私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2014年08月19日

9月19日(火曜日) 花にそむきダビデの歌を誦せむにはあまりに若き我身とぞ思ふ(みだれ髪)

 おはようございます。

 なんか久々のいい天気です。晴れ。


ーーー与謝野晶子 みだれ髪よりーーー

春思

花にそむきダビデの歌を誦せむにはあまりに若き我身とぞ思ふ

「ダビデの歌」で検索すると、このページがヒット。

22.ダビデの歌

で、これは「戦い」の歌だと思うのだけど、これを歌う(誦する)には「あまりに若き」(??)ってのはよくわからないな・・・

詩篇(第一巻) 第十八篇

と同じだそう。

「美しい物に背を向けて、戦いの歌であるダビデの歌を歌うには、まだまだ美しい物を愛でたい若い身の私です」みたいなことかな。



 kindle(電子書籍)版は無料です。


 

 
posted by kingstone at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック