私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年05月06日

5月6日(水曜日) 静もれる森の中をののける此の一葉(尾崎放哉)


 おはようございます。

 曇り?


静もれる森の中をののける此の一葉
尾崎放哉「尾崎放哉選句集」より
須磨寺太子堂の堂守時代(1924年大正13年)の句。

「静もれる」は「静まる」ってこと?
「ののける」は検索しても出てこない。「のける」を言い換えてるのか?
静かな森の中に、すごーーく異質な感じで存在感を主張する葉っぱが落ちてきた、みたいな意味かな?


posted by kingstone at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック