私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2024年02月23日

卒業式関連の記事のリンク



 卒業式関連の記事のリンク集は、他のブログで作っていたのですが、こちらにもリンクのみ貼り付けておきます。


2000年3月の卒業式について(1999年度)

(私は視覚的支援を外したことに、ものすごく反省します)
卒業式にて
(親御さんの感想)

2000年度

これは卒業式ではありませんが、その後すぐの話です


1998年3月、1997年度の卒業式



支援学級にて


上記の記事をたくさんつなげたもの

posted by kingstone at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月21日

自分で選んだ行動に自分で責任を持つ & 肯定され感謝される



 ネットにこんな事件のニュースがありました。(被告名はXで統一します)



 まず、お父様のご冥福をお祈りいたします。

 X氏の暴言・暴力により母と妹は家を出ており、父親と2人暮らし。

 何らかの行き違いから父親を18か所も刺し、失血死させた。

事件後のX被告は、鑑定で「軽度知的障害」「広汎性発達障害」と診断されています。こうした障害が犯行に影響を与えたかどうかが争われました。
弁護側は障害が犯行に関与したとして情状酌量を求めた
 X被告に、こうした障害があることがわかったのは、この事件後の診断が初めてです。
 鑑定した医師は、被告について、障害の影響で、他者の言動を曲解する傾向にあり、コミュニケーションがうまく取れず、仕事も長続きしないなどストレスの原因になったものの「犯行は障害の影響ではなく、本人の性格によるもの」と証言しました。

 最近よく言われる言い方で言えば「大人(になるまで発見されなかった)の発達障害」というわけです。

 私自身はどちらかというと「応報刑論」に組みしたいので、情状酌量はしなくても良いのでは、と思うほうです。

 ただ、時間は巻き戻せないものの、例えば仕事では

 X被告は、地元の中学校と高校、短大を卒業後、自衛官候補生や農協、レンタルスキー店などの仕事に就きましたが、仕事はどれも長続きしませんでした。
 2年前に、父親の紹介で働き始めたガソリンスタンドでも、危険物の取り扱いに必要な資格を持っていなかったことから、同僚に見下されていると思い込み、わずか2か月で辞めています。

 というあたり、学校時代でもいろいろなことがあったのじゃないかな、と思われます。

 例えば今回の事件は「たばこを買いに行こうとした」→「父親からとがめられた」ということがの直接のきっかけになっています。

 またガソリンスタンド勤務時代「「乙種第4類」の取得を希望していた」が父親から(きっと良かれと思ってでしょう)難易度の低い「丙種」から順に取得した方がいいと助言され、「乙種第4類」の試験が受けられなかったことを恨みに思っているとか。

 お父さん、きっといいお父さんだったろうと思うのですが、「本人のしたい行動(自己選択した行動)」を止めておられる。

 これが小さな頃から、本人のやりたい行動(ただし犯罪になったり、自分や他人を大きな危険に巻き込まない、という条件は必要ですが)をやらせてあげ、その失敗も成功も本人に責任をとらしてあげていたら、どうなっていただろう、とは思います。

 実際、「やってみなければわからない」し、やってみて、合格だったり不合格だったりすることで、自分の力を知っていき、だんだん周囲からみても適切な判断に落ち着いていくと思うのですね。

 で、そういう体験を小さな頃から積み重ねてきておられたのかな?

 私の周囲でも、不登校で何の試験とかも受けていないけれど、「ハーバード大へ行く」と豪語しているお子さんとかおられました。それを馬鹿にするのではなく、いろんな模試とか英語のテストとか受ける手続きをどうしたらいいか、一緒に考えてあげたらいいのにな、と思ってました。

 少年野球でも少年サッカーでも、「プロになる!」と言ってる小学生を馬鹿にする人はいないでしょう。で、いろんなのに参加しているうちに自分の力を知っていく・・・

 また大人だったら、「たばこを買いに行く」ことを止められることは無いはず。「無職で、たばこを買うお金はどないしてん」という方向でとがめられた?ってことは子どもの頃はおこづかいがあったとしても、青年期から大人になるあたりで「稼ぐ→使う」が、うまくわかってなかった?

 これも、小さい頃からのあれこれで何とかできそう。

 あと「人の言葉を曲解する」とされているけれど、

・字義通り受け取り裏の意味を理解することができなかった(つまり曲解でなく、直解(なんて言葉はありませんが)していた)

・小さい頃から周囲に合わせづらく(上記も影響)、笑われたり馬鹿にされたりすることが多く、他人の言葉や動作を被害的に受け取りやすくなっていた(これは、「曲解」という言い方をされても仕方ないかな)

なんてことがあったのじゃないかな。

 これは妄想ですが、学校時代から、本人の間違った行動を矯正しようとされるのでなく、できてる部分を肯定され、褒められ、感謝されるみたいなことがほとんどだったら、どうなっていただろう、と思ってしまいます。

 以前起きた元農水省事務次官の方の方の事件も、後年は息子さんが絵の世界で何かできないかと、コミケについて行かれたりしていた、ある意味「良いお父さん」なのだけど、小さい頃からの「否定」の影響が大きすぎたのかな。


 しかし「できてる部分を肯定され、褒められ、感謝されるみたいなことがほとんどだったら」って、別に障害関係無いよなあ・・・

 「自分で選んだ行動をし、その責任をとる」というのにしても。

 あと、やっぱり学校時代に、診断はなくても「何か支援が必要」と感じてくださる方がおられたら・・・それは難しいことなのか。(まあ、私の周囲でもそこが難しくて、周囲がにっちもさっちも行かなくなってから私に話がやってくる、ということがあるわけだけど)

 でもって「犯行は障害の影響ではなく、本人の性格によるもの」・・・性格?性格!






posted by kingstone at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月20日

「反抑圧アプローチの視点から迫る軽度知的障害女性の性産業従事」を読む



武子愛・児島亜紀子『女性学年報』44 巻 (2023)44 巻 p. 61-79

 まず、私は「反抑圧アプローチ」という言葉を知らないので、検索したみた。


にこう書いてあった。

Anti-oppressive(social work)practice. “Anti”は日本語にもなっている「アンチ=反対」の意味で、“oppressive”は抑圧と訳される“oppression”の形容詞だ。日本語で最適な訳語に抽出するのが難しい言葉だが、この著書では、既存の数少ない日本語文献(坂本 2010;二木 2017;児島 2018)に倣い、「反抑圧的ソーシャルワーク」として紹介し、文中での言及では、英語の略を使用して「AOP」とすることにする。


1.いろいろな抑圧の連鎖・交差性を見る
2.支援者が自分の属性から、抑圧の構造の中に関わっているかを見る
3.ソーシャルワーカーはアライ(ally)として当事者に伴走し、協働して解決策を見つけていく

ということになるのかな。

 なお、最近アライという言葉をよく聞くけど今ひとつわかっていなかったので検索すると

"Ally(アライ)には、次のような意味があります。 同盟国、味方、仲間 また、LGBTを理解・支援する人を指す言葉としても使われます。アライ本人は、性的マイノリティではありません。1988年に米国の高校でストレートの生徒によって作られた、「ゲイ・ストレート・アライアンス(GST)」という団体に由来していると言われています」

ということでした。

で、「抑圧的アプローチの視点から・・・」に戻って

アイリス・マリオン・ヤング(I.M.Young)の用いる概念によると

抑圧

1.搾取
「エネルギーや力が、通例男性の利益のために、またしばしば何の予告も自覚もないままに浪費させられる。」

(もともと提唱した Young がとりわけ重視したのがジェンダー搾取)

ここの男性をいろいろ入れ替えるといいわけだな。

2.周辺化
「労働システムが用いることができない、あるいは用いようとしない人々」
(後ろに出てくる例では、算数ができない→レジができない→(好きだった)」アパレルの仕事が続かなかった、というのが出てきた)

3.無力化
「他者から命令を受けなければならず、自ら命令を下す権利は稀にしかもてないように位置づけられ」
無力化された者とは、権威や権力を及ぼす場所がない人々

しかし、後で出てくる無力化の例としては、「叱られた(そして褒められない)」というのが出てくる。たぶんそういう形で無意識のうちに刷り込まれるということなんだろうな。

4.文化帝国主義
「自らの経験を人類そのものを代表する経験として取り扱う」

私は男性で、高齢者(戦後10年の生まれ)で、とそういう性別や歴史の中で育っているので、その経験を世の中の常識として、無意識に当たり前と思っている部分は無茶苦茶あるだろうな。

5.暴力
これは具体的に浴びた暴力だけでなく、女性はレイプを恐れ、アメリカの黒人は襲撃やハラスメントの標的になることを恐れるなどの
「抑圧された集団の構成員全員が、その集団的アイデンティティだけを理由に被害者になる傾向がある」
「集団に向けられる暴力は、制度化され、組織的である」

これらに対して、

抵抗

ドナ・ベインズ(D.Baines,2017)によれば

クライエントが経験する問題について
「個々の選択からだけでなく、社会的に条件づけられ制限された選択および相互作用または制御から生じる」

レナ・ドミネリ(L.Dominelli,2002)によれば

抑圧に対する行動には受け入れ、適応、拒否の3つの行動があるとし、一見反社会的な行為に見えても、それは抑圧に対する抵抗である

(しかし「受け入れ」と「適応」に違いはあるのだろうか?)

で、事例として2人の方にインタビューしている。

Aさん
児童養護施設で育ち、昼職についたが、算数がわからずレジができなかったので好きだったお店をやめ、性産業へ。一度怖い目にあい逃げた先でまた乱暴され、警察に行き、保護施設を紹介され入所。その後、出て再び性産業へ。
(でも、施設の責任者さんから紹介されてインタビューしているのだから、施設も関わりは持ち続けていると思われる)

表1に「抑圧およびそれに対応する抵抗の語りの例」が出てくる。

そこで「搾取」「周辺化」「無力化」「文化帝国主義」「暴力」と分類され、それにどう対応したかが書いてあるのだけど、私にはいまひとつ分類がすっとはわからない。しかし周辺化(労働システムからの排除)はすごくよくわかる。

 また無力化のところで、抵抗の行動(環境?)で、「(育ちの過程でも、成人してからも)よく怒られていた」が、性産業では「頑張ったね」と言ってもらえる、というのがあって、ああああ、となった。

 このあたり、それこそ学校や家庭で PBS のような考え方が広まってくれば、ずいぶん変わらないか?
 つまりダメなところを矯正しようという態度でなく、良いところを認めていこう、そし最終的には「躾の方法として褒める」のではなく、当たり前に褒めることがある環境みたいな。

 あと、たぶん昼職では「嫌なこと」から誰も守ってはくれなかったけれど、性産業では「規則ですからしません」と言え、それでもされそうになったら従業員さんが介入してくれるなどあるから「拒否」がきちんとできるってとこも、大事な点なんだろうな。
ここには守ってくれる人や仕組みがある。

 そして、現時点ではAさんは「周辺化(昼職の労働から排除)されている」という事情はありつつも、性産業を自己選択している。

Bさん

 言わば「ヒモ」から逃げて現在も保護施設におられる方。

 なお、AさんもBさんも昼職について

「数字やパソコンが使えなくても従事可能な肉体労働が知的障害男性にはあるものの、知的障害女性には難しい」(武子,2022)

ということなのだけど、A型就労支援事業所なんかだったら、何かありそうだけどなあ・・・


posted by kingstone at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月04日

対人援助は◯から✕にするんだよ(冨安先生の言葉)



 先日、大久保賢一先生( @kenichi_ohkubo )が Twitter (X)に連投してはりました。

自分が大学院生だったとき、集中講義の講師としてこられていた望月昭先生が「対人援助においては、相手を×から〇にするのではなく、〇から×にするんだよ」と仰っていた話を最近よく思い出す。初めて聞いた時は「このおっさん何言うてるんやろう」と思ったけどw、今の自分には金言である。

「×から〇」というのは、相手のダメなところをあげつらって、そのダメなところを良くしたり、少しでもマシにしようという目標を設定するスタイル。言い方がちょっときついですけど、学校教育においては、ほとんどがこのスタイルで目標設定していると思います。

望月先生が仰っていた「〇から」というのは、今そこにいる目の前の人を肯定するところから始める、その人の良いところに着目する、その人の少しでもマシなところに着目するという意味。行動分析学でいうところのシェイピングですね。

そして肯定的な眼差しを受けたその人が良いところを伸ばしたり、良いところが増えたりしたその後で過去を振り返り「今振り返ると、あの時が×に見えてくるね」というのが「〇から×」。

これなんですよ、皆さん!この視点がないと、目の前の人を永遠に否定し続けることになってしまうんです。

「褒め上手な人」とは、今目の前にいる人の「〇」を見つけることができる人やと思います。褒める行動は行動レパートリーに注目されがちですが(どんな技やフレーズがあるかなど)、褒める行動の刺激性制御がとても重要。

で、その後、望月昭先生の

『行動分析学研究』22 巻 (2008)2 号 p. 114-115

を紹介されてました。

これを読むと、愛知コロニー時代(1983)に冨安先生から望月昭先生に伝えられたことがわかります。

「お前さんは、障害のある人の今を✕(ばつ) と考えて、それを◯にしようとしているだろう。それではだめだ。今を◯と考えてスタートして、後になって、『ああ、あの頃は、✕だったな』と思い返すようにしなければダメだ」

この「✕から〇ではなく、◯から✕」という表現は、当時は、障害者に対する受容的態度といった程度の理解しかできなかったのですが、最近は、これこそが応用行動分析の基本的態度だと理解できるようになりました。行動修正の手段として「ほめる」ではなく、今も将来も環境設定によって「認める」状況を創造していくことこそが応用行動分析の基本であり、そしてまたノーマリゼーション/インクルージョンの、単に理念だけにとどまらない具体的方法論につながる基本的姿勢であることを。

 この望月先生の考察の後半が Hit TKYM #3 K in J さん ( @hit1678 )の

「○から✕」は「正の強化を手段から目的へ」とセット

っていうことなんだろうな。

 これって私は TEACCH が「今何ができているか」を観察して、組み合わせて「□□ができる」を実現していくことと同じ意味があるのかな、と思います。

 なお、冨安先生が慶應に移られてからのお仕事もたくさん紹介しておられますが、その中に『川を渡る』の翻訳も入っていてびっくりしました。冨安先生のお名前は頭になかったのですが、私がすごく影響を受けた本です。1996年に日本で出版され(原著は1992年)私は1999年か2000年に読んでます。

 知らないうちに、めちゃくちゃ影響を受けてたんや・・・


(一時はマーケットプレイスで2桁円で出てましたが、今日は1598円ですね)

 私の書いた『川を渡る』に関する記事。

お願いすること(上の記事とはまた別のことを書いています)


posted by kingstone at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月29日

NHK『"学校"のみらい』を見て




また、文字化したページができたら嬉しいですが、とりあえず私が興味深かった点を。

第1部ではいろいろなところでの取り組みが紹介されます。

韓国
代案学校 
キム・ヨンサム大統領(1993-1998)の教育改革(韓国は受験競争が激しい)
1986 女子中学生の自殺
この事件があって代案学校の学費が無料となった。(第1号はガンジー高等学校)
現在は95校(が認可されている、みたいな表現になるのか?)
決められたカリキュラムは2教科だけで、後は子どもが自由に考える。
ムン・ジオン(『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』の脚本家。代案学校卒業生)

シン・ナムン学校。決められたカリキュラムは半分。あとは子どもたちが授業を企画(ここは公立学校か?)

日本のフリースクール
子どもが自分たちのやりたいことをいきいきとやっている様子。
お金が課題 出てきたフリースクールは22000円/月

熊本市教育委員会
不登校の子のためにオンライン授業を毎日している
支援が届いていない子 613人
フォローというか居ることを確認して各所と情報共有はしている感じ。これはすごい。というのも、不登校になり、何のフォローもせず、教育からも福祉からも見えなくなっていた例を知っているので。この努力は素晴らしいと思う。

しかし担当の方が「全然サポートもないし身につけたほうがいいよっていうものすらない。まあある意味無法地帯」とおっしゃってたのには、微妙に不登校、不登校支援をしているところをネガティブに考え、「今までの学校」に復帰することが善という価値観を感じてしまったのはうがちすぎだろうか。


日本全国で言えば30万人中11万人が支援を受けていない。(これは引きこもっていて、どこにも出て行っていない、ということなのかな?)

フランス
30年ほど前から支援施設。国家資格「エデュケーター」
子ども15人に5人のエデュケーターがつく。

 ということは3対1だから日本の特別支援学校の法定数と同じ。あと大規模校なら運用で2対1くらいにしているところが多い。なお小規模校なら1対1などというところもある。

「アトリエスコレール」というのが出てきたが、これはその学校(エデュケーターの居る場)の名前だろう
学校を月2日以上休むと支援が開始される。

撮影中、3週間前にそこに来はじめたハムザ君、しきろうとして誰かに何か言われると興奮して出て行く(悪口を言われた、と思った)。1人のエデュケーターがすぐに追いかけ、対話をし、落ち着かせて戻ってきていた。

フランスの格言「教育は器を水で満たすことではなく、火をつけることなのだ」

山形 天童中部小学校
一斉授業を8割にし、子どもが先生になったり、自分で授業を企画したり。
(メイクの授業をしてる子もいる)
子どもが自分自身で学ぶための自由な時間

しかし教諭は、迷いながらやっている(たぶん、ずっと迷いながらやっていくのが大切なんだろうな、と思うのだけど・・・)

気がつけば不登校の子はいなくなっていた

っていうのは、大事なところだろうな。別に「不登校を無くそう」と思っていたわけではなく、いきいきと学べる・活動できる学校を作ろうとしたらこうなってた、と。
ーーーーーー
第2部

OECD が最近だしているキーワード

エージェンシー「自ら考えて社会を変革していく力」ということなんだそう。

けど、そんな意味、英和辞典を見ても出てこないけれど。近いところでは「作用」くらいか。
私なんかがよく聞くものだと

the Central Intelligence Agency(米国)中央情報局(〘略〙 CIA)

で、SPY✕FAMILY の黄昏みたいな人は確かエージェントだし。

Chrome  で「エージェンシー 文部科学省」で検索しAIにまとめてもらうと

文部科学省は、エージェンシーを「自ら考え、主体的に行動して、責任をもって社会変革を実現していく姿勢・意欲」と説明しています。
エージェンシーは、OECDの「Education 2030プロジェクト」において重要なキーワードです。OECDは、エージェンシーを「変革を起こすために目標を設定し、振り返りながら責任ある行動をとる能力」と定義しています。
エージェンシーは、日本の新学習指導要領で示されている主体性にも近い概念ですが、より広い意味を含んでいます。エージェンシーは、主体性の概念に加えて、自らの価値観や目的意識、あるいは、周囲との相互作用を前提とすることを加えた考え方です。
文部科学省は、OECDと協力して「日本・OECD共同イニシアチブ・プロジェクト『新たな教育モデル2030』」を実施しています。

ってことだそうです。


矢野和彦(文部科学省・初等中等教育局長)
この場(たぶん、批判される)に出てきて頂けたことは多としたい。
おっしゃったこと。

◯誰もが安心して学べる学校をどう作っていくか

◯個別最適な学び

◯協働的な学び


個別最適な学びについては、第一部に出てきた例や二部の創英の例を見ればもう答えは出ているのじゃないかな。
一斉授業の部分を減らし(このあたりの割合はお子さんにもよると思う。一斉授業や知識詰め込みが合う子もいるだろうから)、子どもが自由に自分のやりたい学びをする。
もちろんそのためには予算の裏付けが必要なわけだが。

だから、矢野さんにお願いしたいのは、財務省と交渉して予算を獲得して頂くことか。

しかし、「こういう取り組みが広がってきた」とおっしゃったら生駒さんから「そうは思えない」と突っ込まれて「令和3年から始めたばかりでまだ・・・」と前言を翻しはったのは面白かった。(別に翻しはったわけではないかも。0から0.001になっても広がってきているわけだから)

そういうやりとりがあったという意味で、この番組は意義があったかな。

あと、この番組ではいっさい取り上げられなかったけれど、特別支援学校でも「個別最適な学び」ができ、「安心した学び」ができる場を作って頂きたい。特別支援学校でも不登校はあるし、通常校では少なくなってきてると思うけれど、「無理やり連れて行く」みたいなことはされがちなので。

また「協働的な学び」は、私のように自閉スペクトラム症のお子さんと関わってきた者には、短絡的に考えるとまずいと思います。長期的には協働するとしても)

あと「(先進的な取り組みを)邪魔しないようにしないといけないな」とおっしゃったのには、ブンブンうなづく。


生駒知里(保護者/多様な学びプロジェクト代表)

ここに「代表メッセージ」がある。

なるほど、「不登校」に関わっていろんな支援をしているところのポータルサイトという感じかな。

「教育支援センターについて」(視聴者からの意見にもあったように)学校に行けないのに、第二の学校のような雰囲気がある。学校復帰を目的にしている感じ。

とおっしゃっていたのには、そういうところが多いだろうな、と思う。

工藤勇一(横浜創英中学・高等学校校長)
取り組み「世の中ってすてきそうだね」と思ってもらえるように。
一番最初に自己選択させることが必要

天童中央小学校の授業参観に来た先生が言ってたできない理由
「カリキュラムが無い」

・・・だからやるんじゃないのかな。まあ苦手な人がいることは確か。



天童中部小学校の先生の話
全国学力テストで結果が出るけどいいけれど、出ていない。そうなると「教えてないからでしょ」と言われてしまう。

 学力テストをやってもいいのだけど、そして全国平均など出して、その学校がどう位置にあるのかを見るのはいい。それを学校間で優劣をつけるようなものじゃない。課題とかが見つかれば(例えば読み取りの力が足りないなら、そこに力を入れよう、とか)地域の課題として解決していく方法を見つける、また児童・生徒1人について個別に何かの力が落ちていて、そのことで暮らしに不具合があるならそこを解決する手段を見つける。
 そういうことなしに、「学力(知識)が低い」なら「知識を詰め込め」とやっちゃうと勉強に意義が感じられなくなったり、つぶれたりする。

島谷千春(加賀市教育委員会 教育長)
教師へのサポートをしている

荒井英治郎(信州大学 教職支援センター准教授)
子どもを軸に考えていくことが必要


 お子さんの居場所、公立で作って欲しいけれど、現在それが無い。将来はできるかもしれないけれど、今を生きていいる児童・生徒は待っていられない。ならば民間の力を利用したらいいのにな、とは思う。韓国の代案学校みたいに。しかし、そのためにはお金が必要。

(しかし、公は民を下に見ている感じはある・・・)


 あと、最後のほうになんかいろいろ情報があったが、ギブアップ。

 で、日本の「知識重視教育」が全ての点において悪いわけでは無いんだよね。「それ以外を許さない」固さが問題なわけで。しかし天童中部小学校みたいに「それ以外」をやってる例もあるわけだ。「今の枠があってもできることはあるんだよ」というのを教えてもらったのは大きいかな。


posted by kingstone at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする