私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2019年09月05日

キミのお金はどこに消えるのか 令和サバイバル編 井上純一著




 読書メモ

地位財とは

「給料、あいつにだけには負けたくない」

だとか

「支援を受けてる人が、俺より可処分所得が大きいのは許せない」

だとかみたい。「自分より下」と思ってる人が、自分よりたくさんお金をもらってたり、特権を持ってたりしたら許せない、という心理に基づく財。

月さんは「あまりにも人間の悪いところを見るから考えたくない」と言ってはるけど、ほんまやなあ。

不確実性とは

「未来のことはわからない」

ほんまやで・・・


「経済的不幸は感染症のように広がっていく」

それを断ち切るために財政支出が必要。
それが社会保障。


「このマンガはデスネ〜 毎回結論がだいたい同じで・・・ お金使えデショ」

と月さんが喝破するのですが、実はお金を使うのはまず第一に政府で、

「個人の貯金は不幸に耐える力」

しかしね、もちろん勉強になるんだけど、それ以上に素敵だな、と思うのは井上さんがいつも月さんをめちゃめちゃ褒めてる。
そして月さんは井上さんの似顔絵を
「でもジンサンの似顔絵はいつもあんまり・・・」
と言いつつ、
「ジンサンは似顔絵じゃなくて『キャラクター』を描いてますよ」

ほんといつでも人生には不確実性が襲ってくるし、評価されないことも多いけれど、家族が自分のことを理解してくれている、と思えたら少し光が見えるもんな。

posted by kingstone at 22:31| Comment(0) | お金・暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。