私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2020年11月13日

法然(「一遍 捨聖の思想」桜井哲夫著より)




でも
「公的な僧の位階制度が整い、僧の寺院組織内での出世志向が強まった。その世俗的な風潮に嫌気がさして、寺を出ることを「出世間」と呼び、「出世間」した僧のことを「遁世僧」と呼んだ」
と書いたが、沙弥や聖が住む場を別所と呼んだ。

1133〜1212 法然房源空

9歳(1142?)の時、父戦死。「敵をうらむな」
1147 授戒
1150 黒谷別所の叡空のもとへ
1156 嵯峨、奈良、仁和寺などで法相、三論、華厳を学び、再び黒谷へ
   保元の乱(崇徳上皇が讃岐に流される)
1163〜1166 比叡山の内部で武力衝突が繰り返される
1175 称名第一を称え、叡空と対立。比叡山を出る。広谷→吉水
1198 選択本願念仏集を撰述する。
1205 興福寺奏状
1207 安楽坊、住蓮房の事件(建永の法難)
1208 流罪。その途中に室津にも寄る。しかしその年のうちに恩赦が決まり、箕面の勝尾寺に入る。
1212 吉水で入寂。

posted by kingstone at 23:40| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。