私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2019年02月02日

母のLINE読み取り専用システム



 母は、2000年頃は、Windows パソコンをほぼソリティア専用マシンとして使っていました。

 その後、iPad を使うようになると、パソコンではできなかった「動画を見る(いちおしが孫動画)」や「メールを読む(添付の孫写真が見たい)」ことができるようになりました。

 ところが最近、足の動きも、手の動きも悪くなってきて、使えなくなってきました。

 そこでパソコンの画面に LINE の画面を出しっぱなしにして、受信して変化があれば見ることができるようにしようと思いました。

 もちろん、本人が「発信したい」と思って操作を覚えてくれれば(「スタンプを送る」とか)それはそれでいいですが、まずは「見る」「読む」だけから。

 いつもお世話になっている舞多聞のケーズデンキに行き
P_20190201_113544_vHDR_Auto.jpg

 一番安い iMac を買って来ました。
 画面が大きいし、バッテリーのこととか考えなくていいし。
P_20190201_123619_vHDR_Auto.jpg

 最初の設定の最中に「エラー」が出て、ハードディスク消去、OS再インストール。

 またHi Siera だったので、Mojave にアップグレードなど、かなり手間がかかりましたが、動くようになりました。

 で、環境設定のセキュリティで「スリープとスクリーンセーバの解除にパスワードを要求」のチェックを外し、

 省エネルギーで「ディスプレイがオフのときにコンピュータを自動でスリープさせない」にチェックを入れました。

 これでディスプレイが真っ暗になっても、マウスとかさわれば復帰するはず。

 そして LINE を設定してこうなりました。


スクリーンショット 2019-02-02 1.23.14.png


 さて、どうなるか。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。