私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2017年12月02日

ゲゲゲの女房 武良布枝著





ゲゲゲの女房 武良布枝著

 布枝さんが、武良茂(水木しげる先生)の釣書を見たのが昭和35年(1960)年の秋。
 そして周囲から水木先生は「もう40になる。これが最後のチャンスかもしれない。帰って来て見合いして結婚しろ」と言われ、住んでいた調布から無理して安来に帰って来たのが、1月。で、見合いして5日後には結婚式・・・

 そうかあ。
 昭和35年(戦後15年)でもそんなもんか。


 結婚は「好き」という思いでするものではなく、とりあえず男女一緒になって、そこから関係ができていく、と。
 で、布枝さんは安来の親戚と「今生の別れ」と思って東京に出発したと・・・

 で、貸本屋業界もまともにお金を払ってくれるような会社は無く・・・

 なのに税務署の方が来られます。

「正直に申告しています。これだけしか所得がないんです」 
「所得がないといったって、生きている以上は食べているでしょう」
「なんとか」 
「だからいっているんだよ。これじゃ、あんたたち家族が食べていられる所得じゃないでしょう」
「それでやっているんです」
「だから、他に収入があるんじやなて、聞いているんだ」
 そんな収入しかないから、餓死しないように四苦八苦しているのです。それをいってもいっても、相手には伝わりません。
 やがて水木はだまり込んでしまいました。顔が真っ赤に紅潮していました。水木は大きく息 をすい込むと、肩をいからせて、大声で一喝しました 。
「われわれの生活がキサマらにわかるか!」
 そして、水木はすかさず、質屋の赤札の束を税務署員の前にグイッと突き出しました。これには税務署員も唖然としたらしく、早々に退散していきました質屋の赤札の厚さが3センチにも達していたからです。


 しかし、そんな時、布枝さんの妊娠がわかります。


 家に帰って水木に「おめでたのようよ」というと、水木はハッと顔をあげて、私を見つめ、そのままだまり込んでしまいました。
 水木も不安だったんでしょう。いまでも苦しい生活なのに、食い扶持が増えるのですから。しばらくして水木は真顔でいいました。
「おまえ、子どもは大変だぞ」
 そして西宮時代のときのことを話しはじめました。西宮で兄家族と同居したと 跳がよく泣いて大変だったというのです。カンの強い子だったのでしょう。火が 泣き出すと、大人は手も足も出なかったとか。
「おれは、子育ての大変さを実感しとる。おまえには、それがわかっとらん。」
「大丈夫よ私だって、子だくさんの家に育ったんだから、妹ゃ弟、甥っ子の世話だってしたことがあるもん。わかってます」
「その上、うちは貧乏だ」
「いくら貧乏だって、なんとかなーわね。それに、私もお父ちゃんも年をとっていて、この先、また授かるかどうかわからんもん。せっかく授かったもんだから、私は産みますけん!」
 私がキッパリいい切ると、水木は、だまってうなずきました。


  そんなやりとりまであったんやな。

  しかし、いくら貧乏でも、酒や博打をするわけでもなく、毎日毎日、体をねじり左肩で原稿を押さえながら(左腕が無いから)、身を削るようにして描き続ける水木先生の背中を見ていて「この人の努力は本物だ」と思っておられたとのこと。


  その後、少年マガジンなどにも連載できるようになり、家計的には一息つかれるわけですが、その後の浮き沈み、そしてまた忙しさゆえの家族不和も経験されたそう。

  しかし、最晩年はみなさんのご存知の通り、多くの人にリスペクトされ、境港の「鬼太郎ロード」のプロジェクトも大盛況になり、今でも多くの方が訪れる観光資源になっておられます。

  で、何度もご夫婦で安来や境港を往復されるようになった。
  昭和35年頃とは隔世の感がありますね。

  そして訪れられたおりに、島根半島に沈む夕日を見ながら布枝さんが言ったのが
 「終わりよければすべて良し」

  ほんとそう言えるようにしたいな。




posted by kingstone at 22:30| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

ヒトラーとは何か セバスチャン・ハフナー著 4章




ヒトラーとは何か セバスチャン・ハフナー著 4章







 著者は、書く。
 多くの人はヒトラーは直感の人であり、一貫した世界観を持っていたと認めないことが多い。しかし本当は一貫した世界観があり、それのどこが間違っていたかをわかっておく必要がある、と説く。「それはヒトラーだ!」と触れることにも避けるような態度だと、どこが正しくて、どこが間違っていたかがわからなくなると。

 納得です。
 私の周囲では2000年より以前は「自閉症」という言葉は「忌み言葉」であり、だから周囲の人たちは何も学ばず、その強みはもちろんだけど、弱みについても全然理解しなかったものなあ。忌み言葉、触れてはいけないもの、にしてしまってはいかんよなあ。


 まずは
「優勝劣敗の絶えざる闘争」
「優越した人種による支配」
「その優越した人種がドイツ人である」
「ゲルマン民族至上主義」

 しかし種という言葉には「偏見としての意味(ドイツ人が優れている)」
と「公平な分類としての意味」の2通りの意味があり、ヒトラーはごっちゃにして使っている。

 またヒトラーには「白色人種」「黒色人種」「黄色人種」などの違いには興味が無かった。「白色人種」同士の戦いに興味があった。「アーリア人種」と「ユダヤ人種」の戦いである。これは互いの根絶戦争になると考えていた。

(って、ユダヤ人というのか、ユダヤ民族って、ユダヤ教徒であるいろんな人種がいたと思うが・・・)


 また「民族」と「種」の使い方もごっちゃ。

 そして同一民族の中でも優勝劣敗の原則があり、精神障害者や他の障害者の断種や抹殺をした。

 しかしヒトラーは自分の「反ユダヤ主義」が世界で支持されると考えていたのだが、彼の若い頃の東欧にしかそういった考えはなく、西欧諸国ではほとんど支持されなかった。

(私は「屋根の上のバイオリン弾き」の話があるからロシアの反ユダヤ主義もきつかったのだろうと思っていたけれど、これも東欧から来ているというのは他の本で読んだのかな?)




posted by kingstone at 22:58| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

ヒトラーとは何か セバスチャン・ハフナー著 3章







ヒトラーの成功は1930年から41年の12年のあいだに集中している。

1923 ミュンヘン一揆、クーデター失敗
1925 党を作ったが伸び悩み

1930 国会選挙で8倍の票を獲得
1932 得票数、さらに倍増
1933.1 ヒトラー首相誕生
1993.7 すべての野党解散
1934 ヒトラー大統領兼務、国防軍総司令官就任、全権掌握
1935 ヴェルサイユ条約破棄、徴兵制復活
1936 ロカルノ条約破棄、ラインラント進駐
1938.3 オーストリア併合
1938.9 ズデーテン地方併合(イギリス、フランスは積極的承認)
1939.3 ボヘミア、モラヴィアを保護領化、メーメル地方占領
1939.9 ポーランド制圧
1940 デンマーク、ノルウェー、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク占領、フランス制圧
1941 ユーゴスラヴィア、ギリシャ占領

 ハフナーさんは、ヒトラーの成功の時代は強力な敵とは戦わなかった、とのこと。

 ワイマール共和国は1918年に成立した時から倒れようとしていたし。

 1918年11月の革命で、皇帝が逃げ出し、権力が転がりこんだけれど、その流れに乗ろうと暴力革命を企図した左翼(共産党とか)とは喧嘩し(左翼が暴力デモを企画し鎮圧)、お互い攻撃しあい、右翼はもともと軍・官僚機構の中で攻撃しようとしていた。

1925年、軍の「英雄」ヒンデンブルグが大統領になったことで、右翼も少し協力的になった。

1928 一時的に社会民主党政権。

 これに危機感を覚えた「政治将軍」シュライヒャーがブリューニングを担ぎ出し、「議会政治」でなく独裁に近い「大統領緊急令」による政治運営をする。これがヒトラーの強い権力に続いていく。

 1930年から1934年まで、ヒトラーの敵は右翼であり、左翼はとるに足りなかった。また、右翼から見れば、ヒトラーは左翼だった。(確かに「国家社会主義ドイツ労働者党」の党首だもんな)


posted by kingstone at 22:28| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

ヒトラーとは何か セバスチャン・ハフナー著 1〜2章




 後書きによると、著者のセバスチャン・ハフナー(1907年12月27日 - 1999年1月2日)はジャーナリスト。
 ヒトラーと同時代人。
 でついでに訳者の後書きから引用。

 本書ではアドルフ・ヒトラーという難間中の難問を解くための基本公式が示される。たとえば「ヒトラーを不用意に右翼政治家に位置づけてしまうのは禁物だ。彼はあきらかに……左翼政治家のタイプだ」。あるいは「ヒトラーはいまだに多くの人びとのあいだで、ただの日和見主義者、直感頼みのはったり政治家とされている。だがそれはまことに探究心の足らない人たちの思いこみである……彼が考えだした理念は、細部はあらが目立つものの、本質としては筋の通ったひとつの体系をなしていて、まさにマルクス主義的な意昧での『理論』を形成していた」。また「ヒトラーをファシストなどと呼ぶのは、まちがいもはなはだしい。ファシズムというのは上流階級による支配であり、大衆の熱狂を作為的に生みだして、自分はその上にあぐらをかくのである。ヒトラーも大衆を熱狂させはしたが、けっして大衆を離脱して、上流階級にのし上がろうとはしなかった」


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 まず当時の状況の復習。



1918.9.29 参謀総長ヒンデンブルク
       参謀次長ルーデンドルフが政府に
       アメリカの収拾案を飲むように通牒を送る
1918.11.4 キール軍港の反乱「労兵協議会」
       次々と他都市でも「労兵協議会」ができる
1918.11.7 ミュンヘン革命
1918.11.9 ベルリン革命。エーベルトが首相に。
1918.11.10 ヴィルヘルム2世オランダへ亡命。
       ドイツ帝国倒れる

社会民主党は、マルクス主義政党ではあるが、前年のロシア革命を見て革命(社会の混乱)を嫌っていた。

1918.11.11 エルツベルガーが仏のフォッシュ元帥の前で休戦条約調印
1918.11.12 政府が施政方針宣言
       「革命から生まれた政府は純社会主義政策をとり・・・」
       から始まるが、その後出て来る具体的プログラムは特に社会主義的というわけではない

・戒厳状態の廃止
・集会結社の自由
・検閲の廃止
・戦時中停止されていた労働者保護法の復活
・社会政策の一層の拡充
・近い将来における8時間労働制の施行
・選挙規定(つまり民主主義的選挙)

 社会主義の定義って何だろうとあらためて思う。
 共産主義にしたって・・・今の中国、北朝鮮、ヴェトナムあたりは自分達のことをどう言っているのだろう。
 私から見ていると「独裁」「一党独裁」という権力のあり方が目につくのだけれど。
 昔のソビエトもそんな感じだったな。

 まあ当時のヨーロッパ(他の地域でもか)では、貴族や資本家と労働者階級は、比喩でなく「殺るか殺られるか」の関係だったのだろうけど。

 そしてヒンデンブルクを初めとした軍人(ヒトラーも)は、
「戦争(第一次世界大戦)には勝っていたのに、革命のせいで負けた」
と思っていた。

 なお、林氏は現実には戦争でも負けていたと書いてる。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 なお、上記最後の点はハフナー氏も

 つまり彼は、革命が起きたから戦争に敗れたと考えていたが、それはあやまりで実際には戦争に敗れたから革命が起きたのである。だが多くのドイツ人と同様、ヒトラーもこの点をとりちがえていた。

と書いてはる。

1919年9月12日 ドイツ労働者党 (DAP) に入党
1920年2月24日 大集会で初めて演説し大成功をおさめる

1930年代中盤から後半にかけての奇跡について

 ヒトラーが首相になった1933年1月、ドイツには600万の失業者がいた。わずか3年後の1936年には完全雇用が実現されていた。悲惨な困窮に泣きくずれていた人びとが、つつましくも心地よい繁栄を実感するようになったのである。なすすべもなく希望もなくうちひしがれていた人びとの胸に、信頼と自信がよみがえった。これは重要なことだった。

 さらにすばらしかったのは、不況から好況への転換が、インフレもなく、賃金や物価が安定したままになされたことだった。これはのちのルートヴィヒ・エアハルトには、とうていまねできなかった。

 ドイツ国民はこの奇跡を前にただ感謝感激するばかりだった。1933年以後ドイツの労働者たちは社会民主党や共産党を離れ、大挙してヒトラーにくらがえした。このときドイツ国民が抱いた感謝の念がどれほど大きかったかは、どんなに想像してもあまりあるほどだ。この感謝の思いが1936年から38年のあいだ、ドイツの世論を完全に支配していた。

 あいかわらずとトラーを拒絶する者はいたが、そのような者たちは粗探しの不平屋として片づけられた。「あの男には失敗もあるかもしれない。だがともかくおれたちはあの男のおかげで仕事にも.バンにもありつけたんだ」。1933年当時ヒトラーの反対勢力として社会民主党や共産党を支持していた者たちでさえも、この何年かのあいだにすっかり目の前の奇跡に魅せられていた。

 1930年代のドイツ経済の奇跡は、ほんとうにヒトラーの功績だったのか。異論をさしはさむむきもあるだろうが、そのとおりだといわざるをえない。まったくそのとおりだったのだ。

 ヒトラーは経済学にも経済政策にも素人だった。経済の奇跡をもたらした1つひとつの着想は、火牛が彼によるものではない。とくに危険をおかして資金の調達をやってのけたのは(これこそはすべてを左右する離れ技だったが)、それはヒトラーではなく、財政の魔術師と呼ばれたヒャルマール・シャハトであった。

 だがシャハトを起用したのはヒトラーにほかならない。はじめ国立銀行の総裁に抜擢し、次に経済相に任命した。さらにそれまで頓挫を繰り返してお蔵入りしていた経済再建計画を、ふたたびもちだして実行させたのもヒトラーだった。税手形やメフォ手形(訳注・一種の偽装国債。国立銀行が保証するかたちでダミー会社の手形を発行))を考案して資金を調逢し、勤労奉社団をかりたてアウトバーンを建設して雇用拡大をはかったのである。

 彼は経済通などではなかった。ほんの寄り道のつもりだった。まさか経済危機を乗り越えて、大量失業を克服することによって権力の座につくことになるとは思ってもみなかった。そんな課題はまったく織り込まれていなかったのだ。1933年まで、彼は経済のことなどほとんど考えたこともなかった。だが正念場を迎えて、経済が肝だと瞬時に悟る政治的直感が、この男にはそなわっていたのである。


 なお、ユダヤ人排斥については、東ヨーロッパでは激しかったが、ドイツはヒトラー以前は融和策をとろうとしていて、だから上記の「あの男には失敗もあるかもしれない・・・」という点について多くのドイツ人は「彼のユダヤ排斥は困ったものだけど、経済は彼が建て直してくれたから・・・」と思っていたそう。




posted by kingstone at 00:18| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 磯田道史著





「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 磯田道史著

 だいたい司馬遼太郎さんを称揚すると歴史を勉強している人からは苦笑されたりすることがあるみたい。

 また先日、私のTLでも

歴史を学ぼうと思ったら
「司馬おじさんの言うことを信じてはいけない。
 本居おじさんの言うことを信じてはいけない」

みたいなツィートが流れてきました。

 言わんとされてることはわかります。なんと言うか、もちろん史料も読んではるけど、小説だから自分の想像で書いてる部分が大きいのだから、みたいなことだと思うのですが。論文じゃないのだし・・・

 磯田さんは始めの方で

 司馬さんは、ただの歴史小説家ではありません。
「歴史をつくる歴史家」でした。

 と書いてはります。
 これ、めっちゃわかる。
 その他の「歴史をつくる歴史家」としてあげてはるのは

小島法師「太平記」(これで楠木正成が一躍スターダムにのしあがった)
頼山陽「日本外史」(尊皇攘夷の気運を盛り上がらせた)
徳富蘇峰「近世日本国民史」(国民国家日本の成り立ちを認識させた)

で、これらに続くのが司馬さんであると。

 実際、私、高校の時、日本史が面白くなくて10段階中の1をとりました。要するにまったく勉強する気も起こらなかった。で、受験のさいにも勉強しなくちゃなんない、けどする気にならない、ということで困っている時に「花神」とか「龍馬が行く」とか読み出して、そこで面白くなってどんどん勉強するようになったもんな。

 そういう「面白さ」がある。
 で、近所に住む親戚のおじさんとかで、こんなふうに日本史を語ってくれる人がいたらいいのになあ、と思ってました。

 で、当然史実と違うことも書いてあるのはまあ仕方が無いんじゃないかと・・・


 それから磯田さんが注意喚起しているところで面白いのは、主人公は旧来の日本人の平均的な姿から外れた人が多いし、それが人気のひとつの原因だけれど、

 ここで注意していただきたいのは、それを読んでいる大多数の人が、多分に家康のような権力体を生み出す一般的な日本人だということです。従来の権力ともしなやかに折り合うためには、時に我慢も必要です。だからこそ、信長や龍馬のような日本人離れした存在に痛快さを見出すのです。

 このあたりもよくわかる気がする。


 あと、日本が進路を間違える大きなきっかけとして、日比谷焼き打ち事件を上げてはります。

 日露戦争は「ぎりぎりの勝利」であり、小村寿太郎はその中でできる限りの講和条件を引き出したが、そのあたりの「本当のところ」は国民に伝えるわけにはいかない。伝えればロシアに足下を見られ、値切られてしまうから。そのため「俺たちゃ大勝利したのだからもっと利益を寄こせ」と国民が暴走したのが日比谷焼き打ち事件であったと。

 また軍備も縮小すべきであったのに、維持し、軍が大きな力を持ち仮想敵国としてアメリカまでを想定するようになった、と。


 なんか「日本が一番」「日本が正統」みたいなテレビ番組の多さと、人種的なヘイトスピーチがネットで平気で出されてくること、とかを考えると、気をつけないとな、という気分になります。

posted by kingstone at 23:39| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする