私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年11月10日

“労力の割に周りが認めてくれること”が,きっとあなたに向いてること(岩田聡氏の言葉)



2015年7月11日に亡くなられた、元任天堂社長の岩田聡氏の言葉

任天堂・岩田氏をゲストに送る「ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!」最終回――経営とは「コトとヒト」の両方について考える「最適化ゲーム」


自分の好きなことが得意なことってわけじゃないから

 要するに,「自分の好きなことと嫌いなこと――もっと言えば,自分がやりたいこととやりたくないこと――を,自分が得意なことと得意じゃないこととイコールだ」と思い込んでる人が多いです。本当は,それってかなりズレてるのに。

 好きじゃないけど得意なこともありますし,好きだけど,実はあんまり得意じゃないよっていうことも結構あって。だから,仕事というのは「得意なこと」をやった方がいいんです。好きだけど得意じゃないことに溺れると,仕事っておかしくなることが多いんです。

「“労力の割に周りが認めてくれること”が,きっとあなたに向いてること。それが“自分の強み”を見つける分かりやすい方法だよ!」

「さっさと得意なことが分かった方が,人生はいいぞ!」


 
 ほんまやなあ。

 えっ、こんなに簡単なのに、と自分で思っていることが、他の人にはすごく難しいことだったりするらしい。ただし、「自分では労力をかけていない」と思っていることが、実は「労力をかけるのが苦にならない」だけで、結構労力をかけてる場合もあるけど。

 でも逆に、他人に対して「こんな簡単なことがなぜできないんだろう?」と思ってはいけないんだろうな。
「じゃあどうしたらやってもらえるのかな」を考えないとね。

posted by kingstone at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック