私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2014年12月21日

自分のスケジュールを作る・変更する

 私は現在、相談支援事業所の相談支援専門員をしています。

 いろいろなタイプの仕事をしていますが、主としては

1 障害福祉サービス等の利用計画の作成(計画相談支援・障害児相談支援)
(厚生労働省「障害のある人に対する相談支援について」)
が多いです。

 県の研修を受けた時に強調されたのは、
「本人のニーズを大切に」
「連携」
「資源開発」
あたりかな。

 先日、資源開発のために、ソワの児童発達支援に行って来ました。
 現場に行って、スタッフさんのOJTにあたります。
 そうでないと、お子さんの通うことのできる場所が増えないからね。つまり資源が増えない・・・

 私は、自閉症や発達障害のお子さんと関わるのは「キモがわかってしまえば」簡単なことだと思っていますが、普通の一般の方(スタッフさんとして来て下さる方は、どんな資格や免許があれ、たいていは一般の方です。ですから一般の常識はあっても、自閉症スペクトラムや発達障害についての知識は最初は特にありません)を、その子たちの中にぽんと放り入れてうまくいくもんとは思っていません。もちろんそのためにソワサポートでは、8回の新任研修(一部はこんなの)や、週1回の定例研修や、月1回の事業所ミィーティングなどもあるわけですが、やはり現場でのOJTも大事になります。

 あと、お子さんについてスタッフから聞き取ったり、実際に関わってみたりすることも、大事な「計画相談」におけるモニタリングの資料になります。

 児童発達支援に来てる子たち、最初は90cmくらいの細いボードに絵カードを貼ったスケジュールを利用しています。

スクリーンショット 2014-12-21 23.03.12.png

 しかし、何人かはA4サイズの紙の個人スケジュールに移行しています。

 で、来室したら「○時から『こべつ(学習)』する」とか自分で意見を言って、スタッフさんとスケジュールを決めていってる。で、あるお子さんは私と3時から「うんどう」をすることになり、別のお子さんは4時から他のスタッフと「うんどう」をすることになりました。

 ところが、3時前に運動の部屋で私と3時からの子が遊びだしてるのを見た4時からのお子さんが「僕も3時からにする」と言いだしました。このお子さん、一度決めたら変更したくないことが多いお子さんです。でも「気が変わった」わけですね。

 なので「ああ、じゃあスタッフさんと相談してね」と言ったら、ちゃんと相談して時刻を変更し、3時に一緒にやりました。

 てか、わらわらと他の子どもたちも寄ってきて、結局、みんなでやったんだけどね。

 なんかね、子どもたちもスタッフさんたちもすごいなと思って、涙出そうになったよ。

 なお、その話をその日現場にいなかったベテランスタッフさんに話したら、こんなことをおっしゃってました。

「この時刻はこちらの手が足りない、とかいう場合があるじゃないですか。そういう時は、『ごめんな。この時刻に、これをいれることができないので、あの時刻にさせてね』とか交渉することもあります」

 いやあ、それでこそのスケジュールです。

 でね・・・これを就学前(児童発達支援だからね)のお子さんたちがやってる・・・

自分のスケジュールを作る・変更する

posted by kingstone at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック