私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2021年02月19日

井上先生の論文のアブストラクトを読んでみた



Survey of Japanese Welfare Facility Staff and Special School Teachers Facing

Difficulties at Work with Persons with Challenging Behaviors


の、アブストラクトのみを読んでみて・・・


Results

Three factors were extracted from the analysis of the survey items: “Difficulty in coordination and information sharing with other organizations,” “Difficulty in the workplace,” and “Difficulty in support and response.”

The overall trend was that welfare staff have more difficulties and needs than special school teachers.


結果

 3つの要因が調査項目の分析から抽出された

1.他機関との調整と情報共有の難しさ

2.職場の難しさ

3.支援と対応の難しさ

  全体の傾向として、福祉施設のほうがより困難を抱えていた。


(もう、いろいろ頭に浮かんできて、腹が立ってしゃーない・・・)


Conclusion

It is necessary to emphasize not only how to respond to challenging behavior but also the impor- tance of establishing a collaborative system within the workplace and with other organizations for staff training in light of their perceptions of working conditions.


結論

 挑戦的行動へいかに対応するかの強化だけでなく、労働状況を明確にした中でスタッフトレーニングのために、職場と他機関の連携をも強化することが必要である。 


(もうね・・・なお訳は間違ってる可能性おおあり)


(本文はいつ読めるかな・・・)


posted by kingstone at 00:11| Comment(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。