私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年09月08日

9月8日(火曜日) 庭(三好達治「測量船」より)


 おはようございます。

 まだ真っ暗。
 天気予報を見ると、「曇り」ですね。



           三好達治
 太陽はまだ暗い倉庫に遮ぎられて、霜の置いた庭は紫いろにひろびろと冷めたい影の底にあつた。その朝私の拾つたものは凍死した一羽の鴉であつた。かたくなな翼をつむの形にたたむで、灰色の瞼まぶたをとぢてゐた。それを抛げてみると、枯れた芝生に落ちてあつけない音をたてた。近づいて見ると、しづかに血を流してゐた。
 晴れてゆく空のどこかから、また鴉の啼くのが聞えた。


 「つむ」というのは「紡錘」のことだと思うのだけど。

「紡錘車(スピンドル)」より

スクリーンショット 2015-09-08 4.43.56.png

 「羽をつむの形にたたんで」というのは、少しふくらみがありながら閉じているってことか。

 鴉(からす)が死んでるってことはよほど大きな庭なのかな。
 それを手で持って、羽を広げたり、投げたりしてる・・・
 まあ「好奇心溢れた」と言ってもいいし、「子どもっぽい」と言ってもいいだろうな。


 なお、モンテッソーリの教具にも「つむ棒」というのがあります。
posted by kingstone at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック