私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2021年09月12日

科捜研の女ー劇場版ー





 私の Twitter タイムラインには、「映画らしさが無くテレビのまんま。(そこがいいから)ファンは GO」的なツイートが流れてきて、行ってみたらそのとおりでした。

 偉大なるマンネリっすね。

 いや、大スクリーンだから迫力がありぃの、2時間たち歩いたりせずに見れたりしぃの、は映画だからこそですね。

 あと、登場人物が多いのも映画だからこそ、かな。

 朝いちで行ったので「予約しなくて大丈夫だろう」と思っていましたが、コロナ対策で1つ飛ばしになっている座席、ほぼ満席でした。


 映画の中で「ここ(科捜研)の機械では分析できない・・・」というセリフがあって、「なら Spring8 か」と思ったら、本当に出てきました。

 上の予告編でも 54秒(外観)と 1分(内部)に出てきますね。 


追記

 映画の中で使われている分析機器の一部は島津製作所から本物が提供されてるんだって。

posted by kingstone at 13:55| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。