※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2023年11月05日

映画『ゴジラ -1.0 (GODZILLA MINUS ONE) 』




 映画のはしご最終は『ゴジラ -1.0』


ーーーー ネタバレいろいろあり ーーーー


 上のまとめに「ゴジ泣き」という言葉が出てきますが、ほんまいろんなところで泣かせに来てます。

 上の動画 59秒のところの明子ちゃんの描いた絵・・・


佐々木蔵之介さん「誰かが貧乏くじ引かなきゃなんないんだよ!」

だよね。でもそれが貧乏くじでなくなる未来もあるかもしれない。

佐々木蔵之介・吉岡秀隆・神木隆之介・山田裕貴の4人が飲みながら話す場面なんかも良かったな。

あと東洋バルーンのエンジニアの方が、ゴジラとの戦いのために出航していくとき、ついて行く義務は無いのに、「現場までの3時間は(ブラッシュアップ)のために大事ですから」と着いて来られた場面も、ぐっと来ました。

で、またファッションも私の子どもの頃、まだ見ることのできたようなのが多かったし、なんかそのへんも懐かしかった。

安藤サクラさんも良かったな・・・


追記
 12月29日に、2回目を見に行きました。

 先日、NHK の「バタフライエフェクト GHQ の6年8か月」に出てきた、東京の焼け跡にあるバラックが並んだ風景が、『ゴジラ -1.0』で復員してきた敷島(神木隆之介)が戻って来た場所の風景と似てました。やはり同じような感じ。たぶん同じ映像を資料として見られていたのだろうな。

 野田(吉岡秀郷)のゴジラ駆除の計画を完璧とはほど遠いと感じながらも、秋津(佐々木蔵之介)が「まあ奇跡は何もしなくちゃ起こらないからな」とか言うのも良かったな。

 で、また先日、NHK の「魔改造の夜」を見てたら、エンジニアの方達の努力がすごいです。そしてやはり工夫してうまくいくはずなのに、本番では思いがけないトラブルが起こってうまくいかない、ということの連続です。この映画でも東洋バルーンのエンジニアが最後まで調整したけれど、ロープが切れたか、バルーンが破れたか、うまくいかない事態が起こってます。

 まあそういうもんやなあ。で、そこをどうリカバリーしていくかだよね。今回はダンケルクみたいに、漁船がいっぱい助けに来てくれたわけだけど。そういった協力ってのもいいよな。

 しかし、ダレることなくストーリーがとんとんと進んでいく、これは監督の力なんだろうな。



posted by kingstone at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック