私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2019年01月15日

映画「アリー スター誕生」ブラッドリー・クーパー監督・主演 レディ・ガガ主演





 良かった。

 もちろんファンタジーだけど・・・

 私は時々、めっちゃ甘の恋愛映画を観に行きたくなるのですが、そういうのにピッタリ(?)



ーーー ここからめちゃネタバレ ーーー

 パンフに松任谷正隆さん(由美さんと一緒に行ったとか)が感想を書いてはるのですが、

 最初出会って、駐車場で少し話をし、翌日(というか朝別れてその夜)ライブで一緒に歌い、そこからアリーが大人気になっていくというようなサクセスストーリーは「あり得ない。ファンタジーだ」と思いつつ「しかし感情はリアルだ」とも思った、という言葉につきると思います。

 しかも奥さんが大人気歌集になるという、もう松任谷夫妻そのものじゃないか、という・・・

 また私の興味関心の分野から言うと

・自己実現
・アルコール、ドラッグ依存
・感音性難聴

とかのテーマもある。

 で、すごく短いストーリーに完璧にまとめるため、依存症治療の病院(入所施設)から出てきた後、アリーのマネージャーからプライドをズタズタにされることを言われ、ジャック(クーパー)はスリップして自殺しちゃいます。

 でも、私としては、スリップして、アリーからも見捨てられて、しかし西原理恵子さんちの鴨ちゃんみたいに復活して最後は幸せに暮らしました、というふうになってくれたらな、とは思いました。

 でもそれだとものすごく長くなるだろうなあ・・・

 物語としてはまとまらないだろうな。

 人生は長い・・・

 なお、アリーはウェイトレスをしていて、しかし大きな家に住めてるな(日本で言えば)と思ったら、アリー、アリーの父、その他の(血縁は無いだろう)大人3人と暮らしてました。シェアハウス(というか高齢者用グループホームって感じもある)だな・・・アメリカでは最近そういう例があるのかな。

 この映画は3年かけて作られたそうです。
 で、でめっちゃ「ラヴストーリー」なのだけど、今の目線で見ると、ひとつ間違うと「MeToo 案件」「セクハラ案件」だよな・・・

 ジャックの感音性難聴が進んでいくことがストーリーに大きく関係している。
 医師からは残存能力を生かすために補聴器をつけることを勧められている。
 で、ジャックの兄のボビーが「つけようとしない」とかブツブツ言いながら持って来たのがポケット式補聴器なのだけど・・・

 演奏する立場でそれはないのじゃないか、と思った。
 補聴器には

ポケット式
耳かけ式
耳穴式

 の3種類があるけれど、せめて耳かけ式、また最近のでかい舞台で演奏するバンドミュージシャンは耳穴式の「モニター」をつけてる。
 ジャックは大金持ちなんだから、すごくフィットする補聴器(モニタ兼用)を作って利用できる立場じゃないかな・・・
 まあそういうものに拒否感がある、ということかもしれない。







posted by kingstone at 00:06| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

はぐれ者、一匹狼、・・・の和訳



 昨日の「シンゴジラ」の放送である方が「これを英訳」とつぶやかれていたので、Google 翻訳にかけた結果がこちらです。

 だいたい、合ってそう。

はぐれ者 Strangers
一匹狼  A lone wolf
変わり者 Oddball
オタク  Geek
問題児  Problematic child
鼻つまみ者 Nose snatch
厄介者  A nuisance
学会の異端児 The heresy of the Association

 鼻つまみ者がちょっと違うかな?


posted by kingstone at 22:22| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

生きづらい明治社会 松沢裕作著


生きづらい明治社会 松沢裕作著

大隈重信
(第4代大蔵1873年10月25日 - 1880年2月28日)
インフレ政策をとった

1876 士族の反乱始まる(薩長政府をあわよくば転覆させうる、と考えていた)
1877 西南戦争。戦費が膨大に必要に(この前後士族の反乱がたくさん)
    政府は人気を取る必要があり、地租を3%から2.5%へ。
1881 明治14年の政変で大隈は政府を追われる

    生糸はそれまで価格が上がり続け、それが続くと考えた農家は設備投資。

松方正義
(第6代大蔵卿1881年10月21日 - 1885年12月22日)
デフレ政策をとった

 しかしデフレで価格が下がり、つぶれる農家続出。ここで地主と小作、そして都市へ流出する農民と別れる。

 江戸時代は村請制度があり、流出は防がれていた。また一時的な借金は繰り延べられることが多かったが、明治の地租改正により「村」が税を払うのではなく「個別の農家」が払う形に変わっていた。

 農家の昔からの考え方と、「お上」(江戸幕府や藩から明治政府へ)の考え方にずれがあった。

1883〜1885 負債農民騒擾(ふさいのうみんそうじょう。(そうゆう、と読むのかと思っていた)例、秩父困民党事件

 どういう点が大隈重信のインフレ政策はまずかったのだろう?
 現在、「反緊縮」の声も大きくなってきているのだが。

1894 日清戦争勃発
1895 日清戦争勝利

    勝利し、賠償金を得たが、余計に軍費調達の必要に迫られる。
    というか強兵政策に完全に向かう。

1899 地租が2.5%から3.3%へ(賠償金では足らなくなる)
1904 日露戦争勃発
1905.5ポーツマス条約(日露戦争終結。民衆は「勝った!」と思っていた。
1905.9日比谷焼き打ち事件(都市民衆騒擾)

    この時は、集会主催者は騒擾を起こす気は無かった。
    しかしこの後は集会を主催する者は騒擾を期待するようになっていった。


1918 米騒動(戦前最後の都市民衆騒擾?)


    都市民衆騒擾をしていた者たちは都市下層の若い男性。
    社会規範とされていた「戸主としての男」の役割(通俗道徳)を担えなかった鬱憤?
    
都市民衆騒擾で倒れた内閣。
1913 桂太郎内閣
1914 山本権兵衛内閣
1918 寺内正毅内閣

posted by kingstone at 23:29| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

戦争体験と経営者 立石泰則著




戦争体験と経営者 立石泰則著

とりあげられている経営者を簡単に紹介。

堤清二 西武流通グループをつくる。

 成城高校理科に在学。理系のせいで(?)招集されず。
 帝都防衛隊で班長。その指示で班員が各地区に行くが死んだ者もいる。
 空襲で死体が転がっている様子を見た。
 後に経営には失敗。


中内功 ダイエー創業者。

 旧制神戸高商(現兵庫県立大)卒。
 昭和18年1月招集。ソ満国境の関東軍独立重砲兵第四大隊。
 昼は訓練、夜は上官からのビンタ。
 昭和19年7月。フィリピン、ルソン島へ。
 しかしその時点で主力はレイテ島へ移っていた。
 昭和20年1月にルソン島は3日で陥落。
 飢餓の中「弱った者は食われる」という恐怖、暗闇の恐怖におびえながら生き延びる。
 それが阪神淡路大震災の時の素早い対応(官邸の3時間前)、「一晩中電灯は点け続けろ」という指示につながる。
 (もちろん停電のところは無理だったろうけどね)
 また関西財界セミナーでの当時の議長、住金の日向放斎への意義申し立てにつながる。
 後に経営には失敗。


 著者は堤清二さんと中内功さんを比べ、堤さんは戦地に行ったことがない分甘い、みたいな評価と見えるけれど、それは比べようのないものだとは思う。


加藤馨 ケーズ電気創業者。
    (2代目も息子の加藤修一さんだからCMが加藤茶だったのかな)

 父の死で師範学校進学をあきらめ、職業軍人の道へ。
 暗号技術の取得を命じられ研修後隊長づきとなる。
 ノモンハン事件を後方で隊長に状況を伝える。
 そのためどれだけの圧倒的敗北かを知ることになる。
 その後も通信技術などを学び、現場と中央の認識がどれだけ乖離しているか、どれだけ人の命を使い捨てにしているかを知ることになる。
 敗戦後、ラジオの修理からはじめ、明朗会計に徹したことで繁盛する。
 高度成長期は系列店の時代で、独立する社員が多かったが、
 多くが失敗することを憂えて「カトー電気で定年まで働いたら財産ができる」組織にするために

・株式会社化
・社員を一度全員退社させ退職金を払い、それで新会社の株を買ってもらう
・加藤氏親族の持ち株は計50%とする(経営の支配権を放棄)
・モットーは「頑張らない経営」

 体力の衰えを感じた加藤氏は65歳で社長を譲る。
 現在のケーズホールディングスは、会長も社長も加藤一族外である。
 買収もされなかった。(ベスト電気やコジマ電気は買収された)


塚本幸一 ワコール創業者。

 昭和15年12月入営。
 インパール作戦に軍曹として参加。
 小隊55人のうち、生き残ったのは3人。
 敗走中、湿地帯に橋がかかっていると見えたのは先にたどり着いて、しかし死んだ日本兵のつらなりだった。それを踏み対岸に渡った。
 「生かされている」という思いが強くなる。
 敗戦後、アクセサリーから始まり、下着を作り売るようになり大成功を収める。
 しかし昭和37年の賃上げ交渉がもつれ危機に。
 その時、塚本さんは腹をくくり、以下の提案をする。

・遅刻早退私用外出の全てを社員の自由精神に委ね、これを給料とも、人事考課とも結びつけない
・労働組合の正式の文書による要求は、これを100%自動的に受け入れる

 役員会で「そんなことをすれば会社はつぶれます」
 塚本「その時はしょうがない。つぶそう」

 ただ商業高校の友人でもあった財務担当の中村さんは反対しつつも「すぐに実行するのではなく、2ヶ月かけて、塚本が現場に説明する」という約束をとりつけたって。これ大事やろな。

 なお、この決定を伝えられた時、労組執行部の人がびびって「100%自動的に受け入れる、というのは2〜3年待って欲しい」と言いに来て、塚本さんはすごく怒ったって。



  堤さんは、転がっている死体を見ても平気になっていく様子を「正常な感覚が麻痺してくるのだ」とおっしゃたらしいけど、「麻痺」だろうか?
 何が正常なのだろうか?

 たぶん、人間、周囲に流されて、自分の周りが正常だと思ってしまうのじゃないだろうか。

 威嚇と暴力の蔓延している知的障害養護学校でそれが当たり前になっていく、責任感の強い愛情豊かな人がそうなっていく様子を体験したものとしては、それこそ「人間らしい姿」じゃないかと思う。

 しかし不思議なのは、同僚には威嚇と暴力で対応しないし、それどころかすごくいたわる言葉をかける人たちだったんだけどね。

 私も、戦場に連れて行かれたらきっと人を殺したり、ひどいことをしたりするだろうな、と思う。
 養護学校では「反対」という意見表明ができたけど。

 それだけに「戦争」になる状態にしたらいかんのだろうな、と思う。
 そして、「教育」によって、本来は人間として当たり前な「攻撃行動」に出ないような、知識・技術の獲得が必要になるのじゃないだろうか。


 なお、満州から逃避行中に「泣き声を上げる赤ん坊」への周囲からのプレッシャーである日「今から俺は鬼になる」と言って、話し手の親戚である父親が、赤ん坊を連れて行き、手ぶらで戻って来て「俺はもう人間じゃない。鬼だ、鬼になったんだ」と叫んで身動きできなくなったというエピソードを語った人が出てくる。

 その方はその季節になると、その夢を見て飛び起きると、語られていた。

 私も、学校でよく暴力を使っていた先生の夢を見て「やめろ!」と叫びたいのに叫べない、という夢を見て何度も飛び起きていました。妻によると、実際には叫んでいたことが何度もあったようです。
 
 なお、この本を出版するにあたって、塚本幸一さんのことが書かれてあり、塚本さんは日本会議の初代会長であったことをもって疑義を呈されることがあったそう。しかし塚本さんは「生かされた」という体験からもともと宗教的なものにも関心が高く、その一事をもって云々するものではなかろう、ということでそのまま出版されたとのこと。

 私はそれは嬉しいし、とても良かったと思います。


posted by kingstone at 23:36| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

計算の演習問題「席替えで君が隣に来る確率は?」  蒼




から


計算の演習問題「席替えで君が隣に来る確率は?」  蒼


 AB CD EF GH 
1□□ □□ □□ □□
2□□ □□ □□ □□
3□□ □□ □□ □□
4□□ □□ □□ □□
5□□ □□ □□ □□

 上に黒板が来るとします。
 みんな上を向いているのね。
 また「隣」は間に通路があってもいいと考えます。
 前後は入れない。

 40人学級の場合など、一度によー考えないので、まずは


1クラス、2人の場合
 AB 
1□□
詠み手(「私」とする)と「君」しかいないから、確率は1


1クラス、3人の場合
 AB C
1□□ □
私がA1に座っている時、君が隣に来る場合は○か×
私がB1に座っている時、君が隣に来る場合は○か○
私がC1に座っている時、君が隣に来る確率は○か×
6つの場合のうち4回は隣にくるから 4/6 = 2/3


1クラス、4人の場合
 AB CD
1□□ □□
私がA1に座っている時、君が隣に来る場合は○××
私がB1に座っている時、君が隣に来る場合は○○×
私がC1に座っている時、君が隣に来る確率は×○○
私がD1に座っている時、君が隣に来る確率は××○
12この場合のうち6回は隣にくるから 6/12 = 1/2


簡単に式でやっていけそうだけど、まだわからなくて、同じことをもう少し続けないとわからないな。

 これでいいのか?と思ってたらやっぱり間違っていた。

僕を@、君をAとし、あと続いてB、C、D・・・と続けていくと

2人
@A
A@
だから確率1

3人
@AB ○
@BA ×
A@B ○
B@A ○
AB@ ×
BA@ ○
4/6 = 2/3

4人
@ABC ○
@ACB ○
@BAC ×
@BCA ×
@CAB ×
@CBA ×
A@BC ○
A@CB ○
AB@C ×
ABC@ ×
AC@B ×
ACB@ ×
B@AC ○
B@CA ×
BA@C ○
BAC@ ×
BC@A ○
BCA@ ○
C@AB ○
C@BA ×
CA@B ○
CAB@ ×
CB@A ○
CBA@ ○
12/24 = 1/2

これを何とか式に表さないと数えてられない・・・
posted by kingstone at 05:14| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする