私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2024年04月19日

Mac で外部ストレージを暗号化する



 必要があって、外付けハードディスクにパスワードをつけようと思いました。

 もともと互換性を考え、外付けハードディスクは、NTFS のものを、Mac 側に NTFS for Mac を入れて使えるようにしていました。

 そのせいなのか、サポートページに書いてあるようにやってもうまくいきません。

 Apple Support に電話して、教えてもらいながらやって、なんとかなりました。

 記録も兼ねて、書いておきます。なお、最初にやった時の状態とは違っています。

 画像は見にくいですが、クリックすると大きくはっきり見えます。

 まず、「アプリケーションフォルダ」の「ディスクユーティリティ」を立ち上げこの状態にしました。

スクリーンショット 2024-04-19 22.00.05.png

 ここで上の右の方にあるメニューの中の「消去」をクリック。

 暗号化するには、AFPS フォーマットでないといけません。

 なお、下の画像はすでに一度うまくできたので、AFPS になっていますが、NTFS と考えてください。

最初の消去しますか.png

 ここで、フォーマットを選ぶのですが、下のようになり暗号化できるものはありません。

 スクリーンショット 2024-04-19 22.01.47のコピー.png

 ここで行き詰まり、サポートに電話しました。

 すると、最初のボリューム選択のところで、「名称未設定」のところでなく、その上の BUFFALO(バッファロー)を選ばなければならないと。

 下記のようにです。

スクリーンショット 2024-04-19 22.04.28.png

 で、ここで「消去」をクリック。

 そして下図のところで、名前、フォーマット(この図では既に暗号化できているのですが、まだ 上の図に出てきたフォーマットしか選択できません。なので「Mac OS拡張(ジャーナリング)」を選びます)、そしてここが大事なのですが、方式(GUID パーティションマップ)を選びます。

スクリーンショット 2024-04-19 22.03.24.png

 これで「消去(フォーマットと言ってもいいんだろうな)」をクリックし、あとは画面の指示に従います。

 ここまでが下準備の AFPS フォーマット。

 この後、もう一度「メイン画面」で「消去」を選ぶと、フォーマットの選択肢が下のように増えています。

スクリーンショット 2024-04-19 22.01.47.png

 で、ここで「AFPS(暗号化)」を選び、指示に従って自分で考えたパスワードを入れて消去(フォーマット)を実行してあげれば、次回からこのストレージをつないだ時にはパスワードを入れないと開かないようになっています。




posted by kingstone at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック