私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2017年01月20日

残りの多くの部員は勉強をしっかりとするべきです(エディー・ジョーンズ)





「大学に限らず、日本のラグビー界の問題点は、高校の段階から勉強を諦めてしまうことです。強豪校でラグビー選手になるためには、なかなかきちんとした勉強の時間が取れない。それなのに、ラグビーでもしっかりしたコーチングが受けられないので、結局は何も残らなくなってしまいます」

 部員の数が多いことも、適切なコーチングを受けられない理由になっている。

「日本のトップレベルの大学にはラグビー部員が100人から150人程度いますよね。実際にラグビーで生きていけるのはその中の20人程度にしか過ぎません。残りの多くの部員は勉強をしっかりとするべきです。そして、残りの時間をラグビーに費やせばいい」

 そうなると、ラグビー部を運営するにあたって、適正な人数というものが重要になってくる。

「エリートのグループでも、最大で40人が限界でしょう。仮に部員が140人いるとしたら、他の100人についてはフィットネスのトレーニングに取り組み、ラグビーを楽しみ、勉強もするというスタイルに変えた方がいいのではないでしょうか。部員数が多すぎては、満足に練習も出来ません」


 これは耳が痛い・・・
 高校の強豪校で100人前後部員のいるところも多いかも。
 大学だってそんなもんかな。

 って、まあ、私も「部活命」「勉強は諦めてます」という高校生がいたっていいとは思っているのだけど・・・

 まあ、でも、そうであればなおさら部活でも「いいコーチング」が受けられないといけないわな。

 「エリートのグループでも、最大40人」

 なるほどなあ。
 多けりゃたくさんの人に指導を届けられるというもんではないもんなあ・・・
 う〜〜ん、う〜〜ん。




posted by kingstone at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック