私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2020年06月20日

シングルケースデザインの現状と展望 井垣竹晴著



読書メモです。



群間比較法(ランダム化比較試験:RTC)

行動というのは、個体のレベルで生じるため、私達の知りたいのは、平均データではなく、個体のデータである。


SCD は単一の個体だけでなく、家族や学校のクラスや職場の組織といったグループ全体を研究対象として含んでいる(Blampied,2013)

社会福祉学では シングルシステムデザイン(平山・武田・藤井,2002)

SCDの特徴

1.参加者(被験体)の数が少数
2.同一個体に対する反復測定を行う
3.結果に対する評価方法として統計的検定を前提としない

内的妥当性

外的妥当性

SCD に関する統計の概説書 山田(2015)

EST(Empirically Supported Treatments)経験に支持された治療

EBPP(Evidence-Based Practice in Psychology)心理学におけるエビデンスに基づく実践

SCDに関する基準(スタンダード)もしくはガイドライン

RTCにはCONSORT声明(Schulz, Altman & Moher, 2010)
            日本語訳 津谷・元雄・中山 2010)

SCDについては明確な合意は無い


(アメリカ教育省の教育科学研究所が、教育上の効果的なエビデンスに関する情報提供を目的として作ったWebサイト。なんか WWE みたい)

・デザイン基準
・エビデンス基準


行動分析学研究  第23巻 第1号 2009年
特集:エビデンスに基づいた発達障害支援の最先端

T.Smith(2013)は、パッケージ(個々の介入手続きを統合したもの)の開発や洗練といった研究の初期段階では SCD が有効であるが、ひとたび効果の実証された介入パッケージの一般性の検証といった研究の後半段階においては RCT 研究が必要であると述べている。




独立変数と従属変数

応用行動分析は、人間のあらゆる問題行動や不適応行動を改善(解消)する事を目的とするが、行動変容の手段として独立変数である環境要因を操作することになる。つまり、応用行動分析では、内面的な感情や欲求、動機を変化させるのではなく、外部にある環境要因(独立変数)を変化させることで、行動(従属変数)を適応的(効果的)に変容させるのである。

ABABデザインとは、『ベースライン期(非介入期)・治療介入期・ベースライン期・治療介入期』の4つの期間で、単一被験者の問題行動の生起頻度や応用行動分析の治療効果を検証する実験計画であるが、一度、改善した問題行動や不適応状態を意図的に再現させることで治療効果を確認することに倫理的問題があると指摘されることがある。しかし、行動を生起させる環境要因(強化子)や治療内容を客観的に特定することが可能なので、再現性のある科学的な実験研究法(実験計画)ということが出来るだろう。
(確かに「倫理的問題」はあると思うし、実践家って、もし「適切な行動が増える」「周囲を困らせる行動が減る」などの結果が出ていれば、どうやってそれを定着させ、人的支援を外していけるかを一生懸命考えて実行するのに精一杯で、「治療(?)効果を確認」なんてやってられないよな。まあ、だからエビデンスとしては積み上がらないということになるのだろうな)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。