私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2018年04月08日

アメリカのPCSの本は英語教材になるよな、という話



 私が、昔、特に肢体不自由児のAAC(拡大代替コミュニケーション)について勉強していた頃に、アメリカで、障害のある当事者さん(肢体不自由の方だけでなく、知的障害の方用でもあると思う)がPCS(ピクチャー・コミュニケーション・シンボル)を学ぶための本を購入していました。

 こんなのです。(画像をクリックすると大きくなります)

P4080345.JPG

中身
P4080346.JPG

P4080347.JPG

中身
P4080348.JPG


 これ、英語の教材に使えるよなあ・・・
 どう興味を持って、しかもイメージをもって学んでもらえばいいのか悩んでいたけど。


posted by kingstone at 20:46| Comment(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。