私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2021年01月23日

正の強化 とか 負の弱化とか・・・



正の強化 とか・・・

ここもよくわけがわからなくなるポイント。

「はじめてまなぶ行動療法」から

正の → 行動の前後で、なかった刺激が出現する。またはさらに出現したり、強まったり。

負の → あった刺激が消失する。または少なくなったり、弱まる。

強化 → 行動の生起頻度が増える。または強度が強まる。

弱化 → 行動の生起頻度が減る。または弱まる。


正の強化

「A君の前にB君がいる」→「A君がB君をかまう」→「B君が『やめて、やめて』と言う(A君にとって面白い)」

「やめて、やめて」がA君にとって面白くて、A君のB君かまい行動が増える。


負の強化

「B君がA君からかまわれる予兆を感じる」→「B君がお母さんのところに駆け寄る」→「かまわれずにすむ」

B君のお母さんのところに駆け寄る行動が増える。

(「かまい行動」が全体で起きてないから「負の」なのか・・・)



正の弱化

「A君の前にB君がいる」→「A君がB君をかまう」→「お母さんが叱る」

「お母さんが叱る」という刺激で「A君がB君をかまう」という行動が減る。


負の弱化

「(お菓子が出ている場で)」→「A君がB君をかまう」→「お母さんにお菓子を取り上げられる」

「お菓子を取り上げられる(嬉しい物が無くなる)」ことで「A君がB君をかまう」という行動が減る


 うむむ。
 しかし、もちろん「わかりやすい例」として仮の例として出されているわけだけど、現場の実践では使いにくい例だな。

 ってか、「かまい行動」が減らない可能性が高いと思われる。

 もし私が働く場で「かまい行動」が問題になるほどになったらどうするか。

1.A君とB君が物理的に離れられるようにする。
1のバリエーション A君とB君の間にスタッフを入らせる。
 
をとりあえずやって時間を稼ぎ、その間にA君がひとりで、あるいは友達と適切に遊べることを探し出し、それで遊べるようにする。

つまり「B君をかまう」ことよりも面白い、あるいはやりたい、あるいは充実している活動ができることで、B君がそばにいても問題が無いようにしていくな。


強化スケジュールの種類

連続強化
間欠強化
消去

 消去には消去抵抗や、消去バーストが関係する言葉として出てくる。

posted by kingstone at 17:52| Comment(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。