私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年11月17日

相談支援の仕事とそれ以外の仕事(そんなものあるのだろうか・・・)



 相談支援の仕事量が増えてる(ってかもともと多かった)ことがわかってきた。
 いやほんま、私、全然今までわかってなかったわ・・・というお恥ずかしい状態です。
 この春、「よしわかったぞ」と思っていたのは「計画案」まででした・・・
「計画」や「モニタリング」についてはまだまだわかっていませんでした。
 で、細かい手順表を作り、チェックリストを作り、漏れの無いようにやり始めました。

 社としても仕事の合理化、切り分けを考えて下さっています。
 で「相談支援の仕事以外にしてることを書き出してみて」と言われたのだけど、いざ書いてみたらほんと切り分けられない部分が多い・・・

 順不同で

1.スタッフさんからの相談にのりアドバイスをする
  (コンサルテーション?)

2.スタッフさんにお子さんについて説明する
  (こちらか先に。やはり相談支援をしていて、
   「あっ、このお子さんについては、こういう所を
    気をつけてもらわないといけないな」
   とわかる時がありますから)

3.スタッフさんからの子どもについての報告を聞き一緒に喜ぶ
  (どういう点を喜ぶのか、というのがすごく大事になります。
   で、喜んでいたら、私により積極的に報告して下さるようになります。
   するとスタッフさんが「どういう点に着目したらいいか」が
   わかるようになるし、またお子さんへのモニタリングになるし、
   アセスメントになります)

4.スタッフさんから子どもの様子を聞いて、
  理解して頂くためのいろいろなちょっとした資料作り



 しかし、どう見ても、それぞれ「アセスメント」であったり「モニタリング」であったり、「担当者連絡会」に相当するものであったり、「資源開発」に相当するものであったり、「これは相談支援の仕事では無い」とは言いがたいのよね・・・
(で、それ、しなくていい、と言われると私がものすごく困る。子どもが困るもの)

 まあでも時間は無尽蔵にあるわけではないので、どうやってより時間が短く、効率的にできるかを、考えないとなあ・・・

posted by kingstone at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック