診断名
・家庭での様子

というのが出てきて、私の地雷が・・・

「私自身、25年くらい前から診断名はすごく大事にしてきた。それが無いと視覚的支援もさせてもらえなかったから。あってもさせてもらえないこともあったけれど。しかし、このケースの場合は十分情報が出てきているのじゃないか。家庭の様子は、担任が(あるいは学校全体が)手立てをして、うまくいくようになって、その上で「家庭でこんな困りごとがあるのですが」と相談された時に聞くのでいいじゃないですか。まず学校でうまくいくようにしなきゃ」

と熱く語ってしまいました。

グループワークなのに。
で、若手にいろいろ考えて答えを出してもらわなきゃいけないのに・・・
まさに老害でした。

あと、「先生、もっとこの子を褒めたらんかい」と暴言を吐いてしまいました。本当は先生も責めず、まあ私も現場だったら一緒に「褒めたり、注目できたりする箇所を先生と一緒に探す」というスタンスですけど。

というわけで、何ていうか私には「心からの PBS は私にはなかなかできないなあ」と反省したり。

なお、肥後先生のレジメの表題は

「子どもに状況の責任を負わせないために:大人の共同責任を行動分析から学ぶ」

でした。

posted by kingstone at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「支援技術をどのように子どもの学びにつなげるか?」ATAC2023



「支援技術をどのように子どもの学びにつなげるか?」
青木高光 , ATAC2023 , B-1(「学ぶ」カテゴリ 1)

私、学校をウツ・ネタキリで退職していなければ、もっと早い時期に青木さんとは面識ができていたと思います。ネタキリから起き上がって、その後、視覚的支援には関わり続けたものの、手書きでささっと書く方向に行き、かつまあ研修会に参加するお金も無いし・・・で、お会いしないまま来てしまっていました。

青木さんは下のようなイラストと、

100000_1人・動植物(枠線あり).gif

それを教育にどう活かすか、という

で超有名な方です。

最近、保護者に視覚的支援をして頂く時、絵を描くのが苦手な方にでも作って頂きやすい冊子を作っていて、そこで Drops のイラストを引用したくて著作権について知りたくて、そのことを質問したい、という個人的事情があって、いの一番にこのセッション参加を決めました。

研修講演前の、私だったら話しかけないでくれいいいい、という時間帯であったにも関わらず、ひょっとして「今お聞きしなきゃ、いつつかまえられるかわからない」という思いで尋ねさせて頂きました。そしたら

「商用なら契約が必要。商用で無いなら自由に使ってもらっていいです」

とのことで、ほっとしました。まあ、冊子のワンコインほどの有料化も考えなくはなかったのですが、こうなると無料配布ですね。

DropTap について

講演の冒頭での自己紹介的にドロップスやドロップレット・プロジェクトの説明があり、あの特徴のあるイラストは保健の先生(たぶんかつて同じ学校の同僚さんだったんだろうな)が描き、DropTap などのアプリは 鈴木さんって方が作られているそうで、それぞれ会場におられたので紹介してはりました。

なお、鈴木さんは、こちらの動画で顔出ししてはります。

ってことは、青木さんはこのプロジェクトのプロデューサーというお立場か。

DropTap は特別支援学校の全児童・生徒の GIGAスクール端末にこの入ることになりました。
DropTap 本体:1500円
スケジュールのアドオン:650円

で、計2150円✕全児童生徒数

 ですからとんでもない金額になるものを無償で提供されているわけですね。

しかし・・・ということは特別支援学校の先生方、「スケジュールなんて作るのめんどくさいし、便利なものがあると言っても、タブレットもアプリも持ってないし・・・」ということは言えなくなるってことかな。

いや、もちろん苦手な方はおられるでしょう。そのため(だけではないですが)文部科学省はこんな事業を行っています。


なんか DX というと、事務処理が頭に浮かんでしまいますが、それもありますが、上にリンクを貼ったポータルサイトを見て頂ければわかるように「どんな手立てを使って学びを推進させていけるか」というのを促進していく事業です。

なお、このポータルを見ていると、「サポート事業者」というのもあるので「機器操作」のあたりでの困難(これも実際ネックになっている部分あると思います)にも対応してくれそうです。

そして元のアドバイザーのページを見てみるとアドバイザーの名前がずらずら並んでいます。

私の知ってる名前を探してみると兵庫教育大学の小川修史さんが入ってます。

で、このアドバイスを頂くのって基本リモートのはずだったのですが、申込みが少ないため直接来て頂くことも(日時が合えば、でしょうが)できるようになったか、なる、とのことです。

こんなん来て頂けたら、めっちゃお得ですやん。

(しかし、来て頂くこともできる、ということになれば、現在の勤務先の所在地がぱっとわかったり、それで検索できたりするといいのにな)

「GIGA スクール動画」なんてのもありますね。



長野県の学校ICT支援体制

・特別支援学校では各校に1人 ICT 活用推進担当を専任(たぶん特定の担任を持たず校内全体の担当)
・県内4圏域のそれぞれに1人ブロック・リーダーがおり巡回して相談にのる

なお、通常校も含めての ICT 推進のために

長野県ICT教育推進センター

というのもできていますね。

1 特別支援学校の教育環境の改善

長野県特別支援学校整備基本方針に基づく長期的な視点に立った改築等と応急的な視点に立った増築等の計画的な推進、共学共創に向けた整備、感染症対応、働き方改革の推進

2 多様な教育的ニーズに対応する専門性のさらなる強化

教育相談・行動支援・ICT活用等分野別リーダー教員の配置、 ICTやAT(アセスティブ・テクノロジー)リソースの拠点の整備と支援〈再掲〉、医療・福祉分野等の外部専門家活用

3 卒業後の多様な自立につながるキャリア教育・交流及び共同学習・生涯学習の充実

地域と連携したキャリア教育、個別の教育支援計画等の効果的活用による進路支援、副学籍制度の充実、スポーツ・文化芸術活動等の充実

4 インクルーシブな教育を支えるセンター的機能の充実

小中高の学校解決力を高めるための特別支援学校におけるセンター的機能の充実、医療的ケア等の相談支援の充実
と、ICT 以外にも「行動支援」の専任教師(?)が入るのかな。すごい。外部専門家活用も明記されている。


活用事例

◯家からなかなか出ることが難しいお子さんの Double3 での実践例。

(ただし、これ、価格は相当なものみたい。「お問い合わせください」となってますし・・・寿司屋で「時価」ってのがめちゃこわいみたいな。ひょっとして担任さんの自腹?やっちゃうんですよね・・・)

◯非常に障害の重いお子さんが余暇活動をできだした例。

が担任さんから紹介されました。その他お話だけですが

◯タイピングソフトでのタイピング練習で上達しなかったお子さんが野球好きとわかり、選手名を打ち込むようにしたらめちゃくちゃ上達した。

◯給食時間に課題があった生徒が自分がDJをしたり、演奏したりを配信するようになって問題が無くなった(複数例)

とか、めっちゃ面白かったです。


想像するに、青木さんは教師として、「こんな授業をしたいから、こんなことはできないか」とアイデアを出し、それに保健の先生や鈴木さんが協力しているうちに、ドロップレット・プロジェクトが大きくなっていった、という感じか。
実は、私もこれがまっとうな形(授業をする教師本人が絵が描けたり、アプリを作れたり、ってんじゃない。あくまでも「こんな授業がしたい」がある)だと昔から思ってきていました。
そして地元(長野県)の教育システム作りにも大きく貢献してはる。それが講演の中でよくわかりました。


なお、私は DropTap にスケジュール・アドオンの付け方がわからなかったので、講演終了後、鈴木さんに直接うかがうことができました。
で、PDF のマニュアルとかは無いみたいなのだけど、動画はある、ということで探してみるとYouTube にチャンネルがありました。

しかし・・・私、動画視聴は苦手で・・・
まあ教えて頂いた スケジュール・アドオンの付け方だけは、静止して見ることのできる形で出せたら、と思います。(いつになるだろう・・・)

posted by kingstone at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする