私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2020年09月07日

鬼滅の刃 吾峠呼世晴著




「鬼滅の刃」21巻セットを買って読み始めました。

 すごく人気がある、という話は聞いてましたが、まだまともに読んだことはありませんでした。
 ってか最近、小・中学生に人気がある、という漫画を読まなくなって久しいです。

 最初の感想。

「ファンタジーやな」
「グロい」
(このグロさは、昔、「どろろ」を読んだ時に感じたのに似ている)
「格闘シーンのキャラクターの位置関係がよくわからない」
「何の説明もなく技の名前が出てくる(格闘のシーンを見てれば技の名前がわかる、というもんでもない)」

 しかし、後ろ2つは私の漫画を読む感性の衰え、ってだけの話かな?

 でも、「何か力がある」

 小学生なんかに人気があるのは何でだろう・・・


 しかし、1巻の修行シーンで、最近の出版物で「男だろう」「男なら」が連発されるのに違和感を持ったのは時代に私が染まっているからかな。









posted by kingstone at 08:48| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。