私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2020年12月21日

ブルーレイや DVD を焼く(TOAST)



 ブルーレイを焼くために、今まで Apple 純正 DVD ドライブしか持っていなかったので、ブルーレイドライブの


を購入。これには Toast 18 PLUTINUM も附属しています。

 しかし、MacBook Pro では何度やっても DVD もブルーレイも焼けませんでした。
 (現在、サポートに質問メールを出しているところ)

  iMac 27 には Toast 19 Pro を導入しました。

 こちらだと、DVD も ブルーレイも簡単に焼けました。

 MacBook Pro は古いから、いろいろ変なファイルができていて邪魔してんのかな?


 さて、1080P の動画を DVD やブルーレイで焼いてみたところ、うちの古いブルーレイプレイヤー、26インチの古いテレビ(ただし HDMI 端子はある)の組み合わせで画質を見ると

 DVD = BD < パソコンで動画データを再生しHDMI

 となりました。DVD とブルーレイで画質がほぼ一緒になったことに愕然。

 しかし、パソコンにブルーレイドライブをつけて再生してみたところ

 DVD < ブルーレイ < 動画データをそのまま再生

 となりました。だからこれはうちのブルーレイプレイヤー、26インチの古いテレビの組み合わせが悪いのでしょうね。


 焼くのにかかる時間ですが、

元動画データ 3G(約2時間程度)

で1時間5分かかりました。

 なお、続けて2枚目を焼いてみましたが、同じだけ時間がかかりました。

 また、アクティビティモニタで CPU 負荷を見てみるとシステムとユーザーで合計70%使ってました。
 すごく負荷がかかるものなのですね。

 そして不思議なのですが、ブルーレイの中のデータは 22G 弱まで大きくなっていました。

 まあそれでも1枚のディスクの中に入るのでよしとします。


posted by kingstone at 21:56| Comment(0) | 動画編集 動画配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。