私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2020年11月09日

YouTube でハンディカムを使っての実況放送



 毎年、全国高専ラグビー大会の試合動画を YouTube にアップしてきました。

 もともと「全国大会」なのに、テレビで取り上げられることは、まったくといっていいほど無い状態なので、なんとかみなさんに見て頂けたら、と。

 でも録画しておいて、夜になってやっとアップできる。

 これ、なんとか実況放送できないか、と考えてきました。

 昨年は GoPro HERO 7 BLACK を利用して編集用とは別に小さな画像で送ってみました。



 しかし、あまりにも小さい。

 また迫力にも欠ける・・・

 また私は Facebook でしか配信できない。

 YouTube で実況配信するには1000人のチャンネル登録者が必要になった、と聞いていて Facebook でしか配信できないのは、より閉じた環境になるので嫌だな、と思っていました。

 ところが先日参加させてもらった、明石市と一般財団法人明石コミュニティ創造協会のやってる「おとなの夜活」


で、「パソコンから配信するならチャンネル登録者が1000人いなくてもOK」

という話を聞き、以前にもハンディカムを使っての実況放送は


で、一応できていたので、もう一度やってみることにしました。

 ただし、この時は、ハンディカムのモニタで見ている映像が、配信そして YouTube 上では左上に縮こまっている状態でした。

 また当時とは、随分設定とかが変わっているはずです。

 そこで役に立ったのは、このページでした。


 で、前の方を読みながら設定していったら、配信できました。

 しかし、やはり「映像が、配信そして YouTube 上では左上に縮こまっている」状態。

 これは OBS の解像度設定が 1920×1080 になっているからではないか。
 1280×720 にしたらうまくいくのではないか、と考えて、OBS の解像度に関わる所を全部 1280×720 にしたらバッチリでした。

 でも、後で「OBS使ってYoutube Live配信の手順まとめてみた」を読んでみたら、ちゃんと書いてありました(汗)

 今日、試しの撮影に行って来ました。

 モバイルルータを使いましたが、この程度に配信できました。



 これなら迫力ある映像が送れるかな?

 得点などはやはり後で編集する時につけるしか、ありませんが。

 やってみてわかったのは、もうバッテリーがどんどん減っていく、ということ。

 モバイルバッテリーや、ポータブルバッテリーが使えるかどうかも試してみる必要がありそうです。

 こういう操作、設定は、とにかく本番に向けて何度もやってみて、体に染み込ませていくのが一番だと思っています。

 本番に向けて、何度かやっていこうと思います。

posted by kingstone at 19:08| Comment(0) | 動画編集 動画配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。