私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2014年05月31日

5月31日(土曜日) 庭下駄に水をあやぶむ花あやめ鋏にたらぬ力をわびぬ(みだれ髪)

 おはようございます。

 昨日は、私の職場のある播磨町とか東播磨地区にPM2.5の注意報が出てました。
 確かに「いい天気」と言っていいのか「霞んでる」と言っていいのか迷う感じあったもんな。
 今日は、曇りと言っていいやろな。

 今日は「土曜デイ」外部講師さんの「ボール遊び」


ーーー与謝野晶子 みだれ髪よりーーー

はたち妻

庭下駄に水をあやぶむ花あやめ鋏にたらぬ力をわびぬ

weblio古語辞典
あやぶ・む 【危ぶむ】[一]他動詞マ行四段活用活用{ま/み/む/む/め/め}
    あぶないと思う。気にかかって不安に思う。
    出典源氏物語 浮舟「あやぶむ方(かた)に心さわぐな」
            [訳] 不安に思って、心配なさるな。
[二]他動詞マ行下二段活用活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}
    あぶない状態にする。危険なめにさらす。苦しめる。
    出典徒然草 一七二「身をあやぶめて砕けやすきこと」
            [訳] 身を危険なめにさらして破滅しやすいこと。

 あやめに水をやらなきゃ、と思って庭下駄をはいて庭に出た。(生けようと)鋏で切ろうとしたけれど力が足りなかった。(誰にわびを入れようとしてるのだろう?花に?鉄幹に?自分に?)
 



 kindle(電子書籍)版は無料です。


 
posted by kingstone at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック