私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2020年10月11日

インド、中国での浄土思想(「一遍 捨聖の思想」桜井哲夫著より)




まとめて1エントリーにしようと思いましたが、無理。

 少しずつのアップで。

 日本の仏教も元を辿れば中国へ、そしてインドへと遡れます。


Wikipdeiaより クシャーナ朝(クシャーナちょう、英: Kushan、中: 貴霜)は、中央アジアから北インドにかけて、1世紀から3世紀頃まで栄えたイラン系の王朝である。

なお、クシャーナ朝で作られたコインの裏にはギリシア文字(!)が刻まれていた。

100頃 無量寿経 と 阿弥陀経 の原型ができた
阿弥陀仏、本願、信、念仏、浄土、往生 などの概念ができた

阿弥陀仏の元になった言葉

アミターユス(無量(限)の寿命をもつもの)
アミターバ (無料(限)の光明をもつもの)

起源の説
ゾロアスター教起源説
ヴェーダ神話起源説
仏教内神話起源説
叙事詩「マハーバラタ」起源説

300頃? 世親 

Wikipedia より
唯識思想を大成し、後の仏教において大きな潮流となった。また、多くの重要な著作を著し、地論宗摂論宗法相宗浄土教をはじめ、東アジア仏教の形成に大きな影響を与えた。浄土真宗では七高僧の第二祖とされ「天親菩薩」と尊称される。
世親は仏滅後900年にプルシャプラ(現在のパキスタンペシャーワル)で生まれた

344〜413 鳩摩羅什
今の新疆ウイグル自治区出身
仏典を漢訳した
「浄土」の漢訳

476〜542 曇鸞

562〜645 道綽

602〜664 玄奘(650 に「漢訳阿弥陀経」を書いた)

613〜681 善導
中国では重視されていない。
学僧ではなく、説教師。
塔や寺の修理、経の書写などをし、謝礼を貰っていた。
「凡夫も念仏で往生できる」と説いた。

日本の聖みたいなものか。社会貢献活動をし、説法(今なら講演)をし、お金を集めていた。
ヨーロッパの音楽でも、昔は王侯貴族などの大スポンサーがいなければ食べていけなかったけれど、音楽が大衆的になり、少額を広く集める形になったことが思い出される。

posted by kingstone at 22:41| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。