私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年08月14日

8月14日(金曜日) 慶雲寺 お夏清十郎比翼塚(「ひめじのいいとこ50選」より)


 おはようございます。

 いい天気です。

慶雲寺 お夏清十郎比翼塚

 えっ?
 お夏清十郎って近松門左衛門の作ったフィクションじゃないのか?
と思って調べてみたらWikipediaにありました。

お夏清十郎

 Wikipediaより。『お夏清十郎』(おなつ せいじゅうろう)は、寛文2年 (1662) に播州姫路で実際に起きた駆落ち事件を題材にした一連の文芸作品の通称・総称。『お夏狂乱』(おなつ きょうらん)ともいう。
 伝承による事件のあらましは次の通り。姫路城下の旅籠の大店・但馬屋の娘・お夏は、恋仲になった手代・清十郎と駆け落ちするが、すぐに捕らえられてしまう。清十郎はかどわかしに加え店金持ち逃げの濡れ衣まで着せられ打ち首となる。お夏は狂乱して行方をくらませ、誰も二度とその姿を見ることはなかったという。姫路市内の慶雲寺には二人の墓があり、毎年8月9日に「お夏清十郎慰霊祭」が執り行われている。


 「誰も二度とその姿を見ることはなかった」のに、なんで墓があるんだ??
 まあ、そういうこともあるか・・・
 好色五人女のお夏は16歳。
 確かにこのくらいの年齢って、もうもともとの生命力で輝いてる、って感じあるわな。
 でも、16歳って民法では「結婚していい年齢」だけど、今ならたいていの都道府県の条例で、SEXすると男は条例違反で捕まるよね・・・

慶雲寺

 Wikipediaより。慶雲寺(けいうんじ) は兵庫県姫路市野里慶雲寺前町にある臨済宗妙心寺派の寺院。山号を永佑山と称する妙心寺の別格寺。嘉吉3年(1443年)に天台宗の寺院として創建、天正5年(1577年)、南景和尚の代に臨済宗に転じ、南室和尚の代に中興する。

 野里だから姫路城の少し北の方ですね。


 
posted by kingstone at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック