私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2021年11月14日

「発達障害に対するペアレント・トレーニングの実際と課題」読書メモ


「発達障害に対するペアレント・トレーニングの実際と課題」
 井上雅彦(2017)『発達障害研究』39:87-91

II. ペアレント・トレーニングの発展(2つの流れ)

1. ASD に対するペアレント・トレーニング
子どもの新しいスキル獲得
単一事例実験による評価

2. DBD(disruptive behavior disorder : 破壊的行動障害)に対するペアレント・トレーニング ADHDに対するPTへとつながっている
問題行動の改善
親のストレス低減などを評価

日本では、明確に分けず、子どもの診断名は多種多様で混在していることが多い


IV. ペアレント・トレーニングの実際と展開

1. 幼児期のプログラム

井上ら(2008)「子育てが楽しくなる5つの魔法」
「ほめ上手」(強化方法)
「整え上手」(視覚化と構造化)
「伝え上手」(指示の出し方)
「観察上手」(行動の見方と問題行動への対応)
「教え上手」(課題分析と家庭での指導方法)

 親が家庭で実施するプログラムは、親自身が自分の子どもに合わせて課題を選択する。

 参加者は、事前にプログラムの目的、内容、費用、回数などについて十分な説明と同意を得たうえで決定される。グループで行うため重篤に精神疾患などがなく、グループで話し合うことができる状態であることを基準にしている。PTよりも個別面接が適している場合はそちらを紹介する。

2. 思春期のプログラム
 コミュニケーションの悪循環からの、親の抑うつの改善や関わり方の変容、子どもの問題行動の改善

3. ニーズに特化したプログラム
兄弟関係について

4. 地域への展開

V. まとめ

一定の質を担保していく工夫

posted by kingstone at 23:47| Comment(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。