私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2017年07月01日

ETV特集「ひとのま ある一軒家に集う人々」




番組説明を転載

不登校の子ども、仕事で悩んだ大人…富山県高岡市の「コミュニティハウスひとのま」で力を取り戻す人々と、“そばで一緒に考える”姿勢の世話人・宮田隼さんの姿を描く。

学校になじめない子ども、職場の人間関係に悩む大人…富山県高岡市にある一軒家の「コミュニティハウスひとのま」にはさまざまな人が集まる。世話人の宮田隼さんは“支援をしてあげる”のではなく“そばにいて一緒に考える”姿勢で、どんな人でも受け入れてきた。その取り組みは、福祉の分野で最先端のアプローチとして注目されている。行き場のない人々を生み出す社会と、それでも自分の力で一歩を踏み出そうとする人々の姿を描く



 発達障害の人、不登校の人、統合失調症の人、小学生から大人(老齢の方?)までいろいろな人が集まってきます。

 一日の利用料は300円だって。それを家賃にあててはる。

 宮田さん自身は学習塾でごはんを食べてる。それは別の場所で。

 室内はお世辞にも「きれい」とは言えないし、たくさんの人がやってきて混沌とした世界を作り出しています。

 上の番組紹介にある「どんな人でも受け入れてきた」というのは本当だな、と思いました。

 そして市役所の人が「困った人」を連れて来られ、その人も受け入れてはりました。

 職員さんが帰る時にNHKの方がインタビューしたら、苦しそうな表情で
「頼めた義理ではないのですが・・・」
と言っておられたのが印象的です。

 もうめちゃめちゃわかります。

 たぶん、宮田さん、行政からは散々「あなたの所のあれがダメ、これがダメ」と言われ続けてきてるだろうし、何か協力を頼めば「うちでできることはありません」とか言われ続けてきているだろうことは容易に想像できます。

 しかし、行政から頼まれた人は受け入れるし、また逆に連れて来られた行政の人は「えらい」とも思いました。
「何もできません」でなく、少しでも何かできることはないか、と考えはったのだろうし。

「制度の谷間、隙間に落ちている人を受け入れる」

ってことなんだろうな。

 NHKオンデマンドでは見ることができるそうです。
 再放送予定は今のところなさそうですね。

 あり?
 今、NHKオンデマンドもU-NEXTに吸収されるのか?
 キャンペーン期間でとりあえず無料で見ることができるみたい。
 とりあえずリンクは貼りませんが、無料で見ることができるのは確認しました。



posted by kingstone at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック