私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2019年11月03日

覚えておきたい、ニセ科学リストより 名前のみ



という記事を見つけました。

面白い。

私の知らない名前もありました。
興味を持たれた方は、記事に簡単なそして大事な解説が書いてありますが、それぞれの名前のみを抜き出してみました。
でも元記事には、「その中でこの部分は科学、あるいは意味あるかも」とかいうことも書いてあるので、ほんと元記事を読んでください。

まあ、でも一般的にはこれらの言葉が出てきたら、インチキと思って良さそうです。

医学系

ホメオパシー
予防接種有害論
千島学説
経皮毒
デトックス
白金ナノコロイド
血液サラサラ
血液クレンジング療法
ゲルマニウム
癌克服術
ミラクルエンザイム
ゲーム脳

科学系

水からの伝言
マイナスイオン
トルマリン
機能水ランドリーリング
燃費改善
EM菌
オーディオ(マニアの世界)
永久機関
水から作る燃料
「相対性理論は間違ってる」論
血液型と性格の相関
ID論(インテリジェント・デザイナー説)
フリーエネルギー
スカラー波
七田式右脳開発トレーニング
ドーマン法
キルリアン写真

陰謀系

アポロ陰謀論
9.11陰謀論
ケムトレイル

歴史・考古系

与那国海底遺跡
神々の指紋

オーガニック系

ビオディナミ
マクロビオティック

精神世界系

波動
高次元
ZPF(ゼロポイントフィールド)
フォトンベルト
ポールシフト
グランドクロス・惑星直列



 ドーマン法ってのは、理学療法士のドーマンさんが、肢体不自由のお子さんや、自閉症のお子さんに対して、「思いつき」で個体発生系統発生を繰り返す」なら系統発生を原始から辿ればいいのじゃみたいな理論(思想だな)を出し、例えば爬虫類のポーズとして、お子さんの四肢を他の人たちが爬虫類のように動かす(もちろん本人の気持ちなどには関係なく)、とかいろいろやってはりました。
 神戸にも(神戸だけ?)拠点がありました。
 肢体不自由養護学校時代に「親こそ最良の医師」という本を読みました。
 いいアイデアもいろいろあり、例えば「傾斜板」というのは前進する方向が下がっていれば、少しの力で前進できるよね、というもので単にベニヤ板があれば後ろの部分を適当な高さの物の上に置けばできるので、私もベニヤ板をきれいにして利用していました。
 でも、めちゃ危険なことや、本人、親御さん、ボランティアさんに負担をかけるので、「やめといたほうがいいよな」と思っていました。
 自閉症のお子さんに対してはまったく意味が無いんですけど、やられていた方はおられましたね。










posted by kingstone at 09:36| Comment(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。