私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2016年04月03日

ヤマザキマリ×堀江貴文 対談記事



ヤマザキマリさんと、堀江貴文さんの対談記事がめっちゃ面白い。
無料の部分は読めるところが限定されてるんだけど、それでも面白い。


堀江 中国人は家族をすごく大事にしてます。
   彼らは国家も人民元も信用してませんから。
   信じてるのは家族だけ。

ヤマザキ それ、イタリア人と同じです! 
   他人への猜疑心が強いし、イタリア国家に対
   する信頼が、まるでない(笑)。
   社会は信じない、家族しか信じない。
   イタリアマフィアは、まさにその象徴的な組織。


 しかし、国家とか自治体の制度に頼らず(もともと頼れない、ということがあるのだろうけど)、家族で相互扶助していける体制があるんだろうか・・・

ヤマザキ 何かあったら家族で、団結する文化ですよね。
   イタリアも、中堅企業はほとんど家族経営です。
   学歴が意味をなさないんですよ。
   どんなに高学歴だって、失業しちゃう人は失業しちゃう。
   コネとか自分の親戚筋に、いい商売している人がいるか
   どうかが重要で。がんばっても報われづらい社会構造に
   なっています。
   ヨーロッパのなかでは先進国かもしれないけど、
   実質的にはすごく古いムラ社会の集合です。

 でも、本当に失業率が高くなって、収入の途絶える人が増えたら、う〜〜ん、学歴が意味をなさない、とか言っていられるんだろうか・・・
 もちろん、ヤマザキマリさんの旦那さんはかなり富裕層の方だと思うし、それですむんだろうけど・・・

堀江 (前略)日本の義務教育は、国家の忠実なしもべを
   つくるためのシステム、はっきり言うと兵隊を教育
   するためのものです。(中略)
    ニートで引きこもりでも生きていける社会になっ
   ている。
   無理して対人コミュニケーション能力を上げなくて
   いいし、好きなことだけやって、それを突き詰めれば、
   みんな生きていけるはずなんですよ。

 これは堀江さんのベーシックインカム論にもつながるよな。







 現在イタリアに住んでいるヤマザキマリさん。失業率が12%を超え、仕事を失ってしまっても危機感のない市民が多いのだそうです。ヨーロッパ人の心の強さは何に支えられているのでしょうか?

 なぜ危機感無しでいられるんだろう・・・
 西原理恵子さんがよく漫画で描いてはる「金が無いのは首が無いのと同じや」という恐怖・・・

ヤマザキ いまは本当に経済状態が悪くて、
    失業率は12%を超えました。
    財政再建のために増税したり、
    中国系企業が進出したりで会社が潰れてしまって、
    みんな現実問題として困ってますね。
    このところお金が理由で自殺する人も増えてきて、
    それがニュースになっています。
    今までなら、国民の意識の中には、
   「この世にはお金よりも大事なものがある」
    という暗黙の定義があって、自殺という概念は
    ない民族だったはずなんですけどね。

 ってことは、やっぱり自殺が増えたりして、困ってはるわけや。

堀江 無職でも家族とか周囲に責められたりしないんですか?

ヤマザキ 全然ないです。あの人達たちは家族に守られ、
   一生、大切にされて当然という文化です。
   だから、働かなくてもそれで許される状況である
   のなら、自分で経済活動をして、自立しようという
   必然性を、あんまり持ってませんね。

 なるほどなあ・・・無職だと、家族に責められる、ってのもだけど、自分で自分を責めるってのもあるよな。日本の場合。ってか私は無職の時代、自分で自分を責めてた・・・外にも出られない・・・って、どこからどこまでがウツによるものか、因果関係ってことではよくわからないのだけど。

 でも、工場で働いたり、おめめどうからホームページ制作を請け負ったりして、仕事をしてる、となると外に出られるようになるというか・・・

ヤマザキ あと、イタリア人の失業率が高いのは、
   プライドの高さもあります。
   学歴がある人は、少しキツい仕事だと、
  「そんな仕事したくない」ってより選り好みをする
   傾向が強いです。
   だから失業者も、その気になれば本当はどこかしら
   働くところはあるのでは? みたいな感じです。

 こういうのはやだな・・・って感じるのは非常に日本人的な考え方なんだろうか?

堀江 日常生活の衣食住に、お金がかからなくなり
   つつあります。みんな物価が上がっている、
   暮らしづらいと言いますけど、実は逆ですよ。
   バブル期に比べて、生活のコストはすごく下
   がっている。究極的にはほとんどが無料にな
   っていくと思いますよ。
   いますぐ生活コスト0円生活を始めるのは難しい
   かもしれないですけど。キツいブラック労働に
   耐えながら20万円稼がなくても、楽な仕事の
   10万円ぐらいの稼ぎで、充分に暮らしていける
   んじゃない? ということです。
   別に真面目に働くな、とは言っていません。
   要はマインドを変えたらいいのかなと。

 問題は「住」と「教育」やな。

 しかし、教育については先日の「保育所落ちた。日本死ね」騒動の時に、ある方が

・保育所への助成をやめる
・親御さんに児童1人あたり15万円助成する
・それで親御さんが自分で育てるか、預けるかを判断する

という意見を書いておられたのだけど、ほんとそうすると、保育士さんの所得も上がるし、待機児童も無くなるし、の一石二鳥になるのでは、というのには納得できた。

 そして、学校も学童も放課後等デイサービスなんかも、みんなそうするといいかもしれないな、とは思うな。
 もちろん業者間で激烈な競争が起きるだろうけど、それはいい競争じゃないかな。

 まあ、でも、親御さんの誤解につけこんで、親御さんのデマンドを実現します、と甘言を弄するところと、本人の自己実現を後押しします、という所とで、前者が伸び、後者は駆逐される可能性はあるかな・・・






posted by kingstone at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック