私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2019年11月08日

映画「たちあがる女」 ハルドラ・ゲイルハルズドッティル主演






ーーー ネタバレ ーーー

 アイスランド・フランス・ウクライナの協力で作られた映画?

 環境問題のために、鉄鋼会社と戦う女性?

 なんか中国資本が入ることに反対、ってのもあったみたいだけど。

 アーチェリーで糸を高圧線の上を飛ばし、端に鉄ロープをつけ、ロープを架線にかけてショートさせたり、最後は爆薬で鉄塔を爆破したり・・・その後、ヘリやドローンから逃げるのがプロ・・・(えっ笑う映画じゃないのか?)

 氷河に隠れたり、氷河から流れる川にもぐったり(めちゃ冷たいはず)。

 ラストで乗ったタクシーの運転手さんが「犯人は、イカレたアーティストだったらしい」と言ってましたが、私だってそう思うな。

 しかし、アイスランドは緯度が高いせいか、高度の低いところでも荒涼とした土地が広がっていますね。

 氷河だって、そんなに標高が高いところとは思えないし。

 そういうところに観光に行ってみたい。


 ところでアイスランドと言えば「キミのお金はどこに消えるのか 令和サバイバル編」で取り上げられていました。


 金融立国をしていて、2008年のリーマンショックで経済が破綻し、IMFがお金を貸した。
 で、IMFがお金を貸せば「緊縮財政にして増税しろ」と言ってくる。
 どんな方針でやっていったらいいかアイスランドが悩み、国民投票などもやって出した結論は

1.銀行は救わない
2.政府はお金を使わず増税した
3.医療と教育には優先的に支出した
4.消費税を上げた(インフレ率が大きかったから)

 で、医療と教育は政府支出乗数(出したお金がどれだけ増えて戻ってくるか)が3と高い。
 これらの結果、アイスランドの経済は大回復した、とのこと。

 Wikipedia ではあと大きく「クローネ安」になったので、水産物(他の工業製品なんかもだな)が輸出しやすくなり、観光客が増えたということも書いてあった。

 ほんとアイスランド、行ってみたいな。






posted by kingstone at 00:10| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

映画「マイ・ブックショップ」 エミリー・モーティマー主演




 久しぶりにパルシネマ新公園(湊川)の2本立てを観に行きました。

 体力的にもつかどうか不安でしたが、今日のだったらいけました。


ーーー ネタバレ ーーー



 1959年(昭和34年)のイギリスの東海岸の寂れた町の話。

 この時代でも、地元の権力者のパーティーでは、鹿鳴館か、みたいな服装で集まってたんやね。

 で、町1番の権力者夫人が銀行も弁護士も手綱を握っていて、主人公が本屋を開いた家をいろんな嫌がらせをして自分が手に入れようとする、そして主人公は追い出される、という話だったりします。

 今だったらどうだろう?

 嫌がらせされなくても、もう小さい書店はつぶれまくってます。

 主人公はやっていけただろうか?





posted by kingstone at 23:35| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

覚えておきたい、ニセ科学リストより 名前のみ



という記事を見つけました。

面白い。

私の知らない名前もありました。
興味を持たれた方は、記事に簡単なそして大事な解説が書いてありますが、それぞれの名前のみを抜き出してみました。
でも元記事には、「その中でこの部分は科学、あるいは意味あるかも」とかいうことも書いてあるので、ほんと元記事を読んでください。

まあ、でも一般的にはこれらの言葉が出てきたら、インチキと思って良さそうです。

医学系

ホメオパシー
予防接種有害論
千島学説
経皮毒
デトックス
白金ナノコロイド
血液サラサラ
血液クレンジング療法
ゲルマニウム
癌克服術
ミラクルエンザイム
ゲーム脳

科学系

水からの伝言
マイナスイオン
トルマリン
機能水ランドリーリング
燃費改善
EM菌
オーディオ(マニアの世界)
永久機関
水から作る燃料
「相対性理論は間違ってる」論
血液型と性格の相関
ID論(インテリジェント・デザイナー説)
フリーエネルギー
スカラー波
七田式右脳開発トレーニング
ドーマン法
キルリアン写真

陰謀系

アポロ陰謀論
9.11陰謀論
ケムトレイル

歴史・考古系

与那国海底遺跡
神々の指紋

オーガニック系

ビオディナミ
マクロビオティック

精神世界系

波動
高次元
ZPF(ゼロポイントフィールド)
フォトンベルト
ポールシフト
グランドクロス・惑星直列



 ドーマン法ってのは、理学療法士のドーマンさんが、肢体不自由のお子さんや、自閉症のお子さんに対して、「思いつき」で個体発生系統発生を繰り返す」なら系統発生を原始から辿ればいいのじゃみたいな理論(思想だな)を出し、例えば爬虫類のポーズとして、お子さんの四肢を他の人たちが爬虫類のように動かす(もちろん本人の気持ちなどには関係なく)、とかいろいろやってはりました。
 神戸にも(神戸だけ?)拠点がありました。
 肢体不自由養護学校時代に「親こそ最良の医師」という本を読みました。
 いいアイデアもいろいろあり、例えば「傾斜板」というのは前進する方向が下がっていれば、少しの力で前進できるよね、というもので単にベニヤ板があれば後ろの部分を適当な高さの物の上に置けばできるので、私もベニヤ板をきれいにして利用していました。
 でも、めちゃ危険なことや、本人、親御さん、ボランティアさんに負担をかけるので、「やめといたほうがいいよな」と思っていました。
 自閉症のお子さんに対してはまったく意味が無いんですけど、やられていた方はおられましたね。










posted by kingstone at 09:36| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

映画「蜜蜂と遠雷」 松岡茉優主演




 私は原作は未読です。
 でも妻によるとかなり違いがあるみたい。

 私は原作未読なだけに、素直に楽しめました。

 やっぱり本を読もうとすると、一定の時間、能動的に読む、ということが必要ですが、映画だと映画館内で座ることを半強制され、映像で話が進んでいくので受動的でもいいというところがいいですね。それが本より高いお金を払う価値やな。

 2週間は映画ランキング10位に入っていましたが、今週の映画ランキングでは圏外になってます。
 マイナーなんだろうか?

 今日の16:20からの回、そこそこ入ってましたけど。
 でも、もう1日に3回しか上映してもらえなくなってますね。

 高島明石役の松坂桃李さん、やっぱり男前やねえ・・・
 あと風間塵役の鈴鹿央士君、ええ味出してた。
 でも鈴鹿君、映画のエキストラしてて広瀬すずさんにスカウトされて芸能界に入ったってすげえ運やな。

 なんか出てくる人(主役級の人)たちがライバルだけど仲良し、という感じがとても良かった。
 今のラグビーワールドカップの選手のみなさんを思い起こすな。





posted by kingstone at 23:40| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

殿様の通信簿 磯田道史著




「土芥寇讎記(どかいこうしゅうき)」という本、Wikipedia には「編著者名や製作された目的もいまだ不明」と書かれていますが、磯田さんは
東京大学資料編纂所の金井圓教授(当時)の

@おそらく幕府高官が隠密の「探索」に基づいて書いた

という説を紹介してはります。
で、詳しく各大名の行動や人物評を記録してまとめたものなわけ。だから「殿様の通信簿」というわけね。その中のいくつかを、他の資料と突き合わせて解説して下さってます。

水戸光圀

 黄門様ですね。
 江戸時代が進むにつれて、殿様というのはどんどん城の奥に閉じ込めらた生活を強いられていくようになります。で、黄門様は諸国漫遊こそしなかったものの、お城から出て「悪所に通い」と書かれてたりします。でも、国を治める姿勢などは褒められている)。

 で、黄門様はすごく勉強好きでプロを読んできてはやり込めてしまうのが趣味みたいな人。だからいろいろな人と交流をしたい。でも城の奥にいてはそういう人たちを呼べない。呼んでも親しく口をきくというわけにはいかない。

 当時の遊郭は文化サロンとしての面があり、芸術家、思想家などと交流するためには
遊郭に行くしかなかった。だから「悪所に通い」ということになったようです。

 で、「悪所通い」→「城から外に出る」→「諸国漫遊」というところまで話が盛られていったのかな?


前田利家から三代

 加賀百万石は知ってたけど、それが前田家とは知らなかった(私はそちら方面には暗い)。

 で、もし徳川家康に代わって天下をとれるとしたら、それは前田利家、と言われてたんですね。さすが百万石。しかし時代は関ヶ原から大阪冬の陣、大阪夏の陣を経て家康の基盤は盤石になっていく。

 二代目前田利長は、「お家のために」ということで金沢城から出て、家康から医師を送ってもらい(つまり情報が丸裸になり、かつ毒を盛られても良いというわけ)、そしてどうやら本当に毒を(自分で)飲んで亡くなったみたい。徳川には逆らいません、というわけ。

 三代目前田利常は、家康の孫が3歳の時に輿入れして来て、夫婦仲は良かったと。でついて来た乳母がまあスパイというか・・・

 で、乳母は夫婦仲が良くてキャッキャウフフとやってたら、姫様を叱るような人で、ついには利常にも合わせないみたいなことをし、姫様が死んじゃった。

 そしたら国に号令をかけ蛇を集め乳母を蛇責めにしようとした。
 これは4尺四方の箱に蛇をうじゃうじゃいれ、そこに丸裸にした罪人を入れ、酒をそそいで蛇の動きを活発にさせるというもの。
 まあ、実際にはさてやろうと引っ張って来ようとしたら、自害して果ててたらしいですけど。

 まだまだ怖いことが普通にやられていた時代なんですね。

posted by kingstone at 18:17| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする