私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2014年07月13日

兵庫県立考古博物館へ行こう

 昨日のコッコロ(ソワサポートの放課後等デイサービス)の土曜デイ活動は

「考古博物館へ行こう」

ということで、兵庫県立考古博物館に行きました。

 下準備としては、土曜デイ担当者がまず「行きたいのですが」と電話をかけてみる。
 で「じゃあ打ち合わせしましょ」と言って頂いたので、そこから私が出て行って、
某日(忘れた)「打ち合わせ」約1時間

7月7日 実際にコースを歩いて下見(なんやかんやで1時間半かな)

7月10日 ・スケジュール作り う〜〜ん1時間とかいやもっとかかってるか・・・
               手早くできなきゃいかんなあ・・・

     ・地図作り     Google Map を使えば簡単。
               で、印刷した地図に赤ペンでコースを書き、トイレとか
               注意する箇所とかを書き込む。

     ・スタッフさんへの指示書作り 指導案を作れ、という意見もあるが、
               私はそんなもん必要無いと思ってる。スケジュールも
               あるんだし、スタッフがどう動くか理解できてりゃいいんで。
               できるだけ手間は減らしたい。

スケジュールはこんなの。

考古博物館20140712 Sheet1.jpg

考古博物館20140712 .jpg

で、当日を迎えたわけですが、

 まず、コッコロから出たら、奥の家に突進した複数の子たち・・・これは想定外っちゅうか・・・まあ次回からはその方向にスタッフがいればOK(あせらずに壁になって止められる)。

 で、その後道路に出ると一人は田んぼに突進。一人は逆方向に行って見えなくなる・・・実はこれは想定内。逆方向に行っちゃうお子さんに、その日初めて(コッコロに来るのがそもそも初めて)というスタッフさんをあてていたのですが、打ち合わせしてたので無問題だったようです。

 田んぼに突進したお子さんは、カエルを捕まえました。

 kaeru.jpg

 コントラストが強かったから、見えるかな?

 そこからしばらく行ったところで逆方向に行ってたお子さんとスタッフさんがにこにこしながら、ひょっこり現れました。

 なんやかんやありながら約30分で到着。これは考えていたより短い。

 博物館前の池で、カメやコイ、トンボなどを見つけて楽しんでました。

 中に入ると、学芸員の方が出迎えてくれました。
 で、「こちらで勝手に動きますから」と言ったのですが、チケットをうまくゲットできたあと、複数のお子さんが外に走りだし、それは私が追いかけ、私が外側に回りこんで、子どもたちは場内に入ったのですが、走って入ったもんだから、私が叱られてしまった・・・(泣く)

 でも、「お出入り禁止」にはならず、でも学芸員さんが「私ついていきます」と厳しめの表情でおっしゃって・・・

 しかし、ちょっとはしゃいでしまったところはあったものの、「発掘体験」もその他展示物もおおいに楽しみ、ついて来て下さった学芸員さんに子どもたちが質問(しょーもないのではなく、けっこうツボをついた質問)をし、回答して頂ける場面もたくさんあって、良かったな、と思いました。

 「人骨」は意外に人気なかったです。怖かったのか??それよりも銅鏡の破片を並べて完成型にする(ジグソーパズルみたいなもんですね)なんかのほうが人気が高かったです。

 あと「古代の剣」を作る動画とか。

 木陰でのお弁当は涼しくて良かったです。

 帰りも30分。

 子どもたちは「こんなん車で来たらすぐやし楽やのに」とぶつぶつ言ってましたが、「キングさんが行く時は歩いていく。そうキングさんが決めた」でつっぱりました(笑)

 でも、片道30分歩いたぐらい、どうってことないよねえ・・・

posted by kingstone at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック