私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年09月17日

9月17日(木曜日) Enfance finie(三好達治「測量船」より)


 おはようございます。
 
 雨です。



Enfance finie
         三好達治
 海の遠くに島が……、雨に椿の花が堕ちた。鳥籠に春が、春が鳥のゐない鳥籠に。

    約束はみんな壊れたね。

    海には雲が、ね、雲には地球が、映つてゐるね。

    空には階段があるね。

 今日記憶の旗が落ちて、大きな川のやうに、私は人と訣わかれよう。床ゆかに私の足跡が、足跡に微かな塵が……、ああ哀れな私よ。

   僕は、さあ僕よ、僕は遠い旅に出ようね。


「Enfance finie」をグーグル翻訳にかけたら「小児終了」と出た。
「児童期のおしまい」みたいなことで、「大人にならなきゃ」「大人になれよ」みたいなことになるのかな。
いや単に「大人の始まり」か。
「春が鳥のゐない鳥籠に」意味深?いや、書いてるままやな・・・で、それについて
「ああ哀れな私よ」哀れなだけかな?そこどまりかな?
posted by kingstone at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック