私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2020年11月13日

行動援護についてインタビューしてきた



 行動援護の事業所はまだまだ少ないです。
 現在、運営しておられる方にインタビューしてきました。
 なお、いろいろな数字は、この事業所さんの発足当時とは変わってきていたり、実務的にはこうだが、正確なガイドラインとは少々違っているなど、あるかもしれませんので、参考程度に考えて下さい。

行動援護事業所に必要な人員

A.施設長 常勤
B.サービス提供責任者 常勤
C.ヘルパー 常勤換算2.5人以上

※AとBは同一人物でよし
※常勤者は160時間/月以上勤務
※常勤者は3人以上、合計勤務時間が480時間以上必要


以下の要件は「行動援護に係る報酬・基準について≪論点等≫」2020.10.12厚生労働省より

■ サービス提供責任者:常勤ヘルパーのうち1名以上

・ 行動援護従業者養成研修課程修了者又は強度行動障害支援者養成研修(実践研修)修了者であって3年以上の直接処遇経験(知的障害・精神障害等)
※ 介護福祉士、実務者研修修了者、介護職員基礎研修修了者、居宅介護職員初任者研修修了者等であって5年以上の実務経験(平成33年3月31日 までの経過措置)

■ ヘルパー:常勤換算2.5人以上

・ 行動援護従業者養成研修修了者又は強度行動障害支援者養成研修(実践研修)修了者であって1年以上の直接処遇経験(知的障害・精神障害者等)
※ 介護福祉士、介護職員基礎研修修了者、居宅介護職員初任者研修修了者等であって2年以上の実務経験(平成33年3月31日までの経過措置)


なおこの事業所で、居宅介護・重度訪問・同行援護・行動援護という国の4事業と、移動支援という市町村の事業を行うことができる。ただし、申請箇所が違うので、書類はそれぞれの申請先に1部、計2部必要。


行動援護事業所に必要な場所

部屋が2部屋以上。事務室と相談室。ただし、相談室は1つの部屋の中に壁に囲まれた空間があるだけでも良い。(あと細かいことはいろいろあるが)


その他

・仕事がコンスタントに一定量あるわけではない。特に立ち上げ時。そして依頼日時が重なリがち。全体にスケジュール管理が難しい。
・利用者さんとのおつきあいが長くなれば、重なっても調整案を提案しやすくなる。
・スポット依頼を断る事業所も多い。インタビューさせて頂いた事業所はスポット依頼も断らないのが原則。
・移動支援や行動援護について、児童に関する研修はまだまだ無いのが実情。インタビューした事業所は放課後等デイサービスも運営しており、そちらの研修に参加してもらっている。
・行動援護や移動支援の仕事が片寄って、空いている時は、放デイの送迎などもしてもらうことで、機動的な運用ができている。
・インタビューさせて頂いた事業所は、ほとんどが常勤(正社員ということかな?)。研修や機動的な運用の面でもそのほうが良いので。
posted by kingstone at 22:46| Comment(0) | 福祉関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。