私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2014年09月17日

9月17日(水曜日) 天の才ここににほひの美しき春をゆふべに集ゆるさずや(みだれ髪)

 おはようございます。

 曇りです。


ーーー与謝野晶子 みだれ髪よりーーー

春思

天の才ここににほひの美しき春をゆふべに集ゆるさずや

学研全訳古語辞典
にほひ 【匂ひ】名詞
   @(美しい)色あい。色つや。
     出典枕草子 木の花は
     「花びらの端に、をかしきにほひこそ、心もとなうつきためれ」
     [訳] (梨(なし)の花は)花びらの端に、美しい色つやが、ほのかについているように見える。
   A(輝くような)美しさ。つややかな美しさ。
     出典源氏物語 桐壺
     「この御にほひには並びたまふべくもあらざりければ」
     [訳] この(若宮の)つややかなお美しさには匹敵なさることもできそうになかったので。
   B魅力。気品。
     出典紫式部日記 消息文
     「その方の才(ざえ)ある人、はかないことばのにほひも見え侍(はべ)るめり」
     [訳] その方面(=文章)の才能のある人で、ちょっとした言葉にも魅力が見えるようです。
   C(よい)香り。におい。
     出典徒然草 三二
     「わざとならぬにほひ、しめやかにうちかをりて」
     [訳] わざわざ焚(た)いたとも思われない(香の)かおりが、もの静かに薫って。
   D栄華。威光。
     出典源氏物語 椎本
     「官位(つかさくらゐ)、世の中のにほひも、何とも覚えずなむ」
     [訳] 官位や世間での栄華も、何とも思われなくて。
   E(句に漂う)気分。余情。
     出典三冊子 俳論
     「言外に侘(わ)びたるにほひ、ほのかに聞き得て」
     [訳] (前句の)言外に表れた閑寂の気分を、ほのかに聞き取って。
     ◇俳諧(はいかい)用語。

「鉄幹の天賦の才はここでも色つやがたいへん美しい。この春の夕方に集(人が集まってくること?それとも全集に載せるようないい作品がたくさんできるということ?)がゆるされないわけがあろうか、いやゆるされる」

みたいなこと?



 kindle(電子書籍)版は無料です。


 
posted by kingstone at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック