※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2024年06月28日

『精神疾患をもつ人を、病院でない所で支援するときにまず読む本 ー ”横綱級"困難ケースにしないための技と型』




 筆者は、現在訪問看護の管理者をしておられる。

 経歴が面白くて、勉強が嫌いで中卒でバイト生活。しかし友達の高校生活が楽しそうでうらやましくて定時制高校へ。在学中に勧められて精神科病院に就職。高校卒業後に准看護師、その後正看護師、そして・・・という流れ。

 まえがきで、まずサブタイトルに「"横綱級"困難ケース」という文言を使ったことについての説明があります。立場によって、支援者やご家族にとってはすぐにピンとくるかもしれないけれど、ご本人にとってはすごくバカにされたように感じるのではないか。

 しかし、筆者の小瀬古さんは、かつてはどうしていいか悩んだこともあったけれど、現在は「横綱級」と感じるケースはなくなっていると。

 これ、自閉スペクトラム症の方で「強度行動障害(状態)」と名づけられている言葉にも通じると思います。結局周囲がそう感じているとしても、実はほとんどの場合、適切な対応をしていけばほとんど問題がなくなってくる(まあ、ただし、ほんの少しの例ではなかなかたいへんな人も残るとは思いますが)。

 第1章の目次と内容を少しだけ引用してみたいと思います。


第1章 地域というのは、病院とココが違います

1.バターンで理解できたなら

◯1年半の暗中模索
◯パターンが見えるようになると、疲労が少なくなる


2.見えない精神症状を見る方法

◯当事者にとっての三大困り事とは

(数字は私)
1)お金のやりくり
2)毎日の食事
3)人間関係(友人や恋人、職場の人など)

(最後のは、きっと「家族」も入る場合が多いだろうな。いずれも「精神症状」そのものではない。)

◯生活や行動で精神症状を可視化する


3.セルフケア能力が上がるように支援するということ

◯本人が結果に関与すべきだということ

(ここ、面白い(?おめめどうフェローとして、たいへん面白い、ということです)ので引用します)

支援していく際に「自己選択」「自己決定」までの支援はよく行われているのですが、その先にある「自己責任」までを考えて行われている支援は少ないと感じています。「自己責任」というのは「自己関与」と言い換えてもいいかと思うのですが、要するに、何かを選び実行したら、その結果にも自分がちゃんと関与しているという感覚を持てるようにすることです。
(おめめどうで言う「自己責任」と同じで後に書かれていることは「(その選択・行動によって生じた)葛藤を(支援者が)取り上げない」という言い方に通じるかな。

 こうも言われています)

自己責任が生じる経験を奪うことは何の解決にもならない

◯本人が主体となった行動を普段から支援する


4.主体性なくして地域生活は組み立てられない

◯権利と責任を本人に返していくこと
◯本人がいない場で本人のことを決めない

(後ろに書かれた例で相談支援事業所からの要請で支援会議に参加した例もいくつかあるのですが、「本人抜きでやりたい」と要請された時はきっぱり断ってはります)

5.私たちのあるべき姿

◯「精神科訪問看護は"管理"と"傾聴"」という誤解
◯4つのポイントを意識しながら聞き、利用者と共有する

1)本人の「希望」は何か
2)調子が悪くなる「キーワード」「キーパターン」は何か
3)「いい感じの自分」とはどのような自分なのか
4)「元気を失いそうな注意サイン」「引き金」は何か

◯目指すところは「自分の専門家は自分」



 私は訪問看護をするわけではないですが、その後に続くケースも含めて、おおいに参考になりました。

posted by kingstone at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月22日

あるアメリカの地域の制度(?)



 現在、パラプロフェッショナルとして働いておられ方に、学校事情をお聞きした話は書きました。


 あと、そのあたりの周辺事情。

まず「自閉スペクトラム症には ABA」というのはその地域では常識となっていて、プロバイダー(サービス提供事業者)はたくさんある。

診断があれば(?)無料でサービスが受けられる。セラピストが家庭訪問してくれてやってくれる。

ここまで読んで「素晴らしい」と思われる方もおられると思いますが、たまたまその方がセラピーの現場を見た(なんか、セラピストが訪問する時には家族が誰かいないといけない、という規定があるとのこと。この方の場合、シッターとして家族の代わりができるとのこと)2例についてお話してくださいました。

 2例とも、日本で ABA の訓練を受けた方なら「そらないわ」と思うのじゃないかな、と私は思いました。

 1例は青年に対して「年齢不相応」

 2例目は児童に対してひたすら遊んでいた(ラポールをつけようとしているように見えた、とのこと)。もちろん、この方がわからない部分でいろいろインフォーマルなアセスメントをしたり、指示に対してどう反応するかを見ていた可能性もありますが。

 これは ABA というより、私の TEACCH 的な取り組みになりますが


 まあ、「現場の質」の問題は、アメリカでも日本でも同じような問題はあるのかもしれない。


 あと、児童発達支援とか放課後等デイサービスとかについて。

 児童発達支援(就学前のお子さんが通う)みたいなものが校内にあるとか。

 放課後等デイサービス的なものは、あることはあるが通っている子はほとんどいない。
 (これは人口密度とかの関連もあるのかも)

 成人の福祉については、よくわからない。

 日本の移動支援(行動援護)的なことを「シッター」という枠組みでやっている。


 私、お会いする前に福祉制度について予習しておこうと思って論文を探したのですが、探しようも悪いのか、「理念」みたいなことについて書かれた論文はヒットしても、「制度」についてはほとんどヒットしませんでした。教育なら「アメリカ教育省」があるけれど、福祉分野だと日本の厚生労働省みたいな役割をするところがどこかわからない・・・

 もちろん州ごと、自治体(カウンティ)ごとに大きな違いがあるのだとは思いますが。

 お話をうかがっている限りでもそこを「親の会」「キリスト教団体」が何とかしようとしているように受け取れました。

 私が検索した中でかすってるか、というものは

2002年(もう20年以上前だからずいぶん変わっているかも)

 くらいで、この中にケアマネジャーの重要性の話が出てくるのですが、私が話をうかがった方は、ケアマネジャーという言葉を聞いたことが無いとおっしゃってました。

 ケアマネジャーというのは、日本で言えば相談支援専門員にあたると思います。

 また、就労についてのものはいくつかありましたが、この記事が文化の違いなどの解説ともあいまって面白かったです。



 また1年後(?)にお会いする約束をし、その時までに、福祉のこととかも調べておいて下さるそうなので、楽しみです。


posted by kingstone at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月10日

大学と事業所の連携 & 先輩のやってること



 畿央大学に在学証明書を取りに来ました。

 実のところ、昨日体調最悪で、運転できるかどうか心配でしたが、ずーーっとしかめっ面しながら脳みそはあまり働かせずたどり着くことができました。

 食堂の地下売店に行くと、社会福祉法人「萌」さんの精神障害の方の事業所さんが販売してはりました。

IMG_4457.jpeg

 このおにぎりセットが200円。純粋にコスパ良し。

IMG_4458.jpeg

開店日は 水・木曜 11:30〜14:40 です。

 目的はあっという間に終わり、その後、ゼミの先輩の坂口友良さん( @YHBeGAbz6pDIj7R )とお話することができました。

 御年、75歳。73歳で畿央大学大学院大久保ゼミを修了した、いろいろな意味での大先輩です。

 現在、知的障害者向けの事業所を経営(他にもいろんなことをやってはる)してはります。

 なお、おめめどうの「コミュメモR」をご紹介し、私から差し上げたのもあったかな?

 そしたら「これはええ。役に立つ」と購入され、事業所でも使いーの、保護者にも「これええよ」と渡されたりもしているよし。

 現在は、不登校のお子さん、引きこもりの成人の80-50問題などにも対処しようと、いろいろやられてるとのこと。

 例えば Twitter で

「野外活動場に縄文かまど出来ました」
療育キヤンプも兼ねているので縄文生活の台所を作っています!実践縄文生活者の本を見て古代台所を参考に作ってみました!薪置場や鍋置き場も石畳にしてみました!それらしき雰囲気になつてきましたが、まだ竪穴式住居がまだです。屋根材の藁はストックしてあります
縄文かまど.jpg

とか、

「野外活動セラピー農場に土の山盛り」
児発放課後デイから不登校、フリースクール用野外活動場の整地工事をしています。山やトンネルなど作ろうとトラック5台分の土がドサリ!
広大な広さですが筋トレを兼ねてスコップ一丁で仕上げて行きます。今日も元気に力こぶ💪
土.jpg


とかつぶやいてはります。


 もう、息も絶え絶えな私と違い、なんかいっぱいいろんなことをやってはりました。
posted by kingstone at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月26日

母の入所



 11月末に、母のちょっとした傷と内出血の腫れを診てもらおうと、病院を受診したところ、血液検査の結果がめちゃめちゃ悪く緊急入院ということになってしまいました。

 また、その病院で内出血の腫れに対して切開処置して頂きましたが、周辺の皮膚の恢復がおもわしくなく、少し離れた形成外科のある病院に転院しました。

 なお主治医さんに処置部を見せて頂きましたが、まあ言ったら進撃の巨人状態(筋肉が直接見えている)でした。

 主治医さんたち(複数科のお医者様が関わって下さっている)といろいろ相談し、積極的なリスクを伴う治療は無しで、となったのですが、そうするとあまり病院としてできることはなく、毎日の洗滌とガーゼ交換は必要ながらも年末に退院ということになりました。

 もともと、家で看取りたい、とケアマネさんにはお伝えしていました。

 しかし・・・洗滌とガーゼ交換を年末・年始や、デイサービスを休んだ時は家でやらなければいけない。

 また、ここに来て、私の生活リズムの狂い、妻が現在腕が動かせない状態、と入院前からとみにベッドからの車イス移乗やトイレに困難が出てきていた母の介護に自信が持てなくなりました。

 そこでケアマネさんに相談したところ、仲介業の方を紹介して頂き、こちらがだいたいの予算を言い、その方と介護つき有料老人ホームを見学に行ったところ、そこに入る(入れる)ことに、あっと言う間に決まってしまいました。

 予算は、1時金と月々の費用が年金+8万円ほど。なお、施設によってかかる費用はピンキリなので、もっと安いところも高いところもあるとのことです。

 自宅よりは手厚く、また看護師常駐(昼間ですが)であり、私や孫たちが会いに行くのも、連れ出してレストランに行くなども無問題とのこと。

 新型コロナの流行以後、そういうことは難しいと思っていたのですが、そんなところもあるのですね。

 今は諸手続き、入所準備にてんてこ舞いしています。

 しかし・・・入所施設がすぐに見つかる・・・

 もちろん、そのためには、もういろんな人に相談しまくったわけですが。



 私が障害のある方の入所に関わった時は・・・もう入れる施設を探すのもたいへんだったよなあ、近所に無くて県外まで問い合わせる必要があったよなあ、とその差にびっくりです。

 まあ動いているお金の大きさが違うのでしょうけど。

 もちろん、お金の問題は、年金以外に年100万円ほどかかるので、すごく長期になるとどうなるのか?またインフレでその金額は上がらないのか、いろいろ不安はあります。

 しかし、とりあえず現時点では「介護殺人」みたいな事件は起こさないですみます。

 障害のある方もそういうふうにできたらいいのにな。




posted by kingstone at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月13日

強度行動障害支援者養成研修の研修カリキュラム及び研修運営に関する実態調査(読んだメモ)



佐々木茜・日詰正文・村岡美幸(2019)『国立のぞみの園紀要』Vol.12, 39-63

※図はクリックすると大きくなり、もう一度クリックするとさらに大きくなります。

要旨から
◯全国の強行研修を主管する担当者を対象としたアンケート
◯特に基礎研修では「経験年数の浅い受講者でも理解できる内容にしてほしい」というニーズが高かった。
◯受講者や支援現場のフォローアップの必要性

keyword 強度行動障害支援者養成研修 研修カリキュラム 運営マニュアル

強度行動障害支援者養成研修の歴史
2013(H25) 強度行動障害支援者養成研修(基礎研修)
2014(H26) 基礎研修の上位研修として強度行動障害支援者養成研修(実践研修)開始
2015(H27) 報酬改定。研修修了が加算要件となる
2018(H30) 加算対象に、生活介護、障害児通所支援、計画・障害児相談支援が追加される


強行研修カリキュラム改善案のアンケート結果の図

※図はクリックして頂くと大きくなります。
※さらにもう1回クリックするともっと大きくなります。

改善案1.jpg
改善案2.png

追加すべき内容
追加すべき内容.png

 表出性コミュニケーションへの理解や構造化を実際にやってみる必要性が述べられていて、そりゃそうだと思いますね。実際、それ抜きに支援ができるはずもなく・・・


強度行動障害支援者研修(基礎・実践)とは別に独自に行っている研修のうち、私に興味深かったものを抜き出します。

1.専門研修を実施 . 支援現場のリーダー養成 , 全 6 回のプログラム . クラウドサービスを活用した情報の共有化 , 対象者の動画を通した情報の共有

2.アドバンス研修を実施 . 基礎・実践修了者を対象 . 応用行動分析学に基づいた支援方法を学 びつつ , 実際にブグループリーダーやスーパーパイザーからアドバイスを受けながら現場で 介入を行う . インターネットや情報端末等の ICT を用いた情報共有を体験する . 行動の記録 , 報告 , スーパーパイズをネット上で行える . 研修中以外でもコミュニケーションツー ルである Slack を用いてグループリーダー, スーパーパイザーとコミュニケーションをとる ことが可能 . いつでも、 どこでも、助言を求めることができる .

3.応用行動分析 ,TEACCH, 構造化 , 自立課題を実際に作成し実際に当事者につかってもらい 検討 .

4. H29 年度まで実施していた連続研修を引き継ぐ形で H30 年度からアウトリーチ型研修を 実施(年 2 回)


その他にもあったが、単発のコンサルが多く、無いよりはましだがあまり効果を上げにくいのではないか、と考える。

1.はクラウドを利用し、動画も通して情報の共有をしている。全6回と言いつつ、その期間は相談できるのではないか。

2.は Slack でいつでもどこでも相談できる体制をとっている。これは重要だと思う。

3.は当事者に使ってもらって検討している点で OJT といっても良い形になっていると思う。

4.は年 2 回ということで、どこまで有効かはわからないが、現場に行っているのでうまくいけば OJT にできる。


(5)今後、基礎・実践研修とは別に新たな研修が必要だと思う内容

下図のように、圧倒的に「フォローアップ(コンサル・SV 含む)」が多い。
しかしこれは「研修」というよりも、例えば Slack だとか、LINE WORKS とかで日常的に利用できるシステムでないといけないんじゃないかな。で、ある意味そのほうがコスパはいいんじゃなかろうか。

強行研修以外に必要と思われる研修.png



posted by kingstone at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする