私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2021年02月20日

アクセプタンス & コミットメントセラピー(ACT)







を私が、間違っていたことは以前にも書きました。

業界内では有名な専門用語でも、世の中(マジョリティー)の中では知られていない専門用語って、ネットで検索をかけても出てこない場合があるのですね。
 しかも上記の場合、ある意味「支援」ということに関わる言葉だから余計に誤解してしまって・・・

 さて、アクセプタンス & コミットメントセラピーの説明としてこう書かれていました。

ACT とは、一人ひとりのクライエントにとっての豊かな人生を支援するために開発された行動療法だ。ACT では、そのために変えられないものを受け入れ、変えられるものを変えていけるように促していく。

 なんか「ニーバーの祈り」みたい。


 で、RFT(関係フレーム理論)と連動しているそうだけど、RFT が今のところ理解できていないからなあ・・・

 ちなみに、ACT では"アクセプタンス""マインドフルネス""価値"といった学習の原理から直接導かれたわけではない独自の用語や概念(半専門用語)が使われていて、これによって、基礎研究の制約からある程度自由に実践がおこなえるようになっている。

とのことです。

 私などは行動分析の対極にあると思っていた、「心理療法」の部分と重なってきますね。

 重要な言葉として「予期不安」や「恐怖への恐怖」による「体験の回避」というのが出てきます。そしてその「予期不安」や「恐怖への恐怖」の多くはは本当に刺激として存在する「公的刺激」ではなく、自分自身のなかに浮かんだことがら、「私的事象」であると。

 で、その私的事象にあらがうことをやめる「創造的絶望」という言葉が出てくるのだけど、なんか私がよく使う「積極的諦め」と似てるな。

ACTのテクノロジー
   エクスポージャー系
   セルフモニタリング系
   行動活性化
      人生のコンパスとしての「価値」
   メタファー






posted by kingstone at 17:57| Comment(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。