私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年10月28日

10月28日(水曜日) 1つ目の鍛冶の神アメノマヒトツノミコト(「播磨国風土記」より)


 おはようございます。

 まだ真っ暗です。


「古代からのメッセージ 播磨国風土記」
松前健さんのところから

 この風土記には、まだまだ面白い神々の伝承があります。例えば、一つ目の鍛冶の神アメノマヒトツノミコトが、道主日女(みちぬしひめ)という乙女に婚い(よばい)をし、御子を生ませる神話など、託賀郡(たくがぐん。現在の多可郡)荒田の条に見えます。この辺りは、古代の製鉄遺跡として知られています。
遥か遠いヨーロッパのギリシア神話で、鍛冶をする一眼の巨人キクロペスが、水の女神に婚い(よばい)をする話や、北欧神話の一眼の大神オーディンが鍛冶やシャーマンなどと深く結びついていることなどと、国際的視野から考えてみますと・・・


 鍛冶の神がどちらも片目なのは、鉄粉とか鉄屑とかが飛んできて、失明することが多かったからだろうか?

 しかし、洋の東西を問わず、「夜ばい」が子孫を作る手段だったのね・・・


「古代からのメッセージ 播磨国風土記」
上田正昭監修 播磨学研究所編 より

posted by kingstone at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック