私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2020年02月01日

映画「フォード対フェラーリ」  マット・デイモン、クリスチャン・ベイル主演




 近所で、都合のいい時刻に見にいけるところを探すのに苦労しました。
 もう、上映回数が減らされ、上映時刻も合わないのが多くて・・・

 今日はハーバーランドOSシネマで1回のみの上映。
 でも3時40分開始だから、見に行けました。

 5番会場という小さな箱でしたが、満員でした。


ーーーーーネタバレもあるーーーーー

 整備士(開発コンサルタント)兼ドライバーのケン・マイルズ(クリスチャン・ベイル)が「思っていることをそのまま言う」人で、きれいごとを言いたい官僚的な副社長とソリが合わず、しかしそこをプロジェクト・リーダーであるキャロル・シェルビー(マット・デイモン)がなんとかしていき、ルマン制覇を成し遂げる、という話。

 プロジェクトの最終目的がわからない、かつ現場の者の気持ちがわからない上層部と現場の角逐。
 なんかもうめっちゃくちゃよくわかります。

 しかし、ルマンでドアがしまらないというアクシデントでピットインしたら、整備士さんがでっかいハンマーでガンっと一発やってうまくしまるようにしたのは笑いました。
 でも現場ではよくあるよね。

 私も肢体不自由養護学校時代に作った様々な教材、教具がうまくフィッティングできない時、ガムテープで調整してうまくいくようによくやってました。
 で、ついたあだ名が(皮肉もこもってるけど)「ガムテープの魔術師」

 でも、こんな、エンジン音バリバリの映画も「古い」話になるのかな。

 ガソリンエンジンが無くなり、全部電気自動車になりそうだし。
 そうなるとヒュィーンみたいな音しかなくなりそう。

 あと、シェルビーの自動車販売店は、フォードからのルマンのオファーが来る前は、詐欺まがいの自転車操業状態だったし、マイルズの自動車整備工場は国税に差し押さえられていたし、なんか米国で商売するってのもたいへんだなあ、と感じました。

 なお、ルマンは最近2年はトヨタの勝利。(ベンツ、フェラーリが参加していないが)

 そして1991年にはマツダ787Bが優勝してます。

スクリーンショット 2020-02-01 22.51.21.png



posted by kingstone at 22:52| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。