私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年12月30日

12月30日(水曜日) かぐらこそ、なまめかしく、面白けれ(徒然草)



 おはようございます。

 快晴なのかな。
 天気予報では晴れ。最高気温10℃。

 今日はMNPで携帯電話を替える予定です。


原文『徒然草』全巻より

・ 第十六段

 神樂(かぐら)こそ、なまめかしく、面白けれ。

 大かた、物の音には、笛・篳篥(ひちりき)、常に聞きたきは、琵琶・和琴(わごん)。



 神楽って、ストーリーがあって、鳴り物があって、セリフや歌はどうだったんだろう。
 私自身は、島根県の八岐大蛇の出てくる神楽(近所のショッピングモールで、ってイオンだけど)を見たことがあるくらいでよくわからない・・・
 まあ非日常の演劇やわな。

なま−めか・し 形容詞シク活用
   @若々しい。みずみずしい。清新だ。
   A優美だ。優雅だ。上品だ。
   B色っぽい。つやっぽい。 

 今ではBの意味だけかな。

posted by kingstone at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック