私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年11月22日

11月22日(日曜日)  龍野市上岡町(「播磨国風土記」より)



 おはようございます。
 曇りです。




「古代からのメッセージ 播磨国風土記」の
「遠い異境への往還 直木孝次郎」より

揖保郡上岡里(いいぼのこおりかみおかのさと)の条

神岡の里 本は林田の里なり。(中略)
から始まります。

大倭(やまと)の国の、畝傍(うねび)・香山(かぐやま)・耳梨(みみなし)の3つの山が戦っていると聞いて、出雲の阿菩(あぼ)の大神が仲裁しようと出雲から大倭に行こうとやって来た時、上岡で「戦いが終わった」という情報が入り、乗って来た船を逆さにしておいた。それでそこを上岡(かみおか)と呼んだ。

というわけで、出雲から大和に入るルートとして揖保川沿いがあったわけです。


兵庫県たつの市の神岡保育所
林田川という揖保川の支流の河辺にあります。
西に揖保川があり、また揖保川の西側に出雲街道(国道179号線)というのがありますね。



posted by kingstone at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック