私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年04月27日

4月27日(月曜日) ゴメンな・・・


 おはようございます。

 いい天気みたいです。
 なんか空の透明度は無いんですが。


ゴメンな・・・
(「タッチ」あだち充著 少年サンデーコミックス〈ワイド版〉第11巻(最終巻) P88)

 夏の甲子園、地方大会決勝戦。
 明青1点リードの10回裏、須見工の攻撃、二死二塁。一打同点、ホームランなら逆転サヨナラ勝ち。
 バッターは新田。
 ノーボール・2ストライク
 しかしここまで7球投げて全て痛烈な当たりのファウル。

 上杉達也は8球目の投球動作に入りながら

「(今から敬遠したくても、次の打者に投げる力は残ってねえ・・・と)」
「(南・・・)」
「(ゴメンな・・・)」

 そして再び背後に4球目に出てきた「影」が現れ一緒に投げます。

 この「影」は何なのか?
 上杉和也なのか?
 それとも達也の中の何者かであるのか?

 新田は空振りします。
 明青学園、地方大会優勝、甲子園へ。






posted by kingstone at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック