私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2016年04月09日

4月9日(土曜日) 人の名も、目馴れぬ文字をつかむとする、益なき事なり(徒然草)



 おはようございます。

 天気予報は晴れ時々曇り。
 予想最高気温は21℃。
 うむ、暖かそう。



・ 第百十六段

 寺院の號(な)、さらぬ萬の物にも名をつくること、昔の人は少しも求めず、唯ありの侭に安くつけけるなり。この頃は、深く案じ、才覺を顯はさむとしたる樣に聞ゆる、いとむつかし。人の名も、目馴れぬ文字をつかむとする、益(やく)なき事なり。

 何事も珍らしき事を求め、異説を好むは、淺才の人の必ずあることなりとぞ。


 これって、年をとった人が
「この頃の若いもんは自分の子どもにキラキラネームをつけやがって」
という話をしてるわけよね。


もずらいとさんからのコメントがつきました。

>昔からキラキラネームのような文化があったということですね。

 そうですよね。
 で、これってその時代の年老いた者が、「この頃のわかいもんは・・・」と文句をつける普遍的な人間文化の一貫(?!)として連綿とあるものなのかもしれませんね。

posted by kingstone at 05:26| Comment(1) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 昔からキラキラネームのような文化があったということですね。
Posted by もずらいと at 2016年04月09日 08:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック