私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2016年03月12日

3月12日(土曜日) 時代や違ひはべらむ、覺束なくこそ(徒然草)



 おはようございます。

 天気予報は晴れ時々曇り。
 予想最高気温は12℃。
 少しは昨日より暖かいかな。




・ 第八十八段

 或者、小野道風の書ける和漢朗詠集とて持ちたりけるを、ある人、「御相傳浮けることには侍らじなれども、四條大納言撰ばれたるものを、道風書かむこと、時代や違ひはべらむ、覺束なくこそ」といひければ、「さ候へばこそ、世に有り難きものには侍りけれ」とていよいよ秘藏しけり。


小野道風 894年〜967年

和漢朗詠集 1018年頃成立

 確かに「有り」「難き」ものだ・・・

「ナポレオンの子どもの頃の頭蓋骨」と一緒やな。


もずらいとさんからのコメントがつきました。

「ありがたやありがたや」だと本質や矛盾がわからないということは「○○法」的なものでもありがちな話ですね。


「有難や節」守屋浩


いえ、この歌詞はいいですけどね。
単に「音(この場合は文字だけど)」に釣られて出しただけ・・・


posted by kingstone at 07:33| Comment(1) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ありがたやありがたや」だと本質や矛盾がわからないということは「○○法」的なものでもありがちな話ですね。
Posted by もずらいと at 2016年03月12日 07:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック